FAILUREの「E」とは

ここでは、「FAILUREの「E」とは」 に関する記事を紹介しています。

〓FAILUREの「E」とは〓


今年もあと残すところあと1週間となりました。
来年の目標はたてましたか?

さて、前回の続きです。

「FAILURE」(失敗)、

失敗の法則を知り、それを回避すれば、人生をより良い方向に向かわせることが可能です。

Fはフラストレーション、すなわち挫折感や欲求不満です。
Aは、アグレッシブネス、すなわち方向を誤った攻撃性です。
Iは、インセキュリすなわち不安感です。
Lは、ロンリネス、すなわち孤独感です。
Uは、アンサーテンティ、すなわち確信の無さです。
Rは、リーゼントメント、すなわち敵意です。
Eは、エンプティネス、すなわち空虚感です。
ということを話しました。

今回は、「E」空虚感についてです。

世の中には、表面的に成功を収めている人はたくさんいると思います。
しかし、中には、心まで満たされているとは言えない人もいます。

楽しむ能力を備えている人は、自分が達成した物質的な成功を漠然ととらえるのではなく、更に充実した楽しみに変えることができます。

ところが、楽しむ能力を失ってしまった人たちは、自分の掲げた目標に対して努力する意味を見出せなくなり、人生が恐ろしいほど退屈なものに思えてくるのです。
こうした人達は自分は楽しんでいるのだということを、無理やり自分自身に納得させようとして、毎晩ナイトクラブで酔いつぶれていたり、パーティーに頻繁に顔を出し、気を紛らわそうとしている姿を見かけたりします。

しかし、彼らに見いだせるのは常に中身のない一時的な楽しみばかりです。
本当の楽しみとはクリエイティブな目標志向と共にあります。

もし、心の中に虚しさを覚えることがあるようなら、それはクリエイティブに生きていないことのあらわれです。

意義のある目標を持っていなかったり、自分の才能や知識の使い方を間違っていたりするとそのような虚しさに襲われます。

積極的に何かに取り組んだり、何らかの重要な目標に向かって努力する人は、人生の無意味さや無用さに思いを向ける暇などないのです。

いったん失敗メカニズムに陥ってしまうと、積極的にそこから這い上がろうとする気持ちが無ければいつしか虚無感が芽生えてしまいます。
そうなると、人生が何の価値もない退屈なものに思え、努力、仕事、責任、全てから逃げるようになり新たな発見を見出すこともできず、ただまんぜんとした日々を送るようになります。

単調で目標志向の無い生活に甘んじることなく、価値ある目標を見出し、それを追求していくなら、私たちは生きていくことの喜びと満足を実感できる人生を手に入れることが可能です。

では、消極的な心理状態が芽生えた時どのように対処したら良いでしょうか?

自動車に付いている警告ランプは、バッテリーが充電されていないとか、ガソリンが足りないとか、車に発生するトラブルを知らせてくれます。

運転中に、このようなトラブルが発生したからといって慌てることはありません。

修理を呼ぶか、ガソリンスタンドで給油すればいいのですから。

ドライバーは、異常を知らせる警告ランプや周りの状況に注意をはらうことももちろん必要ですが、肝心なのは自分の視線をフロントガラスを通して、自分が進みつつある前方に向けることです。
目標の場所に着くことに積極的に注意をはらわなければなりません。

消極的な考えが芽生えて、行動が停滞してしまうようなら、この自動車の運転と似たような態度を取るべきです。

消極的思考の芽生えを心の警告ランプと肯定的に捉え、慌てることなく、心のガソリンスタンドに入り、否定的な要素を取り除く準備に取りかかればいいのです。



年内のメルマガは今回が最後になります。
ご愛読ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。


長文読んでいただき感謝します。






[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 自己啓発, セミナー,