十思九徳 NO.2

ここでは、「十思九徳 NO.2」 に関する記事を紹介しています。

〓十思九徳 NO.2〓




前回は、十思についてお話しました。

今回は、その続きで、九徳です。


九徳の一

寛(かん)にして栗(りつ)

こせこせしておらず、寛大だが厳しい。




九徳の二

柔にして立(りつ)

トゲトゲしくなる柔和だが、事が処理できる力を持っている。




九徳の三

愿(げん)にして恭(きょう)

真面目だが、尊大なところはなく、丁寧でつっけんどんでない。




九徳の四

乱にして敬

事態を収拾させる力があるが威丈高ではなく、慎み深い。




九徳の五

擾(じょう)にして毅(き)

粗暴でなくおとなしいが、毅然としている。




九徳の六

直にして温

率直にものをいうが、決して冷酷なところはなく、温かい心を持っている。




九徳の七

簡にして廉(れん)

干渉がましくなく大まかだが、全体を把握している。





九徳の八

剛にして塞(そく)

心がたくましく、また充実している。




九徳の九

彊(きょう)にして義

強いが無理はせず、正しい。



リーダーは、まず十思で自らをコントロールし、
部下に九徳を広めて能力のある者を適材適所に配し、
聖人の言葉で身を正せば、全員がその能力を進んで発揮します。

能力のある者を適材適所に配すことについては、
「労して怨みず」です。

部下を動かすには、その仕事をしたいと望んでいるものを選んで、
その仕事をさせるのが一番です。

そのようにすれば、その仕事で苦労させても怨まれることは無く、
能率も上がります。

また、部下の能力をうまく引き出すのもリーダーの手腕にかかっています。

人にはそれぞれの能力がありあます。
一人の人間にあれもこれもと要求してはいけません。

その者に備わっている能力を引き出し、
それを発揮させるように務めるのがリーダーです。





【期間限定価格】2週間で一生が変わる魔法の言葉(じゅもん)


[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/96-28b60e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック