〓深層自己説得〓

ここでは、「〓深層自己説得〓」 に関する記事を紹介しています。

〓深層自己説得〓


人間の意識は、
生活環境を支配している大ききな現実や状況によって左右され、
影響を受けると同時に、人間自身がその状況の一部になっています。


深層自己説得は、ここから生まれます。

意識的であれ、無意識的であれ、
自分自身に対する暗示は人間と社会状況との相関の中から生ずるものです。




深層自己説得は、記憶の中に表現した全ての思考を聞き、
性格の一部を形成します。


潜在意識と同様に、深層自己説得によって記録される思考は、
善いものばかりとは限りません。

それはまた、自分が見たことや聞いたことも全て記録し、
そうした記憶や体験に対するあなたの反応次第で、
肯定的な意味を持つこともあれば、否定的な色合いを強めることもあります。

深層自己説得は、
人間が五感を通して知覚した全ての現象に対する思考の反作用を記録すると共に、周囲から発せられる感情も記録します。


目標に対して、意識を集中することは、
あなたを取り巻いている環境や周囲の状況を変えるための第一歩です。

ところで、もし、あなたの考えが貧困の産物ならば、
その悪しき影響は、深層自己説得によって潜在意識に刻みつけられてしまうでしょう。

そして、貧困に慣れてしまえば、それが当たり前のことになってしまいます。

そこからぬけだそうとする意欲も気力もいつの間にか奪われ、
人生に対する諦めだけが残ります。


富と成功を求めるのなら、こうした事実は覚えておきたいものです。



深層自己説得は、人間の心を占めている考えが、
集中力によって富や経済的安定の上に置かれているとき、
同じ方法で作用します。


自分の意識と思考を願望や目標に集中することは、
潜在意識を刺激して、目標の達成を容易にします。

潜在意識は、人間のこころを占める考えに同調し、
その思考を現実化しようとするものです。

もちろん、潜在意識には、善悪の判断を行うことはできません。

潜在意識は、毎日繰り返される思考の刺激を受け入れ、
それを現実化するのです。


コントロールされた集中力とそうでない集中力とでは大きな違いがあります。

集中力は、常に意思のコントロールに従い、
日常生活の習慣とならなければ、本来の力を発揮することは出来ません。

人間の心は、眠っている間も働き続け、
そこへ達する様々な刺激や作用に対して反応しています。

したがって、コントロールされた集中力の目標は、
あなたの希望を実現するために、必要な材料で心の中をいっぱいにすることです。


集中力は、畑の雑草を取り除く農夫の様なものです。


明確な目標を保持する為には、不要なものを取り除くことが必要です。

逆に、そうした生き方を否定すれば、
あなたの心の中は、雑草でいっぱいになってしまうでしょう。




人間関係を解決する情報


テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最高傑作「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法 ~7DAYSプログラム~」
関連記事