〓愛される性格 2〓

ここでは、「〓愛される性格 2〓」 に関する記事を紹介しています。

〓愛される性格 2〓




前回の続きです。



第四は、「寛容」です。


まず、この意味をよく理解する必要があります。

これは、時、相手、話題を選ばず、広い心で接するということです。


言い換えると誰に対しても心に余裕を持って、

常に相手の最後のひとことや、

追加の言葉にまで喜んで耳を傾けるとういことです。


なぜ、広い心を持たなければならないかというと、

人は、宗教や、経済などに対する自分の考えや自分自身に対して、

相手が偏見を持っていることに気づいたとたん、

また、自分達に深く関わっているそれらのものに相手が心を閉ざしていると気づいたとたん、

背を向けていってしまうものだからです。



閉ざされた心では、多くの情報や、
必要な多くの事実を逃してしまうでしょう。





第五は、「鋭いユーモアのセンス」です。


ここでいうユーモアのセンスとは、
例えば、不愉快なことが人生で起きたとき、
必要以上に深刻に受け止めずに、
つねに自分自身を適応させられる気質を持つということです。


何も笑いの種が無ければ、でっち上げでもいいのです。

例えば、持っているコップをじっと見る。


これだけでもいつでも笑いの種を引き出せます。

そしてそれを実行しているうちに、
精神の作用が大きく変わってくるはずです。




第六は、

率直な態度やスピーチは、
話す前に考えるという習慣に基づいた舌のコントロールが出来ているかどうかで、区別されるということです。


ほとんどの人は、はじめに話してあとから考える、そして後で後悔します。



それと感じのいい表情も大事です。

自分の顔を鏡で眺めてみると、
なごやかな表情をつくろうとしたときは、
そうでない時よりずっと感じのいい表情になっていることに気づくはずです。


微笑みながら話すと、
しかめつらをしたり、真面目くさった顔つきで話すより、
ずっと効果があがります。

聞く方にとっては大きな違いだからです。

笑顔は素晴らしいです。

微笑むことを学びましょう。

それでは、微笑みは、どこで生まれるのでしょうか?


目からですか?口からですか?・・・・


微笑みの生まれる場所は、心の中です。


何も美人でなくても、ハンサムでなくてもいいです。

そんなことは関係ありません。


あたなが誰であろうと微笑みがあなたを飾り、引き立てるのです。



次回もこの続きです。






人間関係を解決する情報


テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最高傑作「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法 ~7DAYSプログラム~」
関連記事