人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

〓成功のメカニズム〓

成功はあなたの内側にある成功のメカニズムによって決まります。 成功のメカニズムとはどういうものか?

成功を英語で書くと、

SUCCESS

です。 このアルファベット7文字一つ一つに成功のメカニズムの7つの要素があります。

最初のSは、 センスオブディレクション。(sense of direction) すなわち方向性です。 自分の能力を正確に把握し、確固たる目標を定めることです。 進むべき方向性を決めて、着実に一歩づつ前進するのです。

次のUは、 アンダスタンディング。(understanding) すなわち理解です。 自分自身が望んでいることを知ると同時に、他の人々が何を望んでいるのかを理解することです。 あなた中心に世界が回っている訳ではありません。 周囲の人に対する理解と思いやりを忘れずにいて下さい。 フランスの作家・アナトール・フランスの言葉を覚えておきましょう。 「多くを誤解するくらいなら、僅かなことでもよく理解する方がよい」

3つ目のCは コーレッジ。(courage) 勇気です。 チャンスを逃さない為に勇気は不可欠です。 過去の失敗を恐れない勇気。 最後まで努力し続けることが大事です。 勇気の証明は、死ぬことより生きること! 失敗を恐れず勇気ある努力を続けましょう。

次のCをは、 コンパッション。(compassion) すなわち思いやりです。 自分に対する思いやり、そして他人に対しても思いやりを持つことが大切です。 他人にも、自分にも優しい気持ちで接するなら、やるせない孤独感とは無縁になります。 思いやりが無く、独りよがりな人間では友人も少なくなります。 人として、豊かな人生をおくるために、思いやりの心を持つことは大事です。 「思いやりは人としての基本。」 これは、哲学者ショーペンハウエルの言葉です。

次のEは、 エスティーム。(esteem) 尊厳、すなわち自尊心です。 自分で自分自身を軽蔑しているような人間を他人が尊敬するはずがありません。 「人は儲けたものを失っても、与えるものを得る。」 人に与えることで、自分の内側で自然な自信や自尊心が育まれていきます。 自分を軽蔑すること無く、正当に評価し、何事にも献身的な態度の人間を人は尊敬するものです。

次のSは、 セルフアクセプタンス。(self acceptance) 自己承認です。 自己承認とは、ありのままの自分を受け入れる姿勢。 自分以外の誰かになろうとするのではなく、ありのままの自分を受け入れる姿勢が必要です。 バーナード・ショーいわく、 「心の窓はいつも磨いておかなければならない。 なぜなら、人はその窓から世間を覗いているのだから。」 あなたの価値観は、あなたのセルフイメージを通して決定されます。 いわば、セルフイメージがあなたの心の窓です。 ですから、いつもあなた自身のセルフイメージを透明に磨いておく必要があるのです。

最後のSは、 セルフコンフィデンス。(self confidence) 自信です。 過去の成功で手に入れた自信をいつまでも心に留めておいて下さい。 プロのスポーツ選手は毎日毎日、勝つための努力をし続けています。 過去の失敗より次回の成功を重視しています。 過去成功を自信にして次回に望むのです。 100戦100勝などありえません。 この明らかな事実を受け入れて、あなたも自信を持ち、人生のチャンピオン目指してスポーツ選手の努力を見習って下さい。

方向性、理解、勇気、思いやり、尊敬、自己承認、自信、

この7つの要素からなる成功のメカニズムがあなたの中で動き始める時、成功の扉は自ずと開かれます。

長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事