失敗は最も優れた教師

ここでは、「失敗は最も優れた教師」 に関する記事を紹介しています。

〓失敗は最も優れた教師〓

どのやり方が良いのかを見つけ出すという過程の中で、
何千回と失敗して、
どのやり方がダメなのかを見つけ出してきた人たちは、
ほんの2、3回失敗したからといって泣きごとを言っている即席失敗者たちに、
何百回、何千回も失敗者することの必要性を知らせたいと言っています。

即席失敗者たちは、
失敗は成功には欠かせない学習過程だと知る前に、
意気消沈して努力をやめてしまうのです。

彼らの不平を聞いていると、
何か小さなことで、
それほど一生懸命やっていないのに失敗したというだけで、
もうこらからの人生がダメになってしまったかのような騒ぎです。

こうして彼らは2、3回。
せいぜい2、30回失敗しただけで努力を放棄してしまうのです。

こうした人たちは、2、3度失敗を重ねると、
すぐに言い訳を探します。


失敗は受けれ、利用するものです。

トーマス・エジソンは、
他の誰よりも多く失敗を繰り返しました。

その結果、
失敗の元となりえるものを他の誰よりも多く知り得たのです。

そして、その知識を使って成功しました。

彼は実に1093件の発明の特許をとっています。

しかもどれも小さな発明ではありません。

彼が最初に発明した印刷機は、
4万ドルの売上をあげ、
彼はそのお金で、彼の知識に専門知識を加えてくれるエキスパートたちを雇い発明会社を作りました。

こうしてよりよいものをより速く発明したのです。

ますますお金が入ってくるにつれて、
そのお金を何よりも、失敗に費やして、
その失敗を通じて何がダメなのかを学び、
必ずうまく行くように自分の発明をパーフェクトなものにしていきました。

エジソンは、買い換えるのに彼の持つ全資金が必要となる機械をわざと壊したことさえあります。

なぜか?


その機械が壊れる直前に絶えられるぎりぎりの圧力を知るためでした。

そして彼は、
更に大きな圧力に耐えられるようなもっといい機械を作りました。


バット振らなければヒットも望めません。


エジソンは、蓄音機を発明しました。
白熱電球を発明しました。
映画を発明しました。
マイクロフォンを発明しました。
こうした発明は、失敗を繰り返し、努力した結果です。

彼は、天才とは99パーセントの努力と1パーセントのヒラメキだと言いました。

エジソンは人に尋ねるのではなく、実験に尋ねました。

エジソンは、実験に失敗したら、
すぐに「なぜだろう?」と考えました。

エジソンは、なぜかを学ぶことで成功しました。

人を相手にする場合でも「NO」と言われて、
「なぜか」と答えていれば、
遅かれ早かれ「なぜか」という答えが分かります。

その答えは、成功へ導いてくれます。

失敗は最も優れた教師です。

失敗し、その失敗から学んで再びトライする時、
あなたは敗北に耐えぬいたことになります。


してはいけないことを学ぶ為の手段として、
失敗をありのままに受け入れることができるようになれば失敗することによって成功への道を歩むようになります。


その時、あなたは失敗を恥ではなく人生の教訓の一つとして受け入れるようになります。



長文読んでいただき感謝します。


<PR>
松宮義仁、松尾知枝『成功が超加速する、デキる男の新習慣』

>>>話題のセミナー・書籍ナビ: 今話題のセミナーなど生涯学習情報や、注目書籍の紹介を中心に悩み解消の参考情報などのナビサイトです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/160-b23d637f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック