日々の喜びを大切にしましょう。

ここでは、「日々の喜びを大切にしましょう。」 に関する記事を紹介しています。

日々の喜びを大切にしましょう。

喜びを得るために条件などつけてはいけません。

1万ドル稼ぐようになったら遊ぼうとか、パリとローマとウィーンに行くまで私は幸せになれないとか、もしも65歳を過ぎて定年退職したらその時はのんびりしようとか、そういう考えは今すぐ改めましょう。

人生の喜びにもしもはありえないのです。

裕福だろうと貧乏だろうと毎日の小さなゴールは常に心の喜びであるはずなのです。

どんなにお金があっても貧しいセルフイメージを持った人は誰かが私の富を狙っているのではないか、本当はみんな私のことなんか好きじゃないんじゃないか、などと毎日ビクビクしながら生きていることでしょう。

一方、金銭的に豊かでなくてもしっかりとしたセルフイメージを持つ人は借金取りから逃げ回るのもいい運動だよと気楽なものです。



自分を低く見てはいけません。

幸せは求める人のところへ必ず行ってきます。

幸福な人と、そうでない人というのは確かにいるのです。

私は不幸な人をたくさん知っています。

不運な人は成功はしてもリラックスするどころか、ますます不安に掻き立てられるようになるのです。

病気事故に始まり税金から人間関係まで、彼らの心の中ではあらゆるものが不安の原因と化してしまうからです。

こういった人々が再び心の平安を取り戻すには、彼らが心の底で渇望しているもの、つまり失敗をもう一度手にするしかないようです。

彼らは無意識のレベルでは常に失敗を望んでいるので成功している自分に安心することができないのです。

悲しみではなく喜びを追い求めることが人としての義務です。

ですから幸福の価値に敬意を払い自分はそれに値するのだと確信してください。

小さなことに喜びを見出せる優しい心を持ちたいものです。

美味しい食事、信頼できる友人、温かい太陽、明るい笑顔。 シェイクスピアもあの名作オセロの中でこう書いています。

「喜びと熱中は時間を短くするようだ」

長くても短くても、あなたの時間を喜びで沸き立たせて下さい。

幸福な人生なんてまやかしさという否定的な人々を笑い飛ばしてしまいましょう。

彼らはあなたほど知恵や洞察力に恵まれていない気の毒な人たちなのです。

幸福は確かに存在します。

同時にとても内面的なものです。

あなた自身が許さない限り誰もあなたを不幸にすることはできません。

幸福とはクリスマスだけでなく、あなたが自分自身へ毎日送るプレゼントなのだということを忘れないでください。

長文読んでいただき感謝します。

方法・ノウハウ・知恵袋
★<PR> 『成功が超加速する、デキる男の新習慣』  ⇒ http://afc.forestpub.co.jp/243756/1004/1065/10200
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
関連記事