ギリシャの詩人 ヘシオドス

ここでは、「ギリシャの詩人 ヘシオドス」 に関する記事を紹介しています。

〓ギリシャの詩人 ヘシオドス〓


前回、「まねぶ」ということに関してお話しました。

「マネ」をすることが、日本にとっては「まねぶ」の伝統の下に、
よい効果を生み出していることをまず再確認する必要があるからです。

すでに、「まねぶ」時代を通り越して、「マネ」を拒否する了解が出来上がった社会では、「マネ」でも、そのマネたもの以上のものは出来上がりません。
「マネ」の伝統がとうに失われている為です。
「マネる」という意味のもう一つの単語であるイミテーションの語源は、
イメージと同じ語源です。
そして、このイメージという言葉には姿、形がそっくりなもの、
という意味が与えられています。
つまり、それ以上の発展性はないわけです。

しかし、「まねぶ」が転じて、「学ぶ」になった日本では、
「マネ」は単なる「マネ」ではなく、
それに改良を加えてよりよくする、という発展性をもっています。

この発展性は、今の日本の時代背景では、ぎりぎりの創造性そのものです。
むしろ、みんなが「まねぶ」社会であるから、
そこになんらかをプラスアルファしなければならないという衝動が生じます。

とはいえ、ひとたび学ばれたものに対しては、
今度は島国根性丸出しで、
文字通りのイミテーション競争になってしまう面のあることも否めません。

ここでいう「マネをする」ということは
そのようなイミテーションの勧めではありません。

いまから約2千7百万年前、
ギリシャの詩人、ヘシオドスも次のようにいっています。

「最もよいのは、この先、そして最後もうまくいくと確信して、自分で全てを作り上げる人です。次によいのは、人の助け船に耳を傾ける人です。しかし、そのいずれでもないのは、どうしようもない人間です。」

よいアイディアが出ない時、
成功している事例をマネることも、
袋小路が出る一つのきっかけになります。

成功している事例をスプリングボードにして、
追いつき、追い越せばよいのです。



[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/111-09862f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック