成功は、失敗の土台があってこそ

ここでは、「成功は、失敗の土台があってこそ」 に関する記事を紹介しています。

〓成功は、失敗の土台があってこそ〓


お盆休みも終わり、今日から仕事という人も多いのではないでしょうか?

まだまだ、暑い日が続きますが、健康管理をしっかりして、頑張っていきましょう!


さて、今日のお話しに入ります。

よりよい未来を獲得したいと望むなら、
過去の失敗ばかり気にしないで、
理性的に、そこから何か一つでも、教訓を見出し、
その教訓を盛り込んだ新しい習慣を身につけることです。


ただ単に過去を振り返るだけでは、何の進歩もないです。

問題なのは、
物事を考えるのに、現在ではなく、
過去の経験を基準に思考をコントロールしてしまっていることです。


そのために、いつまでも過去の自分から抜けだせず、
新しい習慣、感情を身につけられないでいます。

歌を覚えたり、運転やスポーツ、人との付き合い方など、
何事も一度でうまくいく人はいないはずです。

私達の知識や技術は、試行錯誤の繰り返しによって身についていくものです。


どんな些細な失敗も全て記憶され、次の機会に再び修正されます。


その繰り返しによって、成功が達成されるのです。


つまり、失敗の経験を土台にして成功が成り立つのです。


そして、達成された成功の反応パターンも記憶され、
将来同じことをする時にそのデーターが呼び出され、模倣されるのです。

失敗の記憶は修正を繰り返しているうちに忘れていくものですが、
時には否定的な反応情報のデーターとして用いられ、
問題解決の参考になることがあります。


ですが、それはあくまでも目的達成の手段として利用されるのであって、
性格を変えるうえでは、必ずしも必要ではありません。

本来、否定的な記憶は忘れ去られるべきです。

いつまでも、過去の失敗にこだわり、常に罪悪感を持ち、後悔していると、
自分でも気づかないうちに、過去の失敗と自分の目標とが入れ代わり、
絶えず自分自身に対して批判的になり、やがて幸福から遠ざかってしまいます。

過去のことで、自分を批判し続けても何の問題解決にもなりません。

しかし、これは、無意識的な反応パターンであるため、
こうした過去の記憶を完全になくすことはできません。


意識的、理性的に自分の考え方を変えて、
過去に執着しないように努めれば、
過去の失敗の記憶は次第に薄れてきます。



>>>方法・ノウハウ・知恵袋


[仕事の悩み] ブログ村キーワード






関連記事

関連タグ : 人間関係, 自己啓発, 目標達成,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/179-78d84fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック