「self acceptance」の「S」

ここでは、「「self acceptance」の「S」」 に関する記事を紹介しています。

〓「self acceptance」の「S」〓


今回は、SUCCESSの最後の「S」、「self acceptance」の「S」
すなわち「自己容認」についてです。

人間は、ある程度ありのままの自分を認め、受け入れるまでは、
すなわち自己容認するまでは真の成功や幸福に到達することは不可能です。

この世において最も惨めで、苦悩している人というのは
本当の自分の姿を見つめようとせず、
自分をあたかも別人のように見せかけようと務めている人々です。

こうゆう人々は、ありのままの自分自身であろうとすることに満足しません。

しかし、成功とうものは自己表現によって生じるものであり、
自分を見つめず、自分以外の何者かになろうとする人々からは遠ざかってしまいます。

成功とは真の自分自身を見つめるようになって初めて訪れます。
あなたの、セルフイメージを変えるということは、
あなた自身を変えたり、自己改善をすることを意味するのではなく、
あなた自身の心の中のイメージ、
すなわち自分自身に対するあなたの評価、概念、理解を変えることです。

現実的で、適切なセルフイメージを作り上げることによって生じる驚くべき結果は、自己実現や自己発見の結果として生じるものです。

あなたという人間は、過去から現在に至るまでずっとあなたであり、
それを意図的に創造したわけでもなく、
意思によって変えることもできません。
しかしながら、本当の自分の心理イメージを描くことにより、
自分自身というものを最大限に表現することができます。

自分以外の何者かになるための努力は無意味です。
あなたという人間は、そのままの貴方以外のなにものでもないのです。

実際には、たいていの人間は自分で自覚しているよりも賢明で強く有能です。

より適切で現実的なセルフイメージを創ることは
新たな能力や才能を創造することではなく、
自分自身の中に眠っている隠れた素晴らしい能力を最大限に発揮することです。

私達は、自分の性格を変えることはできても根本的な自己を変えることはできません。
性格は私達が生きていくうえで、必要不可欠な道具であり要となるものです。
つまり、習慣や心構え、知識など全ての要素の全体像であり、
自己を表現するための手段でもあります。

自己容認とは、自分の長所だけでなく、過失、弱点、欠点、失敗という要素を全て含め、ありのままの自分を受け入れ認めることです。

これらの否定的要素は、自分自身の中に備わっていますが、
自分がそのような否定的な人間そのものではないということが理解できれば、私達の自己容認はより一層容易になります。

例え過失を犯しても、
それは、あなたという人間そのものが欠陥のある人間だということではありません。

上手く自己表現ができなくても、
欠点をもった人間だということではありません。

私達は、過失や欠点を見直す前に過失や欠点を見直す前に
まずそれらを認識し、受け入れなければなりません。

一生の間に、真の自己を完全に表現したり、
自分の中のあらゆる可能性を実現することに成功した人はかつていません。。

実際に現在生きている自分というものは、

自分の中に備わっている可能性や能力が全て発揮されているわけではありません。

私達は、常により多くのことを学び、達成し、
その為に行動することができます。

ですから、現実の自己とは必然的に不完全なものであり、
そうであるからこそ、理想的かつ、完全な自己表現をすることを目標として、一生をかけてそれに向かって進んで行くべきです。

ありのままの自分を受け入れましょう。
それが出発点です。

あなた自身の欠点、つまり不完全性に寛大になることです。
自分の欠点を容認することも必要ですが、
それによって必要以上に神経質になり、
自分自身を嘆き憎んではいけません。

一層自分を惨めなものにするだけだからです。
あなた自身、つまり自己とあなたの行動とに区別をつけることです。

誤りを犯したり、正しいコースから外れたからといって、
それがあなたの破滅につながるわけでもないし、
あなたという人間を無価値なものにしてしまうわけでもありません。
それは、印刷機が誤って印字したり、時計の時間がくるっても、
それは単なる事実にすぎず、
それ自体の存在を無価値にしてしまうものではないのと同様です。

自分で納得のいく完全な人間でなくても自己嫌悪に陥ってはいけません。
むしろ、完全な人間など一人もいません。

そのようなふりをしている人間は大勢いても、
彼らは自分自身を偽っているにすぎません。

私達が自己を改善する要素を他人の目や物質的なものの中に求める時、
誤りを犯してしまいます。

自分のあらゆる要素は、ふたりとは存在しない自分自身という完成されたもののはずです。

それなのに、自分はデブだとか、ちびだとか自分自身を卑下してしまう人が多いです。

そのような不平をいうのではなく、

私は一人の人間であり、一度しかない人生の中で、
人間として与えられた力を最大限に生かすことを考えましょう。






[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 目標達成, セミナー,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/190-3b969fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック