〓希望や夢を実現する6つの段階〓

ここでは、「〓希望や夢を実現する6つの段階〓」 に関する記事を紹介しています。

〓希望や夢を実現する6つの段階〓




人生は、環境によって左右されますが、
その環境を味方にすることもできます。


そして、人間が成長し、円熟すれば、どんな悲しい経験であっても、
それを自分自身の糧とすることができます。


万一、不運なことに他人と衝突するようなことが起こった場合には、
すみやかに怒りや悪感情を抑えることが大事です。


そして、外へ向かって噴出した激しい感情を、
自分を高める為に内へむけることを学んで下さい。


どのような願望や目標であろうとも、ひとたびそれを心に決めた以上は、
願望や目標の実現に集中し、
人生の幸福と豊かさを手にするために邁進するべきです。

無意味なことにかかわらないためには、
自分の願望や目標に専念することが一番です。



健康的な身体を維持することは、積極的な心構えを保つ上でも必要です。

十分な休憩、栄養バランスの良い食事、
気晴らしなどは、肉体と精神を健全に保ち、さわやかな気分を約束します。

自動車と同じように、効率の良い燃料補給と整備は、身体にも必要です。




大多数の人は、望むことと信ずることを混同していて、
その違いに気づいていないようです。


また、希望や夢を実現するために内面の力を発揮するわけですが、
それには6つの段階があることも、あまり知られていないようです。



6つの段階とは、



<第1段階>
多くの人々は、単に財産やお金が欲しいと漫然と考えながら人生をおくります。
しかも途中で希望を捨ててしまう人が全体の70%です。

<第2段階>
漠然とした希望をはっきりとした欲望にまで高める人は少なく、
おそらく10%くらいです。

<第3段階>
それをさらに強い期待にまで高める人は、8%位といわれています。

<第4段階>
心の力を信念にまで発展させるひとはもっと少なく、6%です。

<第5段階>
希望や願い、あるいは強い期待を信念にまで高め、
それをさらに燃えるような野心にまで押し上げることの出来る人は、
また一段と低く4%位です。

<第6段階>
最後のふたつの段階を通過したひとの中で、
計画を立て、その計画を実行することによって、
その確信を行動に移すひとのパーセンテージは、
非常に低く、わずか2%といわれています。


人生の成功者や、指導者は、
この第6の段階に属する人々だといわれています。

彼らは、自分自身の心の力を認識し、
その力を自分が選んだ願望や目標の実現に向けます。

そこには、「不可能」という言葉はありません。

人生の勝者を、失敗を運命として受け入れる敗者と区別するものは、
勝者は環境や状況を変えることのできる人間の偉大な力を自分の内部に見出し、その力を発揮しようとしますが、
敗者は、自分の力を自覚し、それを発揮しようとしないのです。




人間関係を解決する情報


テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最高傑作「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法 ~7DAYSプログラム~」
関連記事