〓「スポーツマンシップ」「個人的な魅力」〓

ここでは、「〓「スポーツマンシップ」「個人的な魅力」〓」 に関する記事を紹介しています。

〓「スポーツマンシップ」「個人的な魅力」〓





パースナリティの諸要素20回目、

「スポーツマンシップ」と「個人的な魅力」についてです。




1、「スポーツマンシップ」

勝っても威張らず、負けても不平を言わない人は、人に好かれます。

彼らは、良心的でフェアなスポーツマンシップの持ち主と言われるでしょう。


ここでいうスポーツマンシップは、

必ずしもスポーツのみに関したことではありません。

生き方そのものも指しています。

スポーツマンシップに乏しいということは、

貪欲、不安、利己主義、不正直の結果です。

人に好かれることも無ければ、

魅力的なパースナリティを持つこともないでしょう。


良心的で公明正大であることは、優れたパースナリティの大切な要素です。

周囲の人々との間に友好関係を結び、

理解や強力を得るには、そうした人格や人間性が必要です。





2、「個人的な魅力」


ここでいう「個人的な魅力」とは性的な魅力であり、

性的な感情を刺激する要素のことです。

性的な感情は、大自然が人間に与えた先天的な感情の一つであり、

その事実から故意に目をそらす必要はありません。

性的な感情で大切なことは、

それをコントロールすることであり、昇華することです。

昇華とは、この場合、性的な感情をスプリングボードにして、

より高度なことを成し遂げることを意味します。

このように、性的な感情を昇華して、夢や希望の実現を果たした例は、

たくさんあります。

それは潜在的な資産なのです。


性的な感情は、全てのクリエイティブな直感の背後にあり、

生命を保存する力です。

それは、熱意やイマジネーションを喚起し、

イニシアティブをふるい起こす力です。

健全な肉体を維持するためにも、性的な感情は必須です。

それは、大自然のもたらしたさまざまな工夫の一つです。

性的な感情が昇華されると、人間の声に調子や声量の変化が生じます。

それが、実際の言葉となって発せられるとき、

パッションや、豊な感情が効果的に相手に伝わります。

性的なエネルギーは、人間の声を音楽的に高め、

時にはそれが感情的な美声を生むことさえあるのです。

一般に、人間の声の調子は、背後にある感情によって、左右されるものです。

性的なエネルギーは、人間の持つ内面的な力の中では、

最も情熱的で、激しいいもので、

愛の感情の次に重要な基本的なモチベーションの一つです。

性的なエネルギーを社会的な目標を実現するためのエネルギーへと転化するこ

とが大事です。

性的なエネルギーが豊であることは、少しも異常なことではありません。

ただし、そのエネルギーを、

社会的な目標を実現する為の原動力へと転化する術を知らなければ、

豊なエネルギーは、本人にとっては負担になるだけでしょう。






関連記事