〓疑いを以て疑いを決すれば、決必ず当たらず〓

ここでは、「〓疑いを以て疑いを決すれば、決必ず当たらず〓」 に関する記事を紹介しています。

〓疑いを以て疑いを決すれば、決必ず当たらず〓



「疑いを以て疑いを決すれば、決必ず当たらず」


この意味は、
初めから、心に確固とした信念がない状態において、
先の見通しについてはっきりわからない問題についての決定を下さなければならない場合、
その決定は、決して妥当な解決をもたらすことにはならないだろうという意味です。


「信念」はとても大事です。


では、どうしたら「信念」は身につけられるのでしょう。
そのヒントとなるお話しをしたいと思います。



例えば、「リーダーシップ能力を高めたい」
という願望があったとします。

この願望は、すでになんらかのリーダーシップを取って、
うまくいった経験があったり、
子供の頃から人望があったとかいう人なら、
すでに成功回路ができているので比較的容易に高められますが、

これまで、リーダーシップをとることに関して、
まったく無縁だった人はどうでしょう。

この場合、
前回の、自転車に乗れるようになった場合の例のように、
体全体を働かせて、脳に成功回路を築かなければならないことになります。


しかし、リーダーシップ能力は、
何も体全体を動かさないでも、向上できる性質のものです。

この場合、イメージが実際の体験の代役になります。


実際に優れたリーダーシップを発揮しているイメージをリラックス状態で、
頭に浮かべます。

これを繰り返すうちに、
脳に、リーダーシップ能力についての成功回路が作られます。


もちろん、リーダーシップについては、
それなりの技術というものがあります。

それらは後から実際の場で試行錯誤を経て、
身につけなければならないことはいうまでもありません。


ただ、もう頭の中に成功回路がすでに出来上がってるため、
後から得た、リーダーシップに関する知識は、
自然にその成功回路に組み込まれていきます。


このように、強いイメージだけでは、不足であり、
このイメージ訓練に加えて、
強いリーダーシップを発揮するにはどうしたらいいかという、
ハウツーの部分も必要です。
これは、本を読んで勉強したり、
他の人はどうしてるのかなどを取捨選択しながらみにつけていく必要があります。


多くのひとは、ハウツーの部分だけで、
リーダーシップ能力をみにつけようと躍起になります。

しかし、まだリーダーシップの成功回路ができていない状態で、
知識だけ詰め込んだところで、
これでは、詰め込んだ知識の収まり場所がないので、
頭の中に、バラバラに配置されるだけです。
結果、行動に移せないことになります。



確信は、おのずから成功を呼び、あやふやな心構えは失敗を呼び込みます。

古くは、エディプス効果呼ばれ、新しくは、ピグマリオン効果と呼ばれています。

つまり、確信が確信が呼ぶというプロセスです。


確信し、期待すると、
なぜかそれは実際にその確信どおりになってゆくというのがピグマリオン効果です。


人は、確信し期待すると、
その期待にそうように行動するため、
実際に確信したことが実現するわけです。

もちろん、確信の強さや期待の強さによってピグマリオン効果も大きかったり小さかったりします。




こころケア からだケア【こぶた・ちょっぷ♪】
関連記事