思考のコントロール

ここでは、「思考のコントロール」 に関する記事を紹介しています。

〓思考のコントロール〓

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。


さて、今回は思考のコントロールについて話します。

人間の脳の記憶中枢は、新たなデーターを付け加えることによって変化させたり、修正させたりできます。

それらが再生されるごとに、ほんの僅かですが変化が生じます。

それは、私達の感情の変化に左右されます。

個々の神経細胞は、様々な記憶のパターンの一部となります。

つまり、ひとつの神経細胞がある一つの記憶と結ぶ付いていると同時に、別の記憶とも結びつけられ、それぞれが有機的に関連していくのです。

最初の記憶における神経細胞は、最初の記憶の一部ではありますが、後から生じる記憶の一部となることによって最初の記憶をいくぶんか変化させてしまうのです。

これは、非常に興味深い事実ですし、私達を勇気づけてくれる事実でもあります。

なぜなら、不幸な幼児体験や精神的な傷跡は永久的なものでも決定的なものでも無いことが言えるからです。

過去が現在に影響を与えるということは事実ですが、現在も過去に対して影響力を持っているのです。

言い換えれば、私達は過去の経験や記憶によって運命を定められているわけでもありません。

また、過去の経験や記憶によっていつまでも不幸な状態のままでいる必要はないのです。

過去の体験に対する、現在の態度や未来に対する現在の姿勢が古い記憶に影響を与えるのです。

古い記憶は私達の現在の思考によって変化し修正されていくのです。

また、記憶は活用されればされるほど力を増してくるとも言われています。

記憶は神経細胞のつながり(シナプス)によるものであり、そのつながりは用いれば用いるほど強くなると言われています。

このことは思考のコントロールによって幸福と成功を手に入れることができる根拠ともなっています。

シナプスの用い方によって、成功や幸福を関係のある記憶を強化し、失敗や恐怖と関係のある記憶を弱めることができるからです。

過去の経験に引きずられる無力な人間像を取り払い、過去に打ち勝ち未来を設計できる信頼できる人間像を再建するための方法です。

自分を攻めることは無意味です。
過去は過去。
これからどこへ向かうかは現在のあなたの責任であり、選択はあなたのものです。
壊れたレコードのようにいつまでも同じ過去の過ちを思い出し、自分自身を憐れみ続けることもできますが、しかしそれは、過去の失敗のパターンを再び呼び覚ますだけです。
新しいレコードをかけるべきです。
新しいセルフイメージを手に入れることで、成功パターンを再び活動させるのです。

長文読んでいただき感謝します。

<PR>
方法・ノウハウ・知恵袋

井上裕之100万部突破記念ライブ『価値ある生き方をするたった1つの方法』

[仕事の悩み] ブログ村キーワード







関連記事

関連タグ : 人間関係, セミナー, 能力開発,