美容整形とセルフイメージ

ここでは、「美容整形とセルフイメージ」 に関する記事を紹介しています。

〓美容整形とセルフイメージ〓



現代は、美容手術をする人も多くなっているようですが、
外見が変わっても、内面は相変わらずそのままだというケースも少なくありません。

こういった人たちは、
どこかで古いセルフイメージが消え去らない限り美容手術を受けても意味がありません。


外見の傷や欠陥が必ずしも、
屈辱や恥につながるものではないという事実を紹介します。


私が以前ドイツに行った時に、
サーベルの傷跡とうのがもてはやされてた学校がありました。

サーベルの傷跡とは、決闘でできた顔の傷のことです。

決闘の経験がある学生は、仲間の間でエリートでした。

彼らが頬に傷を付けるとうのは、
美容外科で傷を取り去るという行為と逆ですが、
自尊心をわき立たせるとう点で、
心理的効果は、同じであるといえます。


傷を消すことではなく、
反対に傷を付けることがプラスの心理効果をもたらすこともあるという事実もあります。



先天的、後天的にかかわらず、
肉体的欠陥を持つ人々に対して、
形成手術は著しい効果があります。

肉体的欠陥から生じる精神的な苦痛、
不幸な感情、失敗、不安、自信喪失などに対して、
その原因となる身体的悩みの全てを取り除く形成手術は、
いわば万能薬の役割を果たします。

しかし、最近では何の欠陥を持たない人たちが、
美容整形手術を受けるケースが増えています。


そういう人たちは、肉体的欠陥などなく、
容姿も人並み以上か、あるいは非常に魅力的な人さえいます。

なのに、老けて見える、シワが気になる、
顔立ちや胸を女優に近づけたいとう女性や、
耳が大きすぎる、鼻筋が通っていないという男性もかなりいるようです。

最近のある企業のアンケートによれば、
なんと90パーセントの学生が自分の容姿に不満を持ってるそうです。

このセルフイメージこそが、
私達の成功と失敗を分ける決定的要素です。

納得できる人生を生きるためには、
適切で現実的なセルフイメージを持ち、
自分を受け入れ、
その自分に自信と誇りを持たなければなりません。

自分を欺いたり、飾ったりするのではなく、
のびのびと、ありのままの自分で、
社会の一員としての役割を担う人間でなければなりません。

自分の長所、短所を把握し、
現実の自分より、背伸びをして見せたり、
反対に卑屈になったりしてもいけません。

セルフイメージに誇りを感じられるようになると、
自信がわき、何事にもやりがいが感じられ、
堂々と自分をアピールできるようになります。

つまり、常にベストの状態で行動し、
良い結果を得ることが出来るようになります。

反対に、セルフイメージがぼやけてしまったり、
否定的で卑屈なセルフイメージをもってしまうと、
自信を失い、不安に襲われ、自分に引け目を感じ、
ひたすら弱点を隠そうとして、
逆に自分を押さえつけて自閉的な人間になってしまうのです。

特に、セルフイメージがぼやけてる人は多いのではないでしょうか?


同じ顔の傷でも、冒頭に書いたドイツの学生の話のように、
名誉の傷跡によってセルフイメージが高められ、
それにともなって自尊心も、自信も強められたわけですが、
形成外科の患者の場合は、傷跡がその逆の盈虚を及ぼしています。

セルフイメージの影響は、この事実からもわかります。


人間には健康や幸福、よりよい生活へと自分を導く本能が備わってます。
よりよいものを創りだそうとする潜在意識が間違いなく働いています。

そして、それが上手く活用されるのなら成功のメカニズムとして自動的に機能するようになります。



>>>方法・ノウハウ・知恵袋


[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 美容整形, 人間関係, セミナー,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/176-b684b2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック