算多きは勝ち、算少なきは勝たず、いわんや算なきにおいておや

ここでは、「算多きは勝ち、算少なきは勝たず、いわんや算なきにおいておや」 に関する記事を紹介しています。

〓算多きは勝ち、算少なきは勝たず、いわんや算なきにおいておや〓


「算多きは勝ち、算少なきは勝たず、いわんや算なきにおいておや」

これは、孫子の言葉で、
勝算が多ければ勝ち、勝算が少なければ負け、
何も考えていないなんて話にならないという意味です。


すべての仕事を始めるには、その前によく検討し、
成功する見通しを確かめておかなければなりません。

見込みが十分なら成功し、少なければ失敗します。

これはわかりきったことであるのに、
世の中には全然成功の見通しをつけないで、
仕事を始める者が意外に多いのです。
失敗するのは当然です。

あなたの願望や目標は、達成できる見込みがあるでしょうか?
多くの人はこの質問に明確に答えることができません。
行動に起こす前ならなおさらです。

著名な戦略家のクラウゼビッツも

「勝つ見込みのあるなしの判断に必要なデーターのうち、75%は不確実である」

と言っています。

戦いはバクチの要素を多分に含んでいるものです。

大きな目標ほど、その達成の見込みを考えるとなると、
見込みがあるのかないのかさぱりわからないことが多いです。

しかしながら、達成の可能性はあります。


孫子の言葉の前提にある戦争の場合には、
敵の人数、敵将の器量、敵の経済状態などで、
ある程度成功するか否かの見込みを立てることはできます。

しかし、私達が挑む現代の目標は、
そうはっきりと測り知ることができるものばかりではありません。

そこで登場するのが、勘とやる気です。
「やれそうだ!」というのが勘で、
「やるぞ!」というのがやる気です。

これが目標達成を可能にするキーワードです。






>>>ジェームス・スキナー講演会




[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifecompassblog.blog2.fc2.com/tb.php/107-008f3b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック