人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

頼んだことに対して、「NO」という人にはどうしたらいいのか



今日から、4月。
新年度ですね。
気持ちも新たに頑張って行きましょう!

今回は、頼んだことに対して、
「NO」という人には、どうしたら良いのかについて書きます。


まず、あなた自身が、
「NO」という人と気持よくやりあうのを楽しみ、
ワクワクするとうのでなければ、
他人にあなたの望みどおりにしてくれるよううまく頼んだり、
人間を動かす必要のある仕事にどんなレベルであれ従事するには、まだまだ未熟だということなります。


「NO」といわれて、パニック状態になり、
望みのものを求めて頼むということを諦める前に、
「NO」という答えが本当に意味しているものが、
何であるかを考えるようにしましょう。


あなたの頼みに人が「NO」と答える場合、
その意味しているものは次のどれかです。
いくつかの意味がからみ合ってることもありえます。


「NO」という人は、
あなたの頼みが自分の得になるか確信が無いのです。
あなたの頼みは、彼らにとっても得なものだと確信が持てさえすれば、
彼らはとたんに熱心になってあなたの頼むとおりにしてくれます。

相手はプライドがあるから、
心変わりするのでは?とは思ってはいけません。

あなたの頼み通りにしても損はない、
それどころか得だという事に確信が持てれば、
彼らは少しも恥ずかしいという風など見せずに
「YES」といってくれます。



考える時間をかせぐために「NO」という人もいます。

こうゆう人は、以前大急ぎで決断させられて後でその決断を悔やんだ経験がり、
そんなことが習慣化しては困ると思ってるので、
自己防衛の手段として「NO」と言ってるのです。

彼らは、ゆっくりと考え、ゆっくりと決断する人たちです。

こうゆう人たちには、
急がせたり、
圧力をかけたりという様子は禁物です。

相手が、自分にとって一番良い決断をする助けをしたいのだと請け負って下さい。


もちろん、それなりの正当な理由で「NO」という人もいます。

この場合は、気持よくその場を去り、
平均の法則によって、
次の相手には必ず「YES」といってもらうと固く信じながら、
望みのものを手に入れる為に、
望みのことをしてもらうために次の相手に行きます。

頼み続けることです。

そうすれば、平均の法則が必ず望みのものを手に入れられることを証明してくれてます。




長文読んでいただき感謝します。


<PR>
松宮義仁、松尾知枝『成功が超加速する、デキる男の新習慣』

>>>話題のセミナー・書籍ナビ: 今話題のセミナーなど生涯学習情報や、注目書籍の紹介を中心に悩み解消の参考情報などのナビサイトです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 営業ノウハウ, 目標達成,

〓頼むという行為のテクニック〓



今回は、「頼む」という行為に、
人間影響心理学の原則を当てはめたものを幾つか紹介します。

頼み方にはテクニックが必要です。


1,礼儀正しく頼むこと。

言葉上の礼儀だけでなく、
「お願いします」という言葉を付けるだけなく、
非常に礼儀正しい態度で頼むことです。


2,期待して頼むこと。
声も態度も、礼をつくし、
相手に対して、期待に満ちて頼めば相手も喜んで答えてくれます。


3,理にかなった頼みをすること。

何をどう頼むかに関わっています。

理の通らないことは、
ただ頼んだからといって、
してくれるものではありません。

理の通らないことを頼めば、必ず好ましからずツケが回ってきます。

頼む内容も理にかなってなければならないのはもちろんですが、
理にかなって聞こえなければなりません。

あなたの頼みが理にかなったものであればあるほど、
理にかなって聞こえれば聞こえるほど、
受けてもらえることが多くなります。


4,説得力をもって頼むこと。

決して要求してはいけません。
「要求」とうい言葉もつかってはいけません。

要求しているという響きさえも決して持たせない様にして下さい。


5,気持よく頼むこと。

プレッシャーは無し。
プレッシャーをかけているという風の声や態度はいけません。

プレッシャーかければ抵抗が生まれます。

抵抗は、あなたが望むものの正反対です。

あなたが欲しいのは「合意」です。
「協力」です。「友好的な服従」です。


6,前向きに頼むこと。

声や態度などあらゆるものであなたの気持ちを示せば、
相手は喜んで頼み通りに、気持ちよく協力してくれます。


7,断固として頼むこと。

これは、上手く頼むテクニックのうちで、最も難しく大切です。

あなたの頼みは非常に理にかなって論理的で公正なのだから、
「頼みが叶えられるまで気分よく押し続けるぞ」
という断固たる印象を与えなければなりません。

このためには、
ずっと諦めないという含みを持たせつつ、
断固として頼みながらも礼儀正しく理にかなって、
説得力をもって気持ちよく、
不快なプレッシャーは一切かけず、
威嚇的な論調も一切無しという技術が必要です。

「NO」と言われても、そのまま引き下がることは無い、
それどころか一歩も譲らず、
穏やかに、「なぜです?」と尋ねるであろう印象を与えましょう。

そして、急がず慌てず、論理的な答えを待ちます。

あなたの態度に押し付けがましい所があってはなりません。

プレッシャーを感じさせるようなことがあってはいけません。

あなたは、気持ちよい忍耐心を持って、
あなたの頼みの適切さが理解され、
最終的には、その頼みが受け入れると疑っていないというはっきりとした印象を与えましょう。

不適切にも頼みを拒絶して時間をとられるなどのリスクを犯すよりは、
あなたの頼み通りにするほうが楽で気持ちもよく、
心よいということを友好的な形ではっきりさせましょう。

プレッシャーをかけずに押し続けるという技術を磨いて下さい。

この技術を身につければ、
他人にとって、あなたが頼むとおりにしないよりも、
結局はするほうが楽だという風にもっていくことができます。


長文読んでいただき感謝します。


<PR>
松宮義仁、松尾知枝『成功が超加速する、デキる男の新習慣』

>>>話題のセミナー・書籍ナビ: 今話題のセミナーなど生涯学習情報や、注目書籍の紹介を中心に悩み解消の参考情報などのナビサイトです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 自己啓発, 目標達成,

〓魔法のことばASK〓


前回は、「ASK」について書きました。

頼めば与えられます。

頼めば、他人はあなたの望みを実行します。

なぜなら、人は子供の頃から頼まれたことはするようにと家庭で教えられてるからです。

子供に、母親が

「誰だ?」

と尋ねます。

子供は「ママ」と答えます。

「ワンちゃんはなんて言ってるのかな?」

と尋ねます。

そうすると子供は「わんわん」と答えます。

こうして常に質問が続きます。

常に期待通りの反応や行動を求める質問が発せられます。


常に尋ね、反応を要求するこのようなやり取りが続きます。


学校に入ると教師の尋ねたことに答えることに多くの時間を取られます。

毎日、毎週、毎年、尋ねられることで、、
意識的、かつ潜在意識的に心理的条件付けがされていきます。

そして、頼まれたこと、尋ねられたことに服従するという学習経験が成立し、
無意識の習慣、生き方になります。

ビジネスの世界に入るとボス、ボス、ボスの世界になります。

新入社員の時は全員があなたのボスです。

大企業の社長になると、役員会が、会社の顧客が、政府の統制機関がボスになります。

組織内の無数の人々があなたのボスになります。

たいして力がないながらも、あなたに頼んでくる人たちです。

つまりどこまで行ってもボスとは縁が切れないのです。

ビジネスの世界では、あなたに何かをするように頼むのがボスの仕事であり、

頼まれたことをするのがあなたの仕事です。

こうしてビジネスの世界は動いています。

これはあらゆるレベルの管理雇用に当てはまります。

あなたは、頼まれたことを即座に礼儀正しくすばやく成し遂げます。

さもなければ、解雇にもなりかねません。

トップへの道を、戦いによって、勝ち抜いてビジネスの世界リーダーになれるという時代は終わりました。


あなたは、仲間によって持ち上げなければなりません。

あなた自身を持ち上げやすい存在にすることです。

頼まれたこと、尋ねられたことに答え、それを気持ちよくテキパキと実行します。

そして、頼まれた以上のことを更にすることです。

また、あなた自身も、頼んだり尋ねたりすることも大事です。

管理者側にどうゆう形であなたがもっと役にたてるのか尋ねたりするのもいいでしょう。

人に何かをしてくれるように、
あるいは情報をくれるようにと頼む場合、
相手は生まれてからずっと頼まれたとおりに実行するように訓練され教えこまれ条件付けされてきたのです。

ですからとにかく頼むことです。

人が、頼まれたとおりにする何よりも大きな要因は、
人の持つ
「大切な存在でありたい」
という願望です。

これを念頭におけば不必要な衝突が避けられます。

頼まれた相手は、
あなたより優れていると感じ、役にたてたという満足感を得られます。

同時にあなたは、頼んだものをもらえたわけです。

そして、大切な存在だと感じてもらえる助けをしたという満足感が得られます。

あなたの依頼が理にかなった、礼儀正しいものであった場合、
相手としても、それを断るのは失礼で無礼だと感じます。

ほとんどの人がそうした不快な立場にたつことは好まないでしょう。

もちろん例外の人もいるでしょう。

あなたの頼みを拒絶し、
理にかなった質問をしても礼儀正しく答えれくれない人もいます。

そうした、頭の硬い、心の病んだ人の存在で心を悩ませることはありません。


正常な人で、
何らかの情報や行為を求める筋の通った礼儀にかなった依頼を無視できる人はほとんどいません。

それは、自然の本能であり、条件付けられた反応でもあります。

頼まれたことに、色よく反応するのが条件反射であり、
幼少期から絶え間なく続き、実業界ではものを行う為のれっきとした原則となってあらゆる人の中に育っているというのが心理学者の科学的発見です。

これが、あなたが頼むと、そのとおりにしてくれる理由です。


ASK(頼む、尋ねる、求める)が望みのものを手に入れるもっとも手っ取り早く、シンプルで確実な方法です。


長文読んでいただき感謝します。

<PR>
松宮義仁、松尾知枝『成功が超加速する、デキる男の新習慣』

>>>話題のセミナー・書籍ナビ: 今話題のセミナーなど生涯学習情報や、注目書籍の紹介を中心に悩み解消の参考情報などのナビサイトです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 目標達成, 能力開発,

〓魔法の言葉〓


今日で東日本大震災から2年が経ちました。
2年前のこの日の出来事を忘れないようにしましょう。
家族の大切さにとても気付かされた日でした。
世の中には感謝することがたくさんあることを知りましょう。

毎年この日を、
普段連絡取れてない友人や家族とコンタクトをとってみる日にしてみても良いかもしれませんね。


今回は、魔法の言葉について書いてみます。


それは、

「ASK」です。

求める、尋ねる、頼むという意味です。


人は子供の頃から、相手に求められたことをするように訓練されています。


尋ねてみましょう。

あなたの教養を高めたいと思う人の数の多さに気付くはずです。
専門家に尋ねれば、専門家のアドバイスを受けることができます。


値引きしてほしい、もっと良い条件にして欲しいと、尋ねてみましょう。

それだけで、かなり節約ができます。

買う前にふたり以上の売り手に尋ねましょう。


エレベーターやバスを待ってる時など、
何もすること無く他人と短時間を過ごすことがあったら、
相手に何か気持ちの良い事を尋ねてみましょう。

天候について、あたりの混雑についてなど、
一般的で気軽な質問をしてみましょう。

ポイントは気軽なことです。
攻撃的になったり、尋問的になったり、
出過ぎたり、相手に不快を与えてはいけません。

気軽に一言二言交わしたり、尋ねるだけでいいのです。

陰気に黙りこくってお互いに見合ってるよりずっと気持ちが良くなります。

楽しい会話術を身につける絶好の訓練の場になります。


重要人物に懸命で適切な質問をし、
相手の意見、アドバイスなど相手と知り合えるチャンスを与えてくれるようなものを求めましょう。

相手が必ずあなたを覚えていて、
あなたとコンタクトをとりつづけるようにしましょう。

あなたが、会いたいと思う100人のリストと作り、
この尋ねるという方法をつかって相手に会ってみましょう。

ただし、努力はいります。

どうやったらもっとうまく出来るのかと自分自身に尋ねて質を向上させましょう。

どうやったらもっと多くできるだとうと自分自身に尋ねて量を向上させましょう。

この2つの答えがビジネスでの成功の鍵になります。

答えを知らなければ、知ってる人を見つけだして、
答えがしっかりわかるまで尋ねましょう。

成功するためには、答えが必要です。


尋ねることのメリットは他にもあります。


かかりつけの医師に尋ねましょう。
重い病気や手術を未然に防げるかも知れません。

歯科医に尋ねましょう。
抜かれる歯を抜かれる前に治せるかもしれません。

メリットが多く掛け金が少ない新しい保険がないか保険業者に尋ねましょう。
こちらが尋ねどころと、尋ね方を心得ていれば条件の良い商品が見つかります。

専門家に尋ねることで得をします。


募金集めの経験者は頼むことだと言います。
何億という募金が毎年チャリティによせられるのも人がそれを頼まれるからです。
人に直接頼まなければ寄付の額も少なくなるでしょう。

政治家に票を集める手段を尋ねれば、頼むことだと答えます。
候補者はできるだけ多くの人と握手して、投票をお願いしています。

頼むこと、求めること、尋ねることが成功法の中でも重要な方法です。

あなたを知らない人が、あなたに尋ねられたからということだけで、
なぜ、わざわざ手間ひまかけて情報を提供してくれるのでしょう?


次回はこの続きを書きたいとおもいます。




長文読んでいただき感謝します。


<PR>



>>>話題のセミナー・書籍ナビ: 今話題のセミナーなど生涯学習情報や、注目書籍の紹介を中心に悩み解消の参考情報などのナビサイトです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 目標達成, 人間関係, 能力開発,

〓行動すること〓

ハリウッドの俳優さんが、人を惹きつける為に、心がけてる事として、
魅力的な内面の輝きを保つ
魅力的な外的輝きを放つ
目で微笑する。
ということがあるそうです。

正しい相手に対して、
正しい場所で、正しい時に実行するよう心がけてるそうです。

また、良い友人を作り影響力を利用することも大事です。


次に、豊かな人生にするためのいくつかのヒントを紹介します。

<圧倒的なサービスをする。>
最も良いサービスはあたり前です。
なので、目ざましい結果は望めないのです。
「圧倒的」というのが大事です。

この圧倒的サービスを、
他の者がしたり、できたりするよりずっと多くのことを
あなたが影響したいと思う相手に対して継続してすることです。

あなたに対する直接の見返りが少なければ少ないほど、
相手は、彼らを助けようとするあなたの態度に感銘を受けます。

しかし、予期されている通りの普通の日常的サービスではなんにもなりません。

あなたの望むものに直接には関係の無いサービスも含めてサービスで圧倒しなければなりません。

ただし、良識をわきまえて、相手にうっとうしがれれないようにしましょう。

友人、知人が更に大きな成功をおさめられるようにと、
常に助けを惜しまないようにします。


<無限のエネルギー>
持てるものと持たざるものとの源は、
実行したものと実行しなかったものとの違いです。

慢性疲労は、退屈、不安、イライラ、心配、罪悪感、怒り、怨みなどが潜在意識の奥深くにあることから生じます。

行動することである程度解消できます。
運動もいいですね。
「運動」は読んで字のごとく、運を動かしてくれます。
動くことによって、体も健康になりますし、気持ちも切り変えられます。

ある有名な人が、こんなことを言ってました。

「まず行動があって、それから感じるようになります。」


エネルギッシュに行動しましょう。
なすべきことをなして下さい。

したい気持ちにならないときはなおさらです。

すると、それをするだけのエネルギーを持ち合わせてるこに気付きます。

エネルギッシュになりたければ、エネルギッシュに行動しましょう。

今すぐに。



長文読んでいただき感謝します。



>>>話題のセミナー・書籍ナビ: 今話題のセミナーなど生涯学習情報や、注目書籍の紹介を中心に悩み解消の参考情報などのナビサイトです。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 自己啓発, セミナー,