人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

〓パースナリティの諸要素2〓


今日はパースナリティの諸要素2です。

心の柔軟性についてお話しします。

前向きな態度で他人と接触することは、
相手に対する関心や思いやり、寛容さを産み、
総じて晴れやかで穏やかな心を双方にもたらします。

他人に対して、強い関心を持ち、その美点や長所が理解できるならば、
その人の生き方や考え方を尊重したり、共感を抱くことが可能になります。

心の柔軟性とは、他人の生き方や考え方を理解できる能力ことで、
相手に対する新鮮な興味や関心、好奇心を持ちつつも、
決して自分を見失うことが無いのも、心の柔軟性の特徴です。



人生とは、全くのところ、セールス以外のなにものでもないと言えます。

自分を継続的に社会に売り込み、
専門知識や職業的な出会いを自分自身の業績に変えていく・・・・。

これは、まさにセールスです。


そうした対人関係や接触を有利に運ぶためにも心の柔軟性は不可欠です。


柔軟な心構えとは、いったいどういうものでしょうか。

それは、物腰のやわらかさともつうじるものであり、
リーダーたる資質の一つです。

柔軟な心構えといっても、
心構え自体が根無し草のようにふわふわしているという意味ではありません。

突発的なことでも余裕を持って受け止められる、
そのような鍛えられた心構えのことです。


家庭でも、ビジネスに劣らぬくらい柔軟な心構えが必要です。

平常心を失うことなく、変化する状況に的確に対応することは
ビジネス以外でも求められているのです。

家庭といえども、各人のパースナリティはまちまちです。
そのパースナリティを無視して、親が子供たちを一定の枠に押し込んだりしてはいけません。

家庭という集団の規律を守ってゆくには、
パースナリティはどこまでも尊重されなければなりません。


心に柔軟性を欠いているものには、指導者の資格は有ありません。

もし、指導者や監督に柔軟さが欠けていたら、
彼と気の合う一部の人の協力は得られても、
部下全員の支持や協力を得ることは出来ません。

一方、柔軟な姿勢や考え方を持った指導者や監督は、
部下全員の支持や協力を得ることができます。

彼は、部下のパースナリティに応じて、
それに見合った関係作りができるからです。
               



川島和正の1000MANプログラム
[職場の人間関係] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓パースナリティの諸要素1〓



今日は、積極的心構えについてです。

積極的な心構えとは、
どのような条件に出会っても、
何とかこれを乗り越えていこうとする建設的かつ実践的な精神を持っており、常に前向きで確信に満ちていることと定義することができます。


積極的な心構えとは、
ただ前向きにという事だけではなく、
強い信念、誠実さ、勇気、希望、忍耐、寛容、親切、良識といった徳性や、
楽観主義、独立主義の精神、気転のようなあらゆる肯定的な要素や、
性質の全部または一部の複合体から成り立っています。


積極的な心構えの重要さを理解するには、
それが私達に及ぼす現実的な効果や影響について考えてみるのが一番です。

心構えや気構えというものは、私達の態度にあらわれます。

声の調子や顔の表情、
ちょっとした身体の仕草から話題や言葉づかいにいたるまで、
全ての面にあらわれるものです。

そして、心構えは、私達の感情やものの感じ方まで支配し、
その影響は本人が関わる全ての人にも伝わります。


よくない心構えを持つ人は、その毒を周囲に振りまきます。
それは、彼と直接関わる人だけでなく、
間接的に関わる人にも悪影響を及ぼします。


一方、明るくて気持ちの良い心構えの人は、
彼が入って来るだけで部屋全体が明るくなり、
そこにいる人まで気分が晴れやかになります。

植物には、アレロパシー効果というものがあり、
例えば、メロンは、その果実から殺虫成分を発散させています。
したがって、メロンと昆虫を一つのところに同居させると、
昆虫はバタバタと死んでいきます。

人間の場合は、「雰囲気」というものを、
いわば発散させているようなもので、
相手はこの雰囲気を五感で感じ取って影響をうけるのです。


私たちは、誰かに出会うと、好きになったり、嫌いになったりします。
これも、相手が発する「雰囲気」によります。


あなたは、いつも周囲の人に、好ましい印象を与えているでしょうか?


誰にでもできることは、
ほほえみを絶やさないこと、自信を失わないこと、
常に人々を励まし、前進を助ける積極的なちアドを持ち続けることです。


他人の感情に対して鋭敏な人は、相手の心を簡単に見ぬいてしまいます。

そうした人々は、あなたがそこにいるだけで、
あなたが彼らに対して良い感情を持っているのか、
あるいは悪い感情を持っているのかを直ちに見ぬいてしまうのです。


積極的な心構えは、優れたパースナリティを育てるためには、
最も大切な要素です。

川島和正の1000MANプログラム
[職場の人間関係] ブログ村キーワード

関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓パースナリティ〓




今日はパースナリティの話です。


人間はだれでも、遺伝、環境、教育から、
様々な性質や、要素を受け継いだり、獲得したりします。


それが、その人のパースナリティです。

パースナリティには、好ましいもの、好ましくないものがあります。

常に、プラスアルファの努力を惜しまず、

「自分がしてほしいことは、こちらから進んで相手にしてあげる」人は、

必然的に好ましいパースナリティを持つようになります。



パースナリティ



すなわち、性質、個性、資質は、優れたものであればあるほど、

成功への道はダイナミックに開けます。

言い換えれば、成功には、優れたパースナリティが不可欠なのです。


独力で、成功した人はほとんどいません。

誰でも、家族や友人や勤務先、取引先の人たちの協力を得て初めて成功できるのです。

そして、その人たちが、あなたを助けようとするのは、

あなたを好きになる、

つまり、あなたの優れたパースナリティに惹かれるからです。

誰も、嫌いな人を、自分から進んで援助しようとは考えません。

では、優れたパースナリティとはどういうものでしょうか?


「売り込む」という観点から人間の一生を考えてみましょう。

人は、その生涯のすべての時間において、様々な形で自分を売り込んでいます。

認められる~受け入れられる~同意を得る~採用される~協力してもらう・・・。

これらは全てあなたが売り込みに成功したことを意味します。


生まれたばかりの赤ちゃんは、呼吸を始めた瞬間から、

立派なセールスマンです。

赤ちゃんは、ミルクが欲しい時に、

泣き声をあげるという明確な方法で自分を売り込み、

母親に認めさせて、目標を達成するのです。


幼児から、少年少女期へと成長すると、

今度は我慢することを学びます。

自分をコントロールすることが長所や美点となり、

それがセールスポイントとなるのです。

他人に対して、好ましい態度をとることが、

どのような意味を持つのか、それを学ぶのもこの年代です。

自我の発達に伴い、対人関係や社会性が芽生えてきます。

ただし、他人に誇示できるだけの資質はまだありません。

大人になると、自分を売り込む、ということは個人的な動機だけではなく、

社会的な責任とのつりあいを考える必要があります。

求める前に与えるということを、身につけた人は、やがて成功することになります。

その間、パースナリティや心構えは一貫して重要な要素となります。


そして、優れたパースナリティと呼ばれるものの中で、

最も重要な要素は、積極的な心構えです。



次回は、それについて考えてみます。


川島和正の1000MANプログラム
7つの習慣』の男が無料。11/16(火)までの期間限定

[職場の人間関係] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓心の工場〓



紅葉も見頃のいい季節になりました。

インフルエンザも流行りだしてるようなので健康に注意しましょう。

今回は、潜在意識に関連した話です。



全ての人間が、完全にコントロールできるのは思考力です。

人間は、自己の運命を決定する力を持ち、
思考と行動の選択権を持つ、ただひとつの生き物です。

一方、下等動物は、ただひたすら自然の摂理と本能に支配され、
状況や環境を理解し、それを変革する能力はありません。

ただし、嗅覚で食べ物を見つけたり、
出口が見つかるまで壁に頭をぶつけて迷路から脱出したりするという、
生き物としてのごく単純な行為には、そうした能力を部分的に持っています。

人間の持つ卓越した能力は、なんといっても思考力です。

そして、人類固有の絶対的な権利は「心構え」にあると言えるでしょう。

自分の心を管理し、コントロールするということは、
意識と潜在意識との間に有機的な関係を生み出すのに必要です。

そして、意識と潜在意識の関係の研究から得た結論が、
人間は、求め、信じれば、何でも手に入れることができるという心理です。

この心理を、人生の喜びや啓発、改良によって証明するか、
それとも悲しみ、堕落、破滅によって証明するかは、自分次第です。

潜在意識は、あなたの計画を変えたりするようなことはなく、
感動的な状態で与えられた暗示に対し、本能的に反応するものです。

潜在意識には、計画の良し悪しを判断する能力はありません。

ですから、私達は、人生の願望や目標を選ぶにあたっては、
慎重でなくてはなりません。

建設的で、善を実現するような願望、目標だけを正しく選ぶことが必要です。

意識は、潜在意識という名の庭園の監視員で、
どんな考えであろうと監視員の承諾が無ければ潜在意識の庭に入ることはできません。

ただし、第六感と呼ばれる突然のひらめきだけは別で、
直接、潜在意識の庭へ入っていくことができます。

一般に人間の五感が受け取る感覚的印象は、
意識の検閲を通って潜在意識へと流れこむのです。

美しい花々の種子や実のある穀物の種子が蒔かれなければ、
肥沃な潜在意識の庭には、雑草が生い茂ることになります。

明確な願望や、目標を持つことは、不必要なものを心から追い出し、
雑草の生える余地を奪うほど、あなたを価値ある仕事に集中させます。


自分の心を工場だと想定してみてください。

そこから出てくる商品は?


その工場は、恐怖と不安と苛立ち、怒りと疑いを生み出す工場のようになってませんか?


もしそうなら、この工場から出てきた商品を誰も買わないでしょう。


それでは、
自分自身を会社の社長、取締役、株主、主任、守衛等といった人々に置き換えてみましょう。


相手の立場を理解する能力が大事です。


そして、心の工場のラインを一新しましょう。
今度は、愛、勇気、快活さ、行動力、友好、寛大、忍耐、同情、公正さを生み出すようになりました。

この、9つの製品は、全て積極的で普遍的な価値を持つものですが、

それ以上に重要なことは、人々が求めていることであるということです。


自分自身の心を持つ者は、いかなる願望や目標であれ、
その実現を助ける力を意のままに発揮することができるのです。





川島和正の1000MANプログラム


[目標達成] ブログ村キーワード
関連記事

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,