〓習慣形成〓

ここでは、「〓習慣形成〓」 に関する記事を紹介しています。

〓習慣形成〓


人生において、習慣が現在の状況を作っているといっても過言では無いと思います。


しかし、習慣を変えるのは大変ですね。



習慣を確立するには、三つの基本原則があります。


1、柔軟性(適応能力)

外界の変化に機敏に対応すると共に、
すすんで自己を変化させる能力のことです。

そして、変化したものは、再び修正が加えられるまでは、
その状態を保ちます。

したがって、柔軟性とは、
子供たちが学校で使う粘土が持っている可塑性のことです。

それは、望みどおりに作り変えることが出来る反面、
何もしなければいつまでも元のままです。

あらゆる生物の中で、こうした可塑性や柔軟性を持つのは人間だけです。


そしてこの特性は、人間の持つ精神的な機能に依存するものです。

人間は、外部からの影響力や環境によって変化するものであると同時に、
意思を鍛えることによって、自発的に自己を変えることができます。

こうした恵まれた特性を活かし、
積極的に良い習慣を作り出していかなければなりません。




2、繰り返し印象づけること

反復は、記憶の母であると共に習慣の母でもあります。

習慣が完全に身につくまでの時間は、繰り返しの回数によってきまります。

もちろん、外的な条件やパースナルイニシアティブの有無によって、
習慣が形成されるまでの時間や習慣の質の強さは異なります。




3、印象の強さ

習慣を形成する過程で問題になるもうひとつの要素は、
動機や願望が心に与える印象の強さです。

動機や願望は、感情によって強化されたとき初めて心に定着します。


漫然とした希望と強烈な願望とでは、心に与える印象の強さが違います。


印象の強さは、習慣を形成するうえできわめて重要な要素です。




人間関係を解決する情報


テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最高傑作「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法 ~7DAYSプログラム~」
関連記事