人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

私たちの居場所。

私たちが属している場所とはどこでしょうか?

もちろん、それは自分自身の内側に他なりません。 私たちは皆、自分の心の内側の小島に住んでいるようなものです。 そこは、人によって灰色の岩石に覆われた月面のように不毛な島である場合もあれば、色鮮やかな果樹園のように実り多い美しい島の場合もあります。 目標に向かってクリエイティブな努力を続けていくあなたの内側には美しい島があるに違いありません。

ストレスや緊張感に襲われたら休暇を取って、自分の内側にある美しい島に出かけましょう。 毎日少しづつでも良いのです。 お金も全くかかりません。 その心の休憩所で毎日5分づつでもちょっとした休憩をとることを朝起きて顔を洗うように、当たり前の日常の習慣にしてしまえばいいのです。

プレッシャーに負けそうになったり、ストレスを感じたりしたとき、そういったときはすかさず心の休暇をとることです。 リラックスして緊張感を開放し、目の前に立ちはだかる問題に十分に対応できるようにエネルギーを補給するのです。

自分の内側にある美しい小島での休暇。

素敵ですね。

でも、いつまでもそうしているわけにはいきません。 なぜなら、もちろんあなたはあなた自身に属していますが、同時にこの世の中にも属しているからです。

人は、自分ひとりで生きているわけではありません。

自分の内面から得られる幸福もありますが、一方で多くの幸福を外部から、つまり世の中から手に入れているのです。

大きな自分に向かって、日々努力を続けながらも、たくさんの人々があなたを必要としていることを、そして大きな自分がこの世の中に属しているのだということを忘れてはなりません。

成功も、大きな自分も他人と分かち合えないのならば、本当の意味で大きな自分に到達したとは言えないのです。 困難に出会ったら他の人にも勇気を分け与えるのです。 自分の為だけでなく、他の人の為にも立ち上がり、災難を幸運に変えてしまうのです。

どんな人でも災難に出会うことがあります。 周囲に災難に困っている人がいれば、惜しまずに助けてあげて下さい。

私たちはそんな時、お互いに助け合うために存在しているのですから。

長文読んでいただき感謝します。
関連記事
[仕事の悩み] ブログ村キーワード


「真実の自分を発見する」

これは口で言うのは簡単ですが、実際には人生をかけた大仕事です。
一年や二年でやろうなどと焦ってはいけません。
本当の自分を見つけるということは最高の幸福に向かう素晴らしい旅です。

ではどうしたら真実の自分、本当の自分に出会えるのでしょうか?
まず、本当のあなたは数え切れないほどの資産、そして負債から成り立っているということをよく考えてみましょう。
あなたの資産は自尊心、自信、思いやり、勇気などです。
負債は挫折感、孤独感、憎しみ、劣等感などです。

次に、その負債と資産があなたのセルフイメージにどんな影響を与えているかを考えてみましょう。

負債の方は、あなたの内側にちっぽけで情けない自分を作り出しているのです。
反対に資産の方は、あなたの内側に大きく頼もしい自分を作り出しています。

あなたという人間は、あなたをより成長させる大きな自分と、あなたのやる気をなくさせるちっぽけな自分。
この二つを組み合わせた共同体です。

ちっぽけな自分が持つ否定的なものの考え方、消極的思考は、あなたの中の赤信号です。
せっかくあなたの持ってる資産の部分、つまりあなたのプラスの面、積極的な面をいつも反対の方向、マイナスの方向へと引っ張りあなたを立ち止まらせようとします。
大きな自分は青信号です。
この青信号が消極的な思考に惑わされないでゴールに向かって迷わず突き進みなさいと励ましてくれます。

本当の自分を見つけるのに完璧なやり方は手順はありません。
たとえ完璧でなくても日々自分なりにベストを尽くすことが大切です。
ベストを尽くしてさえすれば、人生において計り知れないほど大きな財産を築くことができます。

それではベストを尽くすとはどういうことでしょうか?
それは人生の様々な問題を乗り越え、日々の困難を克服し、挫折感や孤独感、不安や無力感に打ち勝って諦めずに一歩一歩前に進むということです。
クリエイティブに生きるのだという意欲を持ち、身近な目標の達成に向かって努力し続ける限り、本当の自分にもう出会ったも同然です。

毎日が新しい人生の始まりであり、新しいチャンスとの出会いの日です。
根気強く、本当の自分を探し続ける限り、幸福はおのずとやってくるでしょう。

ベストを尽くして本当の自分を見つけ出してください。



長文読んでいただき感謝します。
関連記事