モチベーション(5、永遠の生に対する欲求 6、自由に対する欲求)

ここでは、「モチベーション(5、永遠の生に対する欲求 6、自由に対する欲求)」 に関する記事を紹介しています。

〓モチベーション(5、永遠の生に対する欲求 6、自由に対する欲求)〓



前回の続きです。

今回は、モチベーションの5番目、永遠の生に対する欲求と、
6番目、自由に対する欲求です。


5、永遠の生に対する欲求

死後の世界、死後の生に対する欲求も非常に根強いものがあり、
ほとんど全ての宗教活動の基盤も、そこにあると言えます。

そして、文化は、その程度に関わりなく、
常に宗教的なエッセンスを含み、その中心的なテーマは、
不死と永遠の命です。

つまり、死後の世界や、救済を語らない宗教や文化はないということです。
そして、そらは決して過去のことではなく、文化が再生されるたびに、
常に同じモチーフが繰り返されてきました。
不滅の生に対する欲求は、自己保存の欲求と密接に結びつき、
人間の本能と呼ばれる部分を形成しています。


モチベーションの6番目、自由に対する欲求。

誰の心にもある最も基本的な願望は、自由への欲求です。

自由というと、
「他人からの命令や指図を受けず、自分の思い通りにすること」
という考えだと答える人が多いと思いますが、
こうした考えは、多くの場合、秩序や規律を嫌う怠惰な心の産物で、
本当の自由とは違うものです。

実際自分自身の為に働く場合でも、
それは決して自由を意味するものではありません。

むしろ自由というものは、例えば自分で事業を始めたとき、
それが本人にとって願望を実現するための道である場合に使われる言葉です。

幸い私達には、そうした意味での個人の自由は完全に保証されています。
自由を手に入れるためには、自分は何を望み、何を求めようとしてるのか、
それを明らかにし、そのためのアイデアを持ち、プランを立てて、
チャンスを有効に活かせばよいのです。

そういうわけで、自由は自分次第ということになります。
自由への道は決して安易なものではなく、そこへ到達するためには、
綿密な計画と一貫した努力が必要です。
「自由を見出す者は、非常に少ない」と言われています。
また、いくら経済的に豊かになっても、
現実に多くの人が様々な手枷、足枷に縛られ、
真の自由には達していないようです。








川島和正の1000MANプログラム
関連記事