〓パースナリティの諸要素6〓

ここでは、「〓パースナリティの諸要素6〓」 に関する記事を紹介しています。

〓パースナリティの諸要素6〓


今回は、パースナリティの諸要素の6回目です。

「気転」についてお話しします。


気転は、マナーと非常に深い関係があり、
人間関係を円満に保つ為に必要な資質です。


気転とは、適当なときに、的確な発言や行動を行うことです。

よく、気転がきく、といいますが、その気転のことです。

常に良識にのっとり、気配りをし、礼儀正しく振舞うことは、
気転が働く場をを提供します。

気転を働かせて、手抜かりや失敗をなくそうとすることは、
大変重要な問題ですが、その一助として、毎日の生活の中で、
私達がしてはいけないことを次に挙げます。



1、声の調子を無視すること。

これは、いけません。
話し手の声の調子を十分に観察すれば、話し手の心理を理解することができます。
声だけでなく、話し手の態度を読み取れば、この理解は一層深まります。
無愛想な話し方をするときは、誰だって機嫌が悪いのです。


2、他人の会話を遮ること

これは、大変無礼な振る舞いで、相手を不愉快にさせます。
こういう行為によって、相手を説得するために、
何倍もの時間がかかることになります。


3、沈黙が必要な時に、話をすること。

沈黙しているときではなく、沈黙が必要なときに、です。


4、「私は」という言葉を使い過ぎること。

逆説のようですが、聞き上手になることが、相手を引きこむコツなのです。


5、自分を良く見せようとしたり、相手を侮辱するために、失礼な質問をすること。


6、公の場で、プライベートな話題を持ち出すこと。


7、招待されてないところへ出かけること。

何事も積極性が必要ですが、マナーが伴わなければなりません。


8、自慢話

自画自賛は、劣等感の表れです。
才能や、長所は、黙っていてもわかるものです。


9、マナーをうわべだけまねること。
背伸びをしても、中身が伴わなければ、人はそれをすぐ見破るものです。


10、突然の訪問

相手のオフィスや家を訪れるときは、
事前に通知をしたり、許可を求めるのが当然です。


11、長電話
不必要な会話で、電話を長引かせることは慎みましょう。


12、自分だけがしっている話題や得意の分野の事について、頼まれもしないのに話すこと。


13、論争を好み、勝負の決着をつけたがること。


14、横柄な態度で、他人の依頼を断ること。

馬鹿丁寧に断るのも、横柄な態度と同じことで、慇懃無礼というものです。


15、相手を見下すこと。


16、第三者のいる前で、部下を叱りつけたり、同僚を批判すること。

恥をかかされたと考えた相手は、あなたの批判を受け入れることはありません。
恨みが残るだけです。


17、頼みごとを断られたときに、逆恨みをすること。

相手には、それなりの事情があるかもしれません。
あるいは、頼む相手を間違えたのかもしれません。


18、交友関係や知人を利用し、筋違いの頼みごとをすること。


19、卑俗で乱暴な言葉使い。


20、不快感や嫌悪感をあたりかまわず吐露すること。

周囲のことを考えましょう。


21、政治や、信仰などについて批判すること。

相手はどのような考えの持ち主かわかりません。
このような、人によって立場の違うことに対して、
うかつに批判すると思わぬ反発を受けることになります。


22、馴れ馴れしいこと。

親しき仲にも礼儀ありです。


23、他人の中傷や悪口に夢中になること。


24、他人の業績を過小評価すること。



これら、1~24の項目について
日々自分自身の言動をチェックしてみましょう。





<期間限定>
PIXTA(ピクスタ)や、聞き上手倶楽部など、プチ稼ぎという在宅の副業が人気です。しっかり勉強して稼ぎたいものです。K塾7期が募集開始(*12月28日迄)K塾ニヤリ( ̄ー ̄





[接客] ブログ村キーワード
関連記事