目標実現を可能にするプロセス

ここでは、「目標実現を可能にするプロセス」 に関する記事を紹介しています。

〓目標実現を可能にするプロセス〓



理性的思考によって、
信念や行動パターンを変えるには、
強い願望、
そして、その願望を支える感情が伴わなければなりません。


あなたが、なりたいと望む姿、
手に入れたいと思うものを心に描き、
そして、それらが実現した時のことを思い浮かべ、
それに熱中することです。


思いこみというのは、
思考と感情によって形成されていますから、
積極的な願望と感情で、
心をいっぱいしてあげれば、
元からあった否定的な思い込みは排除されて、
肯定的な思いこみが形成されるのです。


このように見ていくと、
不安が形成されるプロセスと全く同じであることに気付きませんか?



唯一の違いは、
不安の形成プロセスでの消極的目標が、
ここでは、積極的な目標に入れ替わっているだけです。


不安が形成されるときには、
必ず未来の好ましくない状況や、
良からぬ予測をリアルに思い描いているものです。


それには、人間の意思も努力も関与していません。


人間は、無意識に否定的な結果についてひたすら考え続け、
そして、そうなるかもしれないという、曖昧で不確かな考えに支配されて行動してしまうのです。


この流れを繰り返すことで不安は更に現実味をおびてきます。


それに伴って、
恐怖心、心配、落胆といった感情が自動的に生じてくるのです。



このように、目標は必ず感情を生み出します。



ですから、積極的な目標を持ち続ければ、
感情も良い状態に保つことができます。


自分が理想とする望ましい到達点をイメージすることで、
可能性は、より現実性をおびてきます。




長文読んでいただき感謝します。


2013年9月開催『パッションテスト・ワークショップ』








関連記事

関連タグ : 人間関係, セミナー, 目標達成,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/180-65705d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック