人間は歳月によって年をとるのではなく、自分の心によって年をとる。

ここでは、「人間は歳月によって年をとるのではなく、自分の心によって年をとる。」 に関する記事を紹介しています。

〓人間は歳月によって年をとるのではなく、自分の心によって年をとる。〓

人間はある年齢に達すると無意識のうちに老化を感じさせる振る舞いをするようになります。

40代なかばで、既に老人のようになってしまう人もいれば、若々しく元気に活動する人もいます。

ある年齢において、自分が老人だと思い込むことによって、自分の潜在意識の中に否定的な目標を設定しているのかもしれません。

あるいは、老いることを想像し、それを恐れることによって知らず知らずのうちに老いそのものを生じさせているのかもしれません。

老化とは、肉体的、精神的に次第に衰えて行くプロセスです。

運動をしないと、関節の柔軟性が失われ、毛細血管が収縮してやがて消えてしまいます。

そして、細胞組織に生命を送り込む血液の供給量が著しく減少してしまうのです。

活発な運動はあらゆる細胞組織を養う毛細血管を広げ、体内の老廃物を除去するために重要で必要なものです。

体内の老廃物を除去する組織は、毛細血管です。

運動の欠如は毛細血管を収縮させ、体を枯れさせてしまいます。

私達が、精神的活動と社会的活動をやめようとすることは同時に自分自身を破壊するということです。

仮に、健康な30歳の男性がいるとして、彼にあらゆる身体的活動は危険で、精神的活動は無益であると思い込ませることができるなら、その人は確実に5年以内に老人になっているでしょう。

人間が抱いている7つの基本的な欲求は生命力には大事です。
愛に対する欲求。
安全に対する欲求。
クリエイティブな表現に対する欲求。
知識に対する欲求。
新しい体験に対する欲求。
自尊心に対する欲求。
より良い人生への欲求。

生命は、目的ではなく様々な順応力を持ち、目標を実現する為に様々な試みを行うことの手段です。

生命が目標実現の為の手段であって、様々な順応力を持つのなら、目標を実現するためにはもっと長生きをしなければならないという条件にも生命は順応するのではないでしょうか?

目標をもって生きる人間にとって生命はそれを実現するためのエネルギーであるといえます。

あまり走る必要のない自動車がガゾリンを満タンにしなくてもいいのと同様に、目標を持たない人間は、さほど生命力を必要としません。

私達が明日を楽しもうとする時、そして目指すべき目標が有る時に初めて必要とされる生命のエネルギーが生まれてくるのではないでしょうか?

一般に俳優などは、同年代の普通の人たちよりも若く見えます。

50歳を過ぎても若々しい容貌をしている彼らを不思議に思ったことはありませんか?

それは、若く見られたいという欲求を持ち、容姿を維持することに関心を抱き、一般の人と違って中年になっても若さを維持するという目標を放棄しないからです。

人間は歳月によって年をとるのではなく、自分の心によって年をとります。


長文読んで頂き謝します。

頭の回転を速くする4倍速CDプログラム【自己啓発】【IAX研究所】

<PR>
方法・ノウハウ・知恵袋

井上裕之100万部突破記念ライブ『価値ある生き方をするたった1つの方法』

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事