ヴァーチャル思考

ここでは、「ヴァーチャル思考」 に関する記事を紹介しています。

〓ヴァーチャル思考〓


ヴァーチャル思考とは、
自分とは別に、自分に影響を及ぼす何かが、
実際に機能するものと確信することに対して生じる感覚のことです。

その感覚を意識でしっかり受け止め、
それを自分の人生に活かそうとするとき、
ヴァーチャル効果が生じます。

この時、働く心理的メカニズムは
「脳は強く心に想像したことと、現実とを区別できない」という事実です。

したがって、ヴァーチャルシステムは実際にはどうであれ当人にとっては、
実際に存在するものなのです。

自分という実在するものの他に、もう一つ仮想の自分、
すなわち「仮想の自分」というものを想定してみましょう。

何も、難しいことではありません。
例えは、法律上の概念に「代理権」というものがあります。

この概念のお陰で、人間は、その人の本来もてる以上の力を発揮できるようになりました。

「私は、どうも交渉が苦手だから、私の代わりに、相手を交渉をしてきてくれ」と他人に代理権を授与すると、
法律はこの授与行為に力を与えてくれるようになっています。

普通、委任状があれば、
相手は代理人をあなたとみなして交渉を進めていきます。

そして、代理人の行為はあなたの行為とみなされます。

このようにして、大きな交渉がまとまれば、
それはあなたがまとめた交渉ということになるのです。

まさに、あなたの能力の拡大です。

「ヴァーチャル思考」も似たようなものです。
例えば、あなたはまず、「万能な自分」とういヴァーチャルシステムを作らなければなりません。

それには、あなた自身のヴァーチャル思考をふくらませることです。

もっとも簡単な方法は、
もし、あなたが大実業家になるという願望を持っているならば、
実在する(もしくは実在していた)大実業家の生活態様から行動、話し方など、
何からなにまで、マネをするという方法があります。

これは、実際にこれまで多くの実業家がそうやって成功を手に入れてることからも証明されています。

「生活態様をマネるといっても、相手は豪邸住まい、こちらは安アパート」と思うなかれ。
アパートは豪邸ではありませんが、「仮想豪邸」とみなすことはいたって簡単です。

この例の場合、ヴァーチャルシステムとは、
マネする相手の大実業家その人となりを指すことになります。

人生を充実したものにするために、ヴァーチャル思考は是非みにつけたいものです。





[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/127-1383871d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック