人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

〓今日が最良の人生の始まり〓

リンカーン大統領の顧問が政府のメンバー候補として、
ある人物を推薦したところ、リンカーンがその人物の顔を理由に退けたというエピソードは有名です。

理由を聞かれて、リンカーンは「彼の顔が気に入らない」と言ったことに対して、
驚いた顧問が、「彼の顔と人格とはなんの関係もないのではないのでしょうか?」
と言うと、リンカーンはそれに対して、
「人は40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持たねばならない。」
と答えました。

この言葉に顧問は何一つ言い返すことはできませんでした。

あなたは、自分の顔に責任を持っていますか?

ここで言っている顔とは、交通事故で傷があるとか、生まれつき障害があるといった外見上の顔のことではありません。

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任をもて」とリンカーンが言ったのは、
40年とういう歳月は、人の顔に様々な歴史を刻み、それなりの影響をおよぼすはずだと信じたからです。

40年という長い年月の間に人は、多くの喜びや悲しみに出会い、失敗や苦しみを重ね、孤独感や失望感を味わうことでしょう。

そして、こうした試練と戦いの中から、それを乗り越える勇気と決断力を身につけるのです。

こういった精神的なアップダウンを幾度と無く繰り返し、それを乗り越えながら、人は年齢と共に心の広さや思いやり、知恵といったものを身につけていきます。

自分のことだけではなく、自分以外の人間の気持ちや、求めているものも理解できるようになり、優しさや思いやりを自然に表現できるようになります。

また、怒りや憎しみ、頑なさといった良くない感情をできるだけ自分から切り離し、
不安や孤独感に勇気をもって立ち向かって行けるようになるのです。

こんなふうに年齢を重ねていってこそ、大きな自分に出会えるのであり、
顔にどんなにシワができても、心は瑞々しい美しさを保って行けるのです。

イギリスの文豪シェクスピアは、「真実の自分自身を保つべし」と言いましたが、
真実のセルフイメージを保つことによって、人は常に最良の顔でいることができるのです。

希望とは未来への案内人です。

大災害が続いて起きたりすると、人々はよく「人類の未来はどうなるのか」と不安になったり、心配になったりします。

しかし、人類の未来は私達一人ひとりがどんな人間であるのか。

つまり、私達が自分の人生において何を求めているのか。

それによって決まるのです。

自分とは何か?

自分とはいったいどんな人間なのか?

日々、それを自分自身に問い続けることが大事です。

そのことが、あなたを取り巻く状況に応じて、毎日あなたのセルフイメージを調整し直すことになるのです。

セルフイメージとはあなたの自分自身に対する意見であり、評価そのものです。

セルフイメージは、人生という旅の地図を進むに連れて常に変化していきます。

眠っている間でさえどんどん変化していきます。

なぜなら、例え眠っていても潜在意識に於けるメカニズムは常に活動しているからです。

その、セルフイメージを正しい姿に保つためには自尊心をしっかり持つことが肝心です。

しかし、一番大切なのはセルフイメージそのものではありません。

大切なのは、あなたがどんなセルフイメージを持つか。

つまり、あなたが自分自身をどのように評価するのかではなく、そのセルフイメージをどう使うかということです。

あなたが、今現在どんな人間であるかということよりも、
日々成長し、行動し、反省し、やり直し、また成長しながらどんな人間になっていくか、
その方がはるかに大切です。


他人を尊重しながらも、一方で自分自身を失わずに行動し、
人に与え、人と分かち合い、そして成長し、どんな人になっていくか、
何になっていくかということに、人間としての希望が、人類の未来がかかっているのです。

悪意や、憎しみを取り除いて常に自分自身を振り返り、
セルフイメージを調整し続けることによって、より充実した幸福な人間になれます。

さあ、毎日自分自身に言いましょう。

「今日が最良の人生の始まりだと」

そして、本当にそのように信じ、実行することによってより良い人生を生きることができます。

長文読んでいただき感謝します。

頭の回転を速くする4倍速CDプログラム【自己啓発】【IAX研究所】

<PR>
方法・ノウハウ・知恵袋

井上裕之100万部突破記念ライブ『価値ある生き方をするたった1つの方法』


関連記事