夢、目標を見つけるヒント

ここでは、「夢、目標を見つけるヒント」 に関する記事を紹介しています。

〓夢、目標を見つけるヒント〓



プロのビジネスマンに必要なのは、
一流のスポーツ選手なら必ず持っていて、
それを失ったら一日としてトップアスリートではいられなくなるもの。

それと同じです。

人間を一流たらしめるものと言い換えても良いかもしれません。


それは、目標意識とモチベーションです。


夢を持つこと。


なにがなんでも、その夢を実現しようとすること。

そういう強固な目標意識をもって生きる人間は、
仮にその夢が実現しなくても、
何の夢もなく、何の目標も無しに生きてしまった時とはまるでレベルの違う素晴らしい人生になるはずです。

ところが、ほとんどの人は、
夢を持とう、夢を持ち続けようとして、逆に夢を失ってしまいます。

なぜなら、人間の脳はそうゆうふうにできてるからです。


自分のことだけ考えてると、夢が持てなくなります。

もし、素晴らしい夢を持ちたければこの逆を実行すれば良いです。

例えば、

恋人のことを思うと、二人の夢ができる。

配偶者のことを思うと、夫婦の夢ができる。

親のことを思うと、親を幸せにする夢ができる。

家族の為を思うと、家族の為の夢ができる。

お客さまのことを思うと、お客さまを喜ばせる夢ができる。

チームのことを思うと、チーム目標という夢ができる。

日本のためを思うと、日本をよくする夢ができる。

地球のためを思うと、地球をよくする夢ができる。


愛しあう恋人の間に、小さくても将来の夢ができるのは、
相手を思う愛があるからです。

愛は、扁桃核を「快」にして、脳に肯定的な未来をイメージさせます。

しかし、恋が冷め、自己中心的なものの考え方や感じ方が復活すると、
相手のことを思えなくなり、そうなると夢も一緒になくなってしまい、
未来のイメージも消えてしまいます。


失恋から人が自殺することがあるのは、
思う相手がいなくなり、突然未来が奪われるからです。


では、なぜ一人では夢が持てないのでしょう?


人は理屈脳でなく、感情脳で夢を見てるからです。

感情脳に「愛」があり、扁桃核が「快」になってる時は、
ワクワクするような楽しい未来をイメージできます。

ところが、自分一人だけになると、
分離不安という人類に共通するトラウマが頭をもたげてきます。


その結果、扁桃核が「不快」になり、
自己防衛的になるので、
マイナス思考、マイナスイメージ、マイナス感情になって夢が消えてしまうわけす。


夢を持つ秘訣は、自分以外の人の幸せを思う心です。


自分にツキがないと嘆く前に、
自分には夢(目標)があるかどうかをもう一度考えるべきです。

夢のないところにツキだけがあることはありません。

夢も目標も持ってないのに、
どこからかいい話が転がり込んでこないかと、
道に落ちた財布を拾う感覚でツキをイメージしてるから、
大切な人にも目が行かないのです。



自分以外に誰を喜ばせたいか?



必ずそこに夢が見つかるはずです。





長文読んでいただき感謝します。




>>>頭の回転を速くする4倍速CDプログラム


[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/148-243d1e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック