人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

GWですね。
お子さんがいる家庭は一緒に出掛けたりして楽しい思い出を作りましょう。
今回は、子育の参考にもなる話をしたいと思います。

権威と思想の自由。
この二つの間にはいつの時代にも戦いがあり争いがあります。

家庭に置き換えれば親の権威と子供の表現の自由という問題があります。

子供には未来と希望があり、親には成熟と知恵があります。

親として、この成熟と知恵を背景としない、ただ親の権威だけを振りかざす懲罰は間違っています。

子供たちはクリエイティブな指導を求めています。

懲罰というのは実は子供側ではなく、親側にとってのリトマス試験紙なのです。

クリエイティブな懲罰がどのようなものかを教えてくれるのは理解と自尊心です。

自分自身に対する理解と尊敬、そして子供に対する理解と尊敬の心があれば親の懲罰は正しい道を示すためのものであるということが子供にもわかるはずです。

決して憎しみから罰しているのではないという親の気持ちが必ず子供の心に届くはずです。

クリエイティブな懲罰はむしろ、親子の間に心の通い合いを生み出します。

いくつもの挫折や失敗を経験して年輪を重ねてきた親と、これからいくつもの困難に出くわすであろう子供の間に連帯意識を生み出すからです。

この連帯意識、そして友好関係を築くことがまさに懲罰の意味なのです。

親が自分自身を尊敬できていれば、それを手本にして子供にも自分を大切にしようとする気持ちが芽生えるでしょう。

親が心がけるべき大切なことは、自分をコントロールできて初めて他人への懲罰も力を持つということです。

つまり、不安や怒りといった感情をコントロールし、理解や自尊心という人生の成功につながる感情を効果的に生かすことがまず大切です。

あなたのセルフイメージをそのまま子供に押し付けるべきではありません。

子供には子供のセルフイメージがあります。

あなたの務めは子供にとって、それを変えることも受け入れることも自分次第なのだということ、自分が努力すればできるということを子供に悟らせることなのです。

「人は自分以外の誰をも罰することはできない。」

ギリシャの哲学者、セネカの言葉です。

長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

関連記事

関連タグ : 人間関係,