人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

〓人間の脳とコンピューター〓



私達人間の脳をコンピュータ-ハードウエアに例えると、
私たちの心の動きや、価値観、生き方などはソフトウエアになります。


成功する人間の脳には、
成功する為のソフトが入っているので、
イヤでも成功してしまいます。

逆に、凡人の脳には、
成功できないソフトが入っているので、
成功したくてもなかなか成功できません。



世間には成功者の体験を聴いたり、
講演会に出たり、
成功の為のマニュアル本を一生懸命に読んで
何とかして成功しようと努力する人がいます。


しかし、それで成功できるのは、
もともと脳に「成功のソフト」が入っている人だけです。


そういう人は成功者の体験談や成功哲学、
マニュアル本から何かをつかみとり、
より大きな成功を手にするための戦略戦術を自分のものにできます。


しかし、脳に「失敗のソフト」が入っている人は、
成功の話をいくら聴いても、机上の空論でしかありません。



「話を聴いた」というだけで終わってしまいます。



時には成功者の戦術だけをマネして、かえって失敗を招くこともあります。



なぜなら、「成功のソフト」がインストールされた脳は、
どんなジャンルでもその人を成功させずにはおかないし、
「失敗のソフト」であれば、
本人が努力をしているかどうかなどには一切おかまいなしで、
何が何でも失敗させることになります。



ハードウエアとしての人間の脳にはそれほど大きな能力差はないです。

例えば、メーカーが、パナソニックでも東芝でもソニーでも、
パソコンのキャパシティはほとんど差がないのと同じです。

パーソナルコンピューターがパーソナルであるゆえんは、
そのハードウエアにユーザーがインストールしたソフトによって
全く同じキャパシティの機械が
まるで違った能力を持つようになるところにあります。



私たちの能力も人によって違います。



またその能力を使って、切り開いていく人生も千差万別です。



世界の未来を変えてしまうような成功者もいれば、
自分のペースを守り、着実に実績を積み上げていく人もいます。

その一方、何の希望も無く、
毎日与えられた仕事をこなすだけの人間や、
ホームレスとなる人もいます。
中には、犯罪を犯し、自らを破滅していくような人もいます。


しかし、こうした人達のハードウエアは同じです。


約200億個の神経細胞という同じ容量を備えた脳です。


ただ、それぞれの脳には別々のソフトがインストールされていて、
脳というコンピューターが実行するソフトの違いによって
これほど大きな人生の差になってしまうのです。


逆を言えばソフトを変えれば、人生を変えることも可能だともいえます。


次回はこの続きです。


頭の回転を速くする4倍速CDプログラム【教育教材販売のIAX研究所】



[仕事の悩み] ブログ村キーワード

関連記事

関連タグ : 人間関係, 目標達成, 能力開発,

〓予感が現実をつくる〓

「10年後には、独立したい。年収は10倍くらいほしい。その頃にはマイホームを手に入れていたら嬉しい。」

これは、予感ではなく、希望的観測です。

実は、

「できる」



「したい」

との間には信じられないほどの距離があります。

「~したい」「~であってほしい」という希望の裏には、

「無理かもしれない」

という予感が必ず潜んでいます。

どちらが実現しやすいかと言えば、

表面の意識的希望より、はるかに強力な無意識的予感の方です。

もし、ツキのない予感、ツキのない無意識しか持てない男と出会い、 結婚までしてしまったというなら、 その女性は、もともとツキの無い女性だったともいえます。

「家を買うなら都心のマンションか、郊外の一戸建てだいいか」

そんな言葉を信じてしまったからではありません。

相手の言葉を信じることができず、 良い予感を抱けなかったところにツイていない人間のツキの無さがあります。

もし、彼女が、彼の言ったことを本気で受け止め、 その言葉通りに10年後を予感していたら・・・。

彼の言葉は現実になっていた確率は高いです。

というのも、彼女が成功を予感していたら、 二人の心の在り方は、全く違ったものになっていたはずです。

仕事に対する意欲や情熱は、もちろんですが、 貯蓄や、倹約の仕方まで違ってたはずです。

しかし、ツキの無い人は、悪い予感を持ちます。

「この人じゃ、できるはずない」

と予感してしまうのです。

予感が現実をつくります。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, メンタルヘルス, 副業,

〓予知能力と結果〓


今回は、予知能力と結果との関係についてです。


仕事のできる人間はなぜか賭け事も強い。

仕事のできない人間は、賭け事も弱い。


仕事のできる人間は、賭け事やゲームでも不思議とツイています。
これは、その人の頭脳の優秀さとか研究熱心とは別のことです。
実際、ツキがなくなると、これが同じ人間かと思うほど負け続けるからです。

仕事でツイて、賭け事にも強くて、そんな時は異性にもモテてしまいます。
そんな羨ましい現象がなぜ起こるのか?

偶然でしょうか?

そうではありません。

こういったツキは、その人の予知能力と深く関係しています。

予知能力というと、オカルト的なことを連想しがちですが、
この予知能力は、実は誰にでも備わっています。

昔の人は、「虫の知らせ」とか、
「胸騒ぎ」とか、
「正夢」「カン」「第六感」「ひらめき」などといっていました。

予感が正しく働いて、未来を思い通りに予知できれば、
仕事も勝負事もうまくいかないはずはありません。

予知能力なんて、非科学的なものは存在しないと思う人は、
スポーツという真剣勝負の舞台で起きていること、
をしっかり見てみると良いです。

そこで活躍しているのは、
必ず、優れた予知能力、研ぎずまされた第六感を持ってる人たちです。


サッカーでも、そういった人たちは、ボールを追って走るのではなく、
ボールの方が、選手を追っています。

そう見えるほと、どこにボールが飛ぶかということが的確に予知されています。

スポーツの世界では、予感は、即座に現実に変わります。

短い時間の中で、勝ち負けがはっきりと劇的にあらわれてしまいます。

そこでは、どんな予感がどんな結果と結びついたというのがよくわかります。

その原則は、スポーツだけではなく、
仕事や、受験、恋愛など様々なことに当てはまります。



この仕事はうまくいかない。→失敗する。
この目標は自分には無理な気がする。→達成できない。
あの大学は受かりそうな気がしない。→落ちる。
彼女に愛されるなんてありえない。→相手にされない。


結果を作るのは、予感であり、予知です。


では、全ての予感が当たるのかというとそいではありません。

当たる予感と当たらない予感がありますが、
不思議なことに、悪い予感の方があたりやすいです。

悪い予感の方があたりやすいのには理由があります。

その一つは、悪い予感は、努力の必要がないです。

一方、良い予感が実現するためには、何らかの努力が必要です。


人生では、良い予感を多く持った人間が勝ち、
悪い予感を多くもってしまった人間が負けます。


感性を磨く為にも、日々の努力は、必須ですね。




頭の回転を速くする4倍速CDプログラム【教育教材販売のIAX研究所】



[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 予知能力, 目標達成,


〓娑婆訶〓

今日は、ちょっとした豆知識の話です。

娑婆訶(そわか)とは、般若心経の最後に出てくる言葉です。

成就するとか完成するという意味です。

つまり、悟りの世界へ行けたということですね。

普通、それには何年もの辛い修行をしないと行く事はできません。

座禅を組み、断食し、滝に打たれて、回峰行で一日中、山の中を歩きます。

しかも何千日もです。

しかし、それを私達普通の人間でも出来る方法があります。

「そわかの実践です。」

「そわか」とは、

そ → 掃除

わ → 笑い

か → 感謝

です。

掃除し、笑い、感謝すると、

極楽浄土の悟りの世界が待ってるというのです。

是非、習慣にしましょう。

[仕事の悩み] ブログ村キーワード

関連記事

関連タグ : 娑婆訶, 人間関係, 能力開発, 目標達成,