成功の条件

ここでは、「成功の条件」 に関する記事を紹介しています。

〓成功の条件〓


すっかり涼しくなり、今年も残すところあと2ヶ月ですね。
時間が経つのは早いです。

今日は、少し、まとめの意味も込めて、
人生の成功者といわれる人達に共通したエッセンスをお話します。


第1のエッセンスは、
「明確な願望や目標」をもっているということです。

第2のエッセンスは、
その目標に対するファイトを現実の中で貫くことができることです。
ここで言うファイトとは、一般的な信念ではなく、
現実化されたファイトであり、
明確な願望の実現に専念しているファイトのことです。
明確な願望は、全てのファイトがその基礎をおく土台のことです。

第3のエッセンスは、
人から人へ、心から心へ伝わる情熱や、熱意です。
熱意は、活力の表現です。
それは、あなたのモチベートされた強い精神と肉体的な魅力、
そしてエネルギーの成果です。
それは瞳の輝きであり、声の広がりであり、握手の力強さです。
もちろん、熱意も正しくコントロールされる必要があります。

第4のエッセンスは、
創造力、すなわちイマジネーションです。
イマジネーションが無ければ、新しい発案や着想は生まれないでしょう。
イマジネーションなしには、一切の新しいものが不可能です。
イマジネーションもまた、コントロールされ指導されて初めて本来の力を発揮します。
また、明確な願望や目標によってさらに大きな力を発揮します。

第5のエッセンスは、
モチベーションです。
健全な人間には、必ずモチベーションがあります。
全ての行動の背後には、理由があるのです。

第6のエッセンスは、
パースナルイニシアチブです。
しかも、それは、行動によって裏付けされたものです。
他人の命令や指図が無ければ行動できないというのではだめです。
パースナルイニシアチブ、つまり自主性は、
全ての行動の出発点であり、迅速果敢な行動をとることによって、
その純粋さを保つ必要があります。
また、パースナルイニシアチブのもう一つの意味は、
あるがままに物事を見て、それに応じたやりかたで物事を扱う能力のことでもあります。

第7のエッセンスは、
まわり道をする習慣です。
例えば、給料が少ないからといって、
それだけの仕事しかしないという考え方ではいけません。
他人の評価や、報酬は、後からついてくるものだからです。

第8のエッセンスは、
指導的精神です。
それは、他者との協力を可能にする能力です。
協力や、連帯は、常にケースバイケースですが、
少なくとも成功を望むのであれば、他人の知恵や力を借りることを学ぶ必要があります。

第9のエッセンスは、
積極的な心構えです。
これが一番大事なエッセンスといえるかもしれません。
常に前へ向かっていく心を持ち、その姿勢を終始一貫、保持することです。
この心構えがあるから、能力や発想を自分ものにできるのです。

この9個のエッセンスを自分に照らし合わせ、
自分自身には、何ができていて、
何が欠けてるのかをまず知ることが大事です。



ここで、潜在意識の復習ですが、
ファイトに裏付けられた思考は、
どんな思考よりもいち早く、潜在意識の中へ入り込み、作用を受けます。
ファイトは、潜在意識の作用を強めたり、
早めたりする触媒であり、加速器です。
自分の心を、その限界から解放できる人間は、
どんな性質の問題があっても、解決することができます。
その不可能を可能に変える力が人間の潜在意識には備わっています。





川島和正の1000MANプログラム
関連記事