目標を書き留める

ここでは、「目標を書き留める」 に関する記事を紹介しています。

〓目標を書き留める〓


目標を持っても、殆どの人が夢中になる前に目標を忘れてしまうか、
いつの間にか別の目標に心を奪われてしまいます。


そうならない為にはどうしたらよいのでしょうか?


最も簡単な方法は、
目標を書き留めることです。
そして、熱中して下さい。
そうすれば、自分が何をしているのか、
なぜそれをしなければならないのかが明確になって、
より良い結果を手に入れることができます。



多くの人が、「時間が足りない」という不満を持っています。
しかし、その人達の99%に共通していることは、
「時間の不足」ではなく、
「方向付けの不足」なのです。
目標を明確にするということは、進むべき方向を定めるということです。
方向を定めれば余分な時間が生まれます。
そして、目標達成への意欲が活力を生み出すのです。




不運な一日を経験したことはありますか?

例えばこんな日↓

朝家を出た時、忘れ物に気づいて家に引き返し、
そのために、いつのも電車に乗り遅れ、遅刻して上司に怒涛され、
仕事もミスが続き、残業になり、いつもより遅い帰宅になり、
クタクタでベットに倒れ込んだとします。

数分後に、友人から電話があり、
あなたが欲しくて頼んでいたものが届いたから取りに来れる?
と言われたら、多くの人は行くでしょう。


私たちは、どんな時でも本当にやりたいと思ったことをするための活力は、
たっぷり残っているのです。

でも、やりたいときにだけ、活力がわけば良いというほど人生は寛容ではありません。

しかし、自分自身に厳しく生きていれば、
人生は、あなたに対して寛容になっていくでしょう。



なかには、「何かをやり遂げたいという気になれない」という人もいると思います。


その場合は、
まず、何かを始めて下さい。
そして自分に厳しくして下さい。

そうすれば、やり遂げたいと思うようになるのです。

やり遂げたいという意欲は行動についてきます。

そして、その意欲が、次の行動のための活力を生み出すのです。




もう一度言います。

やり遂げたいという意欲は行動についてきます。

そして、その意欲が、次の行動のための活力を生み出すのです。


まず、行動することです。

【あがり症克服:金井英之】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(限定70名様 極秘DVDセミナー付き)■


【冊子+DVD版】たくさんの特典付き!2011年度“就職活動”の必勝マニュアル



関連記事

関連タグ : 自己啓発, 目標達成,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/7-827d74eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック