色を染めると求めるものが見えてくる

ここでは、「色を染めると求めるものが見えてくる」 に関する記事を紹介しています。

〓色を染めると求めるものが見えてくる〓




アメーバやウイルスはほとんど透明です。

したがって、性能の良い顕微鏡で覗いても、そのままでは見えません。

そこで、これらに色をつけるわけです。

染色された微生物や、細胞は、色を付けることではっきりと姿を表します。
研究者が顕微鏡を覗く目的は、これで達成されます。

同様に、何か願望を達成しようとするなら、
その願望は明瞭になっていなければなりません。

大昔、人類の先祖は言葉と言えるほどのものは、
ほとんど持っていませんでした。

ここに仮にニビルさんというごく初期の原始人がいて、
歩いている途中で、丸々と太っている生き物に初めて出会ったとしましょう。

ニビルは、「これはこれは凄いごちそう」だとは思わなかったハズです。
言葉がまだできていないのですから。

一説によると、その当時の人間の思考といういうものは、
一種の啓示のごとく、外部から入ってくるようにその人間には思えたはずだといわれています。

それはさておき、本能的に凄いごちそうということはわかります。

しかし、どうも一人では捕まえられそうにありません。
そこで、ニビルは、集落に戻って、助けを求めるわけですが、
ニビルは、原始人なので、
その丸々と太った生き物を表現する手段がありません。
ジェスチャーくらいはやったでしょうが、
他の人がその仕草を理解するまでに、
目標はどこかへ立ち去ってしまってるかもしれません。

このように、「獲得すべき目標物」に対する不明瞭さは、
得られるものでも取り逃がしてしまうことになります。

願望や目標も、まずそれらを概念化することによって、
しっかりと把握することができます。

願望を明瞭かつ鮮明に立てることは、
「自分の将来のある一時点の概念化」です。

概念化によって、初めてこれから獲得すべきものを今の時点でつかむことができるのです。

新約聖書の中でイエスが語っている有名な言葉

「あなたが欲しいと思うものはなんでも、すでに得たと思いなさい。そうすればそのとおりになるだろう。」

は、このことをいっているのです。

このような方法がどのような効果を生むのでしょうか?


Bさんは人々を集め、
「私は両手だけでこのバットを簡単におることができます。」
と宣言します。

人々は「そんな馬鹿な!」と思うでしょう。

ちゃんとした木製のバットです。

余程の怪力の持ち主でなければ無理です。

ところがBさんは、満身の力を込めて、
本当にバットを中央から折ってしまいます。
人々は驚きました。

しかし、種を明かせば、バットは予め折ってあり、
再び元のとおりにしておいただけなのです。

願望、目標の実現も同じです。
大脳の中で、前もって成功させておく。
そうすれば、実際にも成功します。





[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 目標達成, セミナー,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/128-18bdcbc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック