ほんの少しの差

ここでは、「ほんの少しの差」 に関する記事を紹介しています。

〓ほんの少しの差〓



人間の能力は、どんぐりの背比べのようにほとんど均一です。
ほとんど均一だからこそ、ほんの少しでも能力の一端を伸ばすと、
その他大勢から一気に抜きん出ることが可能です。


アメリカのある人のエピソードです。
デイブと同僚の鉄道修理班は、
線路のそばで、いつものように働いていました。

ギラギラと夏の暑い太陽が照りつけるもとで、
砂利やコールタールに囲まれての重労働です。

やがて、彼らのそばに列車がやってきました。
彼らはその列車がスピードを落とし、
近くの避難所に入って止まるのを見ました。

次に彼らは、その列車の最後の車両がとても綺麗で、
豪華だったのに気づきます。

まもなくその車両の窓があき、中から誰かが叫ぶ声が聞こえます。

「デイブ。元気かい?」

デイブは、目をこすりながら車両の方を見て答えました。

「やあ! ジムじゃないか!」

ジムと呼ばれた男は、デイブをその綺麗な車両に招き、
中で一時間ほど話をしました。

そして、やがてデイブが話を終え、仲間のところへ戻ってくると、

仲間は、彼を取り囲んで、目を輝かせて彼に質問をあびせました。

「ジム。あの人は、マーフィーじゃないか!」

デイブは、

「そうだよ」

と答えました。

仲間は、驚いた様子で、

「マーフィーといえばこの鉄道会社の社長だろ? どうやって知り合いになったんだい?」

するとデイブは、

「実は、もう20年以上も前に、ジム・マーフィーと俺は同期で入社したんだ。それで我々はそれ以来の友達なんだ。」

仲間は、

「デイブ、同じ日からこの会社で働き始めたんなら、なんで君はこんな炎天下で補修なんかやってて、ジム・マーフィーは、この会社の社長になってるんだい?」


「いや、それがね・・・」

とデイブは、少し首をうなだれながらこう言いました。

「20年前、俺は2ドルの時給の為に働いたんだけど、ジムは鉄道会社の為に働いていたんだ。」


このエピソードの場合、
デイブもジムも、

「働く」

とういう点に関しては、全く同じでした。

しかし、

「働く視点」

のほんのちょっとした相違が、
20年後、一方は肉体労働者、もう一方は、社長ということになったのです。

この、ほんの少しの差が、結果的には巨大な差となってしまうという仕組みは、自然現象、社会現象あるいは人間の心理作用などありとあらゆる面で見受けることができます。

スポーツや、競馬などでもそうですね。

一位と二位では賞金にも大きな差がつくものです。


また、日本一高い山はすぐわかっても2番目に高い山はなかなか記憶に残らないものです。




[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/115-05158647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/28(月) |