意識的思考と潜在意識

ここでは、「意識的思考と潜在意識」 に関する記事を紹介しています。

〓意識的思考と潜在意識〓

意識的思考と潜在意識について。

潜在意識は、目標志向的であり、 設定する目標とデーターによって、成功にも失敗にも機能します。

どちらかと言うと私達は失敗による恐怖心から 否定的な心構えを持ち悪い結果ばかりを想定してしまいがちです。

つまり、知らず知らずのうちに成功ではなく、 失敗という目標を設定してしまっていることが多いです。

潜在意識は、与えられたデーターを吟味しないで、 ただ単にそれに対して忠実に反応するだけです。

そのため、潜在意識に与えるデーターはとても重要な意味を持ちます。

それらのデーターを真実であるとみなし、 それに基づいて正しい判断を下したりするのは 全て意識的思考の機能です。

私達は、とかく自分自身については過小評価しがちであり、

反対に直面する困難に対しては過大評価してしまう傾向があります。

意識的な努力が意に反して、 本来私達に備わっている能力を 閉じ込めてしまう根本的な原因を突き止める為に 心理学者が様々な実験をした結果、 これからなすべき仕事について深刻に考え過ぎたり、 自分の能力の無さを認めることを恐れるあまり精神的なプレシャーが負担となって生じていることがわかってきました。

例えば、普段の会話では雄弁な人が、 会議の場面では、緊張して言葉を失ってしまうのです。

しかし、自分の失敗など他人はそれほど問題にしないのだから、 もっと大きな気持ちをもって自分の能力を発揮すべきです。

入ってくる情報を吟味し、分析して、 それが真実であるか否かを見分けるのは意識的思考の働きによります。

誰かに冷たく拒絶的な態度であしらわれるとそれは、 自分が劣っているからだと思い込んでしまう人は多いです。

このように私達は、日常生活の中で、 否定的な暗示に振り回されてる場合が多々あります。

自分自身に入ってくるデーターを吟味分析し、 それが真実であるか否かを見分けるのは理性的意識的思考の働きによります。

もし、私達の意識的な心が充分に機能し、 影響をおよぼすことができたら、 否定的な暗示にむやみに振り回されることはなくなるはずです。

「必ずしもそうとも限らない」

をモットーにして、

物事を色んな方面で考えるのもいい方法です。

過去に一度失敗したことがあるから、 私にはそれを成功させる自信が無いとか、

または、

行動を起こす前から私にはできないと決めつけてしまうのは理性的とはいえません。

例えば、仮にピアノを弾いたことが無いとして、

人から、「貴方はピアノを弾けますか?」

「私は弾けません」と答えるよりも、

「弾けるかどうかわかません。 なぜなら、弾いたこが無いからです。」

と答えるべきです。

最初から否定的な結論を出すのではなく、 理性的に思考を働かせて結論を出すのです。

長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, セミナー, 目標達成,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/181-cf561afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック