今日という日

ここでは、「今日という日」 に関する記事を紹介しています。

〓今日という日〓

最近、めっきり涼しくなりましたね。
先日迄の猛暑が嘘のようです。
季節の変わり目は体調を壊しやすいので、健康管理をしっかりして今月も頑張って行きましょう!

今回は、「今日という日」について考えてみます。

せわしない現代社会においては、精神病院のベッドはいつも数えきれない患者であふれ、それでもまだ足りずに順番待ちをしている人が大勢いるありさまです。

いったい、何が原因なのでしょうか?

一言で言えば、必要以上の緊張感に問題があります。
ストレスが、病院のベッドを患者でうめつくしているのです。
過ぎ去った過去の失敗にいつまでもこだわり、将来のことを考えて不安になる。
このような必要以上の緊張感によって生み出される病気の数は想像を絶します。

鏡を見て下さい。

何が見えますか?

どうにもならない過去の失敗をくクヨクヨ考えて落ち込んでいる顔ではありませんか?

それとも、わかりもしない将来のことを心配して不安に怯えてる顔でしょうか?

私達の頭のなかは、過去のことが6割、未来のことが2割を占めていると言われます。

過去の後悔と、未来の不安を合わせて全体の8割。

こんなにいつも、過去と未来に振り回されていたら、現在、つまり、今日のことはどうなってしまうのでしょう?

一日は1440分。

そのうちの、いったい何分間をあなたは、今日の為に使っていますか?

過去の思い出の中に生きたり、未来に気を取られすぎたり、そんなふうに一日を終わっていませんか?

現在、すなわち、なによりも大切な今日を疎かにして、過去や未来のことばかり考えているというのは正に本末転倒です。

なによりも、今日を生きるのです。

ただ単に、肉体が物理的に存在しているということが生きるということではありません。

自分の能力を正しく認識し、明確な目標を定め、毎日をクリエイティブに過ごす。

それが、生きるということです。

明日というのは、今日という日の延長線上にある新しい今日なのです。

今日を抜きにして明日を考えてもそれは無意味です。

今日という日、今、この瞬間をクリエイティブに生きましょう。

投げやりになることなく、全ての不信感を振りはらい、確かな信念を持って、今現在、今日という日を精一杯生きるのです。

偉大なチェロ奏者、パブロ・カザルスは、93回めの誕生日にこう言いました。

「私は、毎日生まれ変わる。だから、毎日が新しい人生の始まりだ!」

さぁ、たった今から、あなたもこの一瞬、一瞬を大切に今日という日を精一杯生きましょう!


長文読んでいただき感謝します。


<PR>
方法・ノウハウ・知恵袋

井上裕之100万部突破記念ライブ『価値ある生き方をするたった1つの方法』

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事