高きに登るには低きよりす、遠きに行くには必ず近きよりす

ここでは、「高きに登るには低きよりす、遠きに行くには必ず近きよりす」 に関する記事を紹介しています。

〓高きに登るには低きよりす、遠きに行くには必ず近きよりす〓




「高きに登るには低きよりす、遠きに行くには必ず近きよりす」



高いところに登るには、まず低い所から始め、
遠方に行くには、近い所から始めるように、
全ては手近な所から始めなければならないという意味です。



アメリカの鉄鋼王と呼ばれたカーネギーは、

「チャンスに遭わなかった者など一人もいない。ただ捕まえられなかっただけである」


と言っています。


現代の世界や日本は、今大変な状況ですが、

逆に、だからこそ、チャンスがたくさん転がってる社会だといえます。


しかし、そのチャンスは、情報という洪水の中に巻き込まれています。

従って、

「何か良い儲け仕事がないか」

というたぐいの考え方では、いつまでたっても、チャンスは捕まえられません。


まず、自分の目標を定め、

そしてその目標の達成に力となるような情報を多くの情報の中から選択して取り出すことが、チャンスをつかむコツです。



一つの目標を決めて、その目標に資する情報だけ集めるというと、
「それでは、視界が狭くなってしまう。」
という人もいます。

しかし、現代ではあらゆる情報は複雑にからみ合っているため、
ある特定の情報だけしか入ってこなくなるということはありません。


むしろ、目標を定めず、あれもこれもと手を出してると、
結局何も得られないはめになってしまうのがオチです。




「高きに登るには低きよりす、遠きに行くには必ず近きよりす」



目標を決め、

まず、今できることから始めましょう。







【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)
関連記事