「SUCCESS」の「U」とは

ここでは、「「SUCCESS」の「U」とは」 に関する記事を紹介しています。

〓「SUCCESS」の「U」とは〓



前回は、「SUCCESS」の
最初の「S」は、「sense of direction」の「S」
すなわち「目標感覚」であることを話しました。

今回は、「SUCCESS」の「U」についてです。

「U}は、「understanding」の「U」

すなわち「理解力」です。

優れたコミュニケーションから理解が生まれます。
このコミニュケーションは、人間の頭脳にとって
貴重な役割を果たしています。

インプットされる情報が、間違ったものであったり、
誤解されたものであれば人は適切な反応をすることはできません。

理解の混乱が神経症の根本的な要素だとも考えられています。
人間関係におけるトラブルも多くの場合、誤解によるものです。

問題を適切に処理するには、その問題に対する正しい理解が必要です。

私たちは、特定の事実とか状況に対応して、
自分と同じ反応や結論に達してくれることを他人に期待してしまいます。

前回にお話ししたように、
人はある事実や状況に対して反応するのではなく、
セルフイメージに対して反応します。

他人の反応や態度が自分と異なるのは、
私達を苦しめるために、わざとそうするのではありません。

また、頑固だったり、悪意があるためでもなく、
人がその状況を私達とは違ったように理解し、
解釈するがゆえに、そうなるのです。

ですから、コミニュケーションによる正しい情報交換が行われるなら、
より良い理解が生まれ、人間関係もスムーズに運ぶようになります。


私達は、ある事実に対して、自分流の見解を加え、
誤った複雑な結論を出してしまう傾向があります。

例えば、
あなたが通りかかった時、
話をしていた二人の友人が突然黙りこんで、
何か気まずそうな様子をしたとしたら、
あなたは、

「彼らは、今私の噂話をしてたに違いない」

と思うでしょう。
こうゆうようなケースでは、
まず、その行為が自分に対する嫌がらせであるという見解を捨てて、
初めて状況を冷静に分析し、適切な反応を選ぶことができるのです。

私達は、しばしば、自分自身に入ってくるデーターに、
恐怖心や、不安によって、色付けをしてしまいます。

しかし、その時々の状況に対して、効果的な対応をするには、
すすんで、その真実を見極めようとしなければなりません。

その良し悪しに関係なく、とにかく真実を受け入れなければなりません。

私達は、自分の過失や誤り、欠点など、
なかなか自分の非を認めたくありません。

認めたくないがゆえに、
真実を自分に都合の良い方に歪めて解釈してしまい、
ゆえに、状況に対する適切な行動をとることもできなくなります。

成功型のパーソナリティとは、
他人を騙したり、嘘をついたりしないだけでなく、
自分自身に対しても正直なのです。

誠実さとは、まず、自分自身を正しく理解し、
自分自身に対して正直であることに基づいています。

自分自身を正当化するために、
自分に嘘をつくような人は、
誠実であることはできないのです。

良い情報、悪い情報にかかわらず、
真実の情報を探し求めましょう。





誰が正しいかが、問題なのではなく、
何が正しいかが、問題なのです。





この言葉をモットーにすると良いです。

誤りを認めることによって、
誤りを修正し、正しいコースを守ることができます。

自分の過失や誤りは、素直に認めなければなりません。
しかし、嘆き悲しむ必要はありません。
誤りを発見できたのなら、それらを訂正し、前進するのです。

他人に対しても、自分の観点からだけでなく、
その人の観点からも状況を判断し対処することが必要です。


次回は、「SUCCESS}の「C」、
「勇気」についてお話します。


長文読んでいただき感謝します。


ジャネット・アットウッド『パッションテスト・ファシリテーター養成講座』【第1期生】

[仕事の悩み] ブログ村キーワード




関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/185-26780b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック