人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

〓楊布の狗〓



楊布の狗(ようふのいぬ)


韓非子に、「楊布の狗」という逸話が載っています。

どんな話かというと、

楊布という名の男が、白い着物を着て外出しました。

しかし、途中で雨に遭ったので、
出先で黒い着物に着替えて帰って来ました。

そうすると、楊布が飼っている犬が、
自分の主人だとは知らずに楊布に向かって吠え立てたのです。


楊布は、怒って犬を叩こうとしましたが、
そばにいた兄の楊朱が、これをたしなめて次のように言いました。

「たたくことはなかろう。お前だって、この犬と同じではないか。
白犬が黒犬になって戻ってきたら、お前だって怪しむにきまってるだろう。
外見のイメージが変われば、その中身も変わったと思うのが道理じゃないか。」


この逸話は、イメージというものの重要性をよく物語っています。


あなたが、他人に、あなた自身を売り込もうとするなら、
次にやることは、あなたの外見をそれらしくすることです。
外見などどうでもいい、要は中身だ。
という人もいるでしょうが、
例えば、商談の相手などには、あなたの中身などわかるものではありません。


かといって、完全に演技でカバーしようとしても、
あなたの中身が、消極性のかたまりだったとしたら、
何かの拍子に表に出てしまうのです。
インナーセールスが必要な所以です。



この「楊布の狗」の話をより深く掘り下げた話に、
アナスンの「王様と乞食」の話があります。

よく知られてるように、
この話では、王様と乞食がそれぞれの立場を交換します。

王様は、乞食になり、乞食は王様になります。


そうすると、王様になった乞食は、
王様らしい振る舞いをし、
王様らしい心構えを持ち、
王様らしい身振りや身なりをせざるを得ないため、
本当に王様らしくなり、事実王様になってしまうのです。


この話は非常に示唆に富んでます。


人間は真実、
自分がそう思ったとおりのものになれるのです。

より現実的にいえば、
人は自分がそう思ったとおりの者以外にはなれないのです。





【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)


[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓至誠にして動かざるものは、いまだこれ有らざるなり〓


「至誠にして動かざるものは、いまだこれ有らざるなり」


この意味は、

真実、誠意を尽くせば、相手を感動させないということはないということです。


販売で富を得るには、心の底にまず真実、誠意を尽くす心がけが必要です。


外交問題、事業活動、恋愛など、全てに共通するものがあります。


それはセールスです。


なにごとも、ある組織から他の組織へ、
あるいは、ある人から他の人へ、
そのアイディアを引き渡すには、
まず売り込みをしなければなりません。

それが、ものであっても、サービスであっても、
あるいは印象であっても同様です。

そして、物でもサービスでも、印象でも、
なんであれまず第一段にセールスしなければならないのは、
あなた自身です。

あなたの何をセールスするかといえば、
あなたの誠意、人柄、そして第一印象などです。


しかし、実をいうと、その第一段のセールスの前に、
もう一つ
済ませておかなければならないセールスがあります。

多くの人がそのことを知らない為に、失敗を繰り返しています。

では、自分を売り込むまえに、
予め売り込んでおかなければならないものとはいったい何でしょう。


それは自分自身である、


つまり、自分自身を自分自身に売り込むことです。

多くの人々が、自分自身の可能性に対して、
程度の差こそあれ、否定的な見方をしています。


そのような否定的な見方をしていることすら気づいていない人も多いです。


これは、まだ物心つかなかった当時、
あなたの保護者が、あなたの身の安全の為に、
あなたの脳に刻み込ませた、あなた自身の人生脚本である場合が多いです。

「あれをしては駄目だ」
「これをしてはいけない」
というような命令を、
あなた自身も、身の安全の為に受け入れざるを得なかったのです。

大人になっても、この人生脚本、
つまり自己イメージをそのまま大事に保存していれば
確かに身の安全は保てるでしょう。

しかし、
環境が子供の時とは完全に異なってしまっていることを
彼らは気付こうとしません。


当時の人生脚本は、あくまでも環境からの挑戦に対して逃げまわって、
安全地帯に逃避するためのものであって、
それ以外の何者でもないのです。

自分はダメな人間だ、自分にはできない、自分には運がない、
などという自己イメージを持っていたら、
相手は敏感にそれを感じて、
その人をその人が思ってるとおりに接するようになります。

まずは自己イメージを上げることが大事です。






【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)


[仕事の悩み] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓騏驥も一躍に十歩すること能わず〓



騏驥も一躍に十歩すること能わず
(ききもいちやくにじゅうほすることあたわず)



よく走るすぐれた馬でも、
一回の跳躍で十歩の距離を進むことはできないということから、
こつこつと努力することが大切だという意味です。


天才ですら、不可能なことは不可能です。
天才と比べれば、ハンディのある普通の人でも
大きな仕事が出来るのは、失敗を恐れず、
途中で放棄しないで、進んでいくことをやめないからです。


IBMの創立者のトーマス・ワトソンも、
「成功するには、失敗の比率を2倍にすることである」
と言ってます。


優れた創造力、優れた発想力の持ち主でも、失敗はつきものです。

トーマス・エジソンも、電球を開発するまでに実に、
1800回もの失敗を繰り返していました。


もしエジソンが失敗を恐れていたら彼は、
それほどまでの実験を行わなかったでしょう。


「失敗を恐れない」というキーワードには、もう一つの意味があります。


それは、自分でも突飛過ぎはしないとか、思われることでも、
頭を振って打ち消してはいけないということです。


大体、人間の思考には、様々な制限が課せられています。

「あれは無理だ」
「これはできない」
という自分自身の自己制限です。


なぜ、
「あれは無理」なのか、「これはできない」のか。


それほど明確に断言出来るほど、あなたは、それを研究しつくしたのか?

あるいは、実際にやってみたのか?

やってみたなら、何回やってみたのか?
10回か?それともエジソンのように1800回か?


頭の中での考えと、
実際に行動したみた感触とは非常に異なっていることを
あなたも知っているはずです。

このことを常にあなたの心に問いかける習慣をつけましょう。


あなたは、それを実際にやってみただろうか。

他人がどうしたかは別です。


あなたが、それを実際にやってみたかどうかとうことが問題です。


もちろん、他人の経験というものを否定してはいけません。

しかし、すでに確立された経験則なら別ですが、


日常、様々に生起する出来事には、
たいていその時の状況とか、
その人の感情とかが様々に入り混じっているものです。


だから、同じことをあなたがやって、
今度はうまくいくということも、よくある話なのです。


「失敗を恐れないことです」





【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓名は実の賓なり〓



「名は実の賓なり」


名称は、それが付けられた実体のお客様であって、
主人はあくまでもその実体そのものである。
名に囚われて物事を考えると、
発想も貧弱になってしまうという意味です。



創造性とは、これまで以上にすばらしい何かを、
あるいはこれまでにない全く新しい何かを創り上げる能力をいいます。
もちろん、その「何か」とは、
形のあるものでも、形のないものでもかまいません。


その創造的な産物は、
2種類の異なったモノの結合の結果、作り上げられます。
これを、ポアンカレの法則と呼んでいます。

このモノの結合とは、物と物の結合でもよいし、人と人でも良いです。

例えば、あなたと異なった考えを持ってる人、
違った文化を持ってる人々との結合でも良いです。


また、物とその物に対する考え方の結合でも良いです。


このような異質なモノ同士の結合が新たな発想や独創的なモノを生みます。


創造性の問題を論ずる書物に、
よく「固定観念を持ってはいけない」と書かれています。

これは、当然のことで、固定観念は、創造の目をつみとる元凶ともいえます。

しかし、これも一つの固定観念であって、
まったくの固定観念を持たない、となると人間は生きていけなくなってしまいます。


持っていなければならない固定観念というものもあります。・


創造性を発揮するにも、
まず持っておかなければならない固定観念があります。


それは、自分は、独創的で創造性が豊かであるとう固定観念です。



「コップは水やジュースを飲むためにある」と思うのは、固定観念です。
この観念がないと、水を飲みたい時に、
コップのイメージが浮かんできません。

これでは、困ります。

固定観念は、この場合、
瞬間的にコップのイメージを頭に浮かばせ、
喉の渇きを早いうちに癒させてくれます。


このように、このたぐいの固定観念は、無くてはならないものです。


しかし、許由のように必要ならいつでもそれが捨てられる心構えを持つと、
あなたのこころの行動半径は、ぐんと広いものになります。


「マジックインキはものを書く道具です。」
ということは常識になっています。


ある夜、台風が電線を引きちぎり、
家の中が真っ暗になってしまったとします。


懐中電灯も、ろうそくもありません。


どうしますか?


あなたの家に明かりをもたらすチエには、
「正解はひとつだけではない」とうキーワードが引き出されます。


これを第二のキーワードとします。


マジックインキという言葉に捕らわれてしまうと、
どうしてもモノを書く道具という観念しか浮かんでこない。

多くの人の脳の回路がそのように出来上がってしまってるのです。

しかし、マジックインキと呼ばれているモノを子細に眺めれば、
ビンの中に、オイルが繊維に染みこんで詰まっていて、
そこから芯がでているモノであることがわかります。


繊維をロウに置き換えてみましょう。

そうすると、
それは紛れも無くロウソクと呼ばれているモノと似ていることがわかります。


繊維を取り去ってみましょう。

そうすると、
それは紛れも無くアルコールランプと呼ばれているものと似ていることがわかります。

そこで、マジックインキの芯に火をつけてみると、
ちゃんと火が灯り、
ロウソクや、アルコールランプの代用として、
家に灯りをもたらしてくれます。


震災で電気が使えなく、家が真っ暗になった時、
どれだけの人がこの発想で灯りを灯すことができたでしょうか?



新しい何かを作りだすには、
常識を頭の中から追い出さなければならないこともあります。


「正解はひとつしかない」と思うのは、ほとんど常識といって良いです。

しかし、そのような固定観念をいつまでも持っていては、
創造性を発揮する機会は、なかなかやってきません。







【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,