2つの愛情

ここでは、「2つの愛情」 に関する記事を紹介しています。

〓2つの愛情〓


子どもたちの凶悪事件が多発している近年、
少年院で行った心理テストを見ると、
問題行動を起こす子供に共通する大きな特徴の一つに
自己評価の低さがあるそうです。

「どうせ俺なんて」

というその気持は、成績のよし悪しとは直接関係がないようです。

自分の存在意義、存在価値をどこにも見いだせないところからくるようです。


人が、自分の存在意義や価値を感じるのは、他人に認められた時です。

「私」の成功を自分のことのように喜んでくれる人や、
「私」の失敗を自分のことのように悲しんでくれる人がいない。

そう感じる時、人は自分の存在意義を見失います。


自分を認めてくれる最初の他人は、子供にとってはまず母親です。


人の愛情には2つの種類があると言われます。

一つは、何がなんでも無条件で愛するという絶対的愛情です。

例えば、「五体不満足」の著者の母親の話です。

五体満足に生まれなかった赤ちゃんをはじめて目にした母親の口から出てきたのは、「かわいい」という言葉です。
自分に向けられた無条件の愛を確信した子供の脳は、完璧なプラス思考になり、どんな不可能も可能にしてしまいます。


だから、天才は1パーセントしかいません。

世間の一般的な親は、生まれてきた子供の手足がなかった時、
なかなか「かわいい」とはいえないものです。


2つ目の愛情は、条件つきの愛です。

評価をともなった愛です。

顔が可愛らしいから。
頭がいいから。
親の言うことをよく聞く、「良い子」だから・・・など。

そういう何らかの条件が愛情に付いてくる愛です。

もちろんほとんどの親は、絶対的な愛情で子供愛しているはずですが、
コミュニケーションが不足したり、間違ったメッセージを発してしまうと、
愛情は子供には伝わりません。

その愛情をようやく理解するのは、親が亡くなった時だったりします。

「孝行したい時に、親なし」

とはよく言ったものです。

もう取り返しがつかない?

いいえ、取り返しはつきます。


スポーツ選手には、親が亡くなった後の試合で大活躍したり、
驚異的な記録を出すケースは少なくありません。


親の死によって、その愛情の深さを思い知らされ、
また親に対する自分の愛情の改めて気づいて、
感情脳に革命が起こるからです。


自分を愛してくれる人の為に成功する。

人は自分の為よりも、愛する人の為に頑張れます。

自分のためには強くなれなくても、人のためには強くなれるものです。




長文読んでいただき感謝します。



>>>頭の回転を速くする4倍速CDプログラム


[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 目標達成, 育児,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/147-d8b48bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック