内制止

ここでは、「内制止」 に関する記事を紹介しています。

〓内制止〓
人間は皆、心の中に内制止という機能を持っています。
「そんなことできっこない」とやる前から思い込んでしまう。
これが内制止です。
人間の声が電線の中を通って、遠くに伝わるなんて、そんな馬鹿な。
という内制止を持った友人がいたため、電話を発明したアレクサンダー・グラハム・ベルは、精神病院に一時強制的に入院させられそうになったそうです。
成功を自分のものにするためには、
まずこの内制止を必要なだけ取り去ることが第一歩です。
「それは不可能だ」などということは簡単なことです。
また、この言葉は、
そういうことで自分の頭や体をそれ以上に動かさずに済みます。
つまりこの三文字は、あなただけに楽をもたらすわけです。
そしていずれ、その反動がくる。
そういう点からみると、この「不可能」の三文字は麻薬のようなものです。
人間は色々な感覚を持っています。
炎を見ると、「熱い」と感じ、氷を見ると、「冷たい」と感じます。
これらは幼児のころに、自ら体験した結果が頭に刻み込まれているからです。
歳をとると、体が衰える、というのは、
これも幼児のころから、目で見、耳で聴いてきたいわば常識で、
自分も当然そうなると考えます。
特に、日本では歳をとると地味な服装をします。
これは、「老人」という名の制服を着るようなもので、
このようにして彼らは必要以上に早く、
おじいちゃん、おばあちゃんになっていくのです。
そして、実際体力が衰えるので、
この確信はますます深まるという相乗効果を生みます。
30代も過ぎると、
「もう歳だ。いまさらマラソンでオリンピックにでるなんて馬鹿げてる。」
と考えて手を引いてしまう。
これも内制止です。
さて、人間は内制止を無意識のうちに無視していることもあります。
例えば、火事場の馬鹿力などがそのひとつです。
ピアノを一人でかかえるなど、
とても不可能だという意識は誰でも持っています。
ですから、「一人で持ち上げろ」
と言われても、内制止が働いて、
「そんなことはできません」
と断るに違いありません。
ところが、火事になって、
「ピアノを燃やしてはいけない」
ととっさに判断すると、
「重いから無理」
だとか、
「一人で持てるわけがない」
といった内制止が吹っ飛んで、
ただ、
「燃やしてはいけない」
という意識だけが頭の中を占めるわけです。
その結果、女性が一人でピアノを家の外に持ちだしたりして話題になるのですが、
このように内制止を取り除いて、不可能を可能にできることが、世の中には沢山あります。
なぜ、火事場の馬鹿力で女性はピアノを一人で担げたのでしょうか。
それは、人間にはもともとそのような力が潜在的に備わっていたからに違いありません。
それがこのような火事の出来事をキッカケに顕在化したのです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 内制止, 人間関係, 営業スキル,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/119-c02096e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/06/26(火) |