クリエイティブな精神

ここでは、「クリエイティブな精神」 に関する記事を紹介しています。

あけましておめでとうございます!

今年も皆様にとって実りある充実した一年になることをお祈り申し上げます。

新年第一回目は、クリエイティブな精神(ものを作り出していく能力、「創造力」)についてお伝えします。

創造力とは天性のものだ。どうせ限られた人にしか与えられていない才能で生まれつきのものだと思っている人は多いと思います。

レオナルドダヴィンチ、シェクスピア、ベートーベン、アインシュタインといった人々は皆、 創造力とイマジネーションの力を上手に利用した人たちです。

では、クリエイティブな精神の特質とはどんなものでしょう?

まず、はっきりとしたゴールと方向性が見えていること。

次にはっきりと問題を特定し、それに対して考えられるあらゆる解決法の中から、最も適切な解決法を選び取り実行に移すことができること。

更に、どんなに考えてもどうにもならない問題や、失敗から立ち直る気力まで奪ってしまう問題は潔く諦める勇気を備えていることがクリエイティブな精神の特質です。

人生における成功に不可欠なクリエイティブな精神は元々すべての人に備わっているものです。



初めて、鉛筆を持った時のことを覚えていますか?

最初は不格好な握り方ででたらめに書くことしかできなかったのに、何度もそれを繰り返しているうちに、いつの間にか上手に鉛筆が操れるようになったでしょう。

私たちは、その成功の記録を心のレコーダーに収めているはずです。

これもある意味で、クリエイティブな精神の力によるものです。

イマジネーションのない人はいません。

イマジネーションがある限り、私たちは本来、みなクリエイティブであるはずなのです。

人は自分でも知らないうちに、自然にイマジネーションを使っているものです。

例えば、人は何故心配したり、不安になったりするのでしょう?

それは自分で不吉なことを想像し、実際には起こっていないことを頭の中に作り上げるからです。

頭の中のスクリーンに起こってもいない失敗や災難を映し出し、その映像から恐怖感や不安が生じるのです。

一方、幸せな気持ちになるのは、イマジネーションをクリエイティブに利用するからです。

過去の成功をもとにゴールの達成を頭のスクリーンに映し出す。

それが現在の喜びにつながるのです。

私たちは皆、成功も失敗も体験します。

しかし、クリエイティブな思考を心がければ、過去の失敗から学び、過去の成功から自信を得て、すべての体験を有効に現在に生かすことができるのです。

クリエイティブな思考は、まとめると次の4つのステップで働きます。

1、問題を明確に把握する。
2、可能な解決法を考える。
3、その中から、最良の解決法を選び出し、実行に移す。
4、解決に結び付かない問題は放棄する。

この4番目の選択は、私たちの心の自動制御システムが過去の成功のデーターを元にほぼ自動的に選り分けてくれます。

クリエイティブな精神のすばらしさは、
私たちの内側に幸福を求める習慣を植え込んでくれることにあります。

過去の成功から得た喜びを思い出し、
それを今取り組んでいる仕事に有効に用いるということを日々の生活の中で習慣にすればいいのです。

これを忘れそうになったら、アルバートヒューバートの言葉を思い出してください。

「幸福とは習慣である。良い習慣を身につけよう!」

長文読んでいただき感謝します。

方法・ノウハウ・知恵袋
★<PR> 『成功が超加速する、デキる男の新習慣』  ⇒ http://afc.forestpub.co.jp/243756/1004/1065/10200
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
関連記事