人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

〓「願望」とうい孵化可能な卵〓


以前旅行に行った時の話です。
ニューヨークのダウンタウンの子どもたちは、
路上に落とされた小さなダイム(日本で言えば10円玉でしょうか)を
ほとんど、名人芸のように探し当てていました。

名人芸と言うくらいですから、ほとんどキョロキョロしません。

心理学者が、実験で、貧しい子どもとそうでない子どもを二手に分けて、
このダイムを見せたところ、貧しい子どもの方が、懐の豊かな子どもより、
ダイムを見かけより、「大きく見える」ということを明らかにしました。

この実験によって、ダウンタウンの子どもの芸当は、
科学的な裏付けを得たわけです。

この小さな名人たちは、ダイムが「大きく見える」ようで、
また、「拾われるのを待ってる」ように見え、
「地面から浮き立って」見えるというのです。

しかし、懐が多少豊な子どもや、ましてや大人には、
地面と全く同じにしか見えないわけですから、小さな名人たちの主張は、
「そんな馬鹿な」という言葉で片付けられてしまうのです。


このように強い願望は、
ダイムを他人が見るより大きく、
その子どもの脳裏に映し出してくれます。

そして、切羽つまってる時には、「動き」が本能的に生じます。

ですから、彼らは、願望を達成させる術を自然に身に着けてしまっているのです。

しかし、ここで挙げた例は、願望達成としては非常に単純なケースです。

実際に生ずる願望は、ありとあらゆる条件が縦糸となり、
その時々の周囲の環境の変化が横糸となり、
同時に当人の主観的な心構え、(気後れ、焦り、一人合点、憶測、疑心暗鬼、木紛れなど)が、その織物を引っぱったり、もみくちゃにしたり、穴を開けたりで、ほとんど絶望と思われる場合もあるでしょう。

ですから、たいていの人は、
「願望は持ってるけど、ちょっと自分では無理だな。」
と勝手に考えてしまうのです。

それもそのはずです。

頭の中で、これから先の願望達成のスケジュールをあれこれと想像してみれば、とても自分の手におえないことばかりで、
「現実に戻ろう。馬鹿なことを夢見るもんじゃない。」
という結論しか出てこないからです。

ここで多くの人は、「願望」とうい孵化可能な卵を、
フライパンの縁にパーンと、うち当てて、目玉焼きにしてしまうのです。

つまり、「願望」から、単なる「夢」に転換してしまうのです。

そのほうが、その場は、満足しますし、結構楽しいからでしょう。


しかし、後に残るのは、打ち破られた殻だけです。





[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 営業スキル, 目標達成,

〓願望に対する信頼〓


これまでの大脳生理学の研究でわかっていることは、
脳は、明確にありありと頭の中で、映像化されたことと、
現実に起こったことの区別がつかないということです。

だから、脳はあることを効果的に映像化すると、
実際にそのイメージにそった指令を全身に発します。

催眠実験で、「これは焼け火箸だよ」といって、
被験者の手にただの火箸を押し付けると、
実際にやけどをおこすということはよく知られています。

心理学者のユングは、次のように言っています。

「被験者に装置を使ってサイコロを投げさせる。
その時、ある数、例えば3の数字についてできるだけ多くの回数が出るように願いを立てさせます。
この実験結果は、肯定的だった。

そして続けけていくと、
的中して、得点される数が、最初の試みの後に下がっていく傾向にあるということであり、その為に、最終結果は否定的になる。

しかし、何らかの理由で、被験者側での関心が新たなものになると、得点は再び上昇する。

このことからわかるように、
関心の欠如や倦怠は、否定的に働く因子であり、
熱中や積極的な期待、願望実現の可能性に対する信頼は、良い結果を生み、
それらはいかなる結果が出るかを決定する現実の条件のように思える。」


単なる、期待や願望はせいぜいサイコロの目をわずかに震わせるにすぎないが、熱烈な願望は、それがよく管理(マネジメント)さえされていれば、驚くほどのことをやってのけるのです。
大なり少なり、日常生活の中で思い当たることがあると思います。




[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 能力開発, 目標達成,

〓カレンダーに目標を〓

今年も早いものでもう一年の半分が過ぎました。

毎年、毎年、1月から始まって、春夏秋冬、
そして12月で終わり、再び1月から始まってとこの繰り返しです。

そしてあっという間に月日、年月は去っていきます。
これはやはりちょっと恐怖ですね。

しかし、ある方法を用いると、
この恐怖が一転して希望や人生の素晴らしさに変わります。


クラウスリズフィールドと言う人の言葉です。

「それぞれの日に目標という釘を打ち込めば、"意味"がそれら場所から止めどなく噴出し、"時"は、虹の光芒の中で、充分に消化されるだろう。
"意味"を与えられなかった月日のうえには、"時の流れ"という名の無色透明の鉄の玉が、一気にストンと下まで落ち、流れてゆくことだろう。」

この言葉はパチンコを思い出していただければ理解しやすいと思います。

パチンコ台に釘が一本も無ければ、どうなるでしょう?

当然、パチンコ玉は、ストンと抵抗もなく下まで落ちますね。

では、釘がいっぱい打ち込んであったら、どうでしょう?


玉はなかなか下まで落ちて行きませんね。

従って、途中途中の景色、
つまり虹の美しさなどを存分に楽しむことができるということです。

ここで「意味」といってるのは「生きがい」と置き換えてもいいかもしれません。


私達は小さな願望でも、大脳であれこれ考え、
また実行しているうちに、大きく成長し、
また願望実現に伴う障害にぶつかっても、
他人から見ると大変苦労してるように見えますが、
あなた自身は、「恋して通えば、千里も一里」程度にしか感じないでしょう。


人間というものは常に目標を求めています。

コリン・ウィルソン「心理学の新しい小路」の中で、次のように言っています。


「我々は、休みの予定を考える時、地図を見たり、持っていくものをあれこれ品定めしたりしますが、なぜこれほどまでに、心が浮き立つのだろう。それは、目的地に行くという目標があるからだ。」



できいれば30年くらいが一枚で見れるカレンダーに、
目標という釘をたくさん打っておきましょう。






[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 営業ノウハウ, 目標達成,

〓エディプス効果〓

エディプス効果という言葉があります。
これは、予言が実際に実現する性質をいったものです。

ギリシャ悲劇の中のエディプス神話によると、
予言者カッサンドラ(ギリシャ伝説の中のトロイアの王女。ことあるごとにトロイアの滅亡を予言したが、誰からも耳を貸されませんでした。)は、エディプスが誕生した時、

「この子は、成人すると父親を殺し、母親と結婚する。」

とうい不吉な予言をしました。

これを聞いて驚いた父親は、
エディプスを捨てたため、
テーバイ(ギリシャのボイオティア地方南部にあった。テーベとも言います。)の王に育てられます。

エディプスは、成人した後、
この予言を聞かされ、テーバイを離れますが、
その後、一人の老人と出会い、この老人を殺すはめに陥ります。
ところが、この老人こそ、実の父親だったのです。

この神話は示唆に富んでいます。
人は多かれ少なかれ、予言者カッサンドラなのです。

心の中のカッサンドラは、常に自分自身を予言し、予測し続けます。

「ダメかも知れない」

と心の中のカッサンドラがつぶやくと、
実際ダメな結果がもたらされることが往々にしてあります。

これは社会学上、「自己破滅的予言」と呼ばれているものです。

「3万6千日、夜夜まさに燭をとるべし」

と、うたったのは、唐の詩人李白です。

人生100年としても、3万6千日しかありません。

私たちはせめて日々、肯定的な心構えで、
心の中に燭をとり、自己実現に精をだす事が肝要でしょう。


人生は一度しかないのですから。




[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : エディプス効果, 人間関係, 目標達成,

〓否定語がもたらすもの〓


人間というものは、大人になるほど、
物事を肯定的に考えるより、否定的に考える傾向が強くなります。

ちょっと思いつくまま列挙しても、
次のような否定語があちこちから聞こえて来ます。

「前例がないじゃないか」
「失敗したらどうする」
「そんなことは不可能」
「他じゃやってないよ」
「時期的にうまくいかないよ」
「金がかかりすぎる」
「そんなのは以前にやったことがある」
「もうアイディアは出尽くした」
「いまさらもう遅い」
「現実的じゃない」
「きっとつまらない」

などなど、実際こう書いていながらも気が滅入ってくる否定語の数々。


罪悪ともいっていいのが、他人の知ったかぶりの否定的忠告です。

本人がせっかくヤル気になってるのに、その気力を潰してしまいます。



ある男がアメリカに移民となり小さなレストランを開きました。
やがて彼のレストランは、非常に繁栄しだし、
息子を大学に入れられるほどになりました。

やがて、息子は大学を卒業し、父親の仕事を手伝うようになりました。

息子は大学で勉強した知識をもとに父親の店を観察し、
やがて父親にアドバイスをしました。

「ねえパパ。大学で教わったんだけど、もうじき不況が来るらしいよ。そうなるとパパの経営方法じゃ、とても仕事をやっていけなくなるよ。今大きなネオンのカンバンを道路に出してるでしょ。あれはとても不経済だよ。食事だって気前よく大盛りにしてるし、コーヒーの無料サービス、ランチタイムもやめた方がいいと思うよ。営業時間も長いしこれじゃ経費がかかってだめだよ。無駄は全部切り詰めようよ。」

学のある息子を誇りにしていた父親は、
なるほど最もだと思い、すぐにハンバーガーを小さくし、
営業時間を短縮し、コーヒーの無料サービスも廃止しました。

当然のことながら客足は遠のき、お店はたちまち経営困難になりました。

しかし、その父親は関心して言いました。

「なるほど、息子のいうことはなんて正しいのだろう。本当に不況がやってきたじゃないか。」



そして、そのお店は潰れてしまいました。

実際予想通りのことがおきてしまったのです。



マイナスの言葉は、
ある場合には非常に論理的な仮面をかぶって投げかけられてくるものです。





[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 人間関係, 自己啓発, 営業スキル,