人間関係の悩み

ここでは、「人間関係の悩み」 に関する記事を紹介しています。

今回は、あなたの内面の宝についてです。

ギリシャでは、政府公認の略奪者とも言える考古学者たちが、古代文明の秘宝を続々と発掘しています。

ギリシャ政府の遺跡物担当長官である、ハディミトリー博士は、アッティカ地方のある農村で、歴史的に大変価値のある木で作られた壺を15個も発掘しました。

5、6世紀頃から何百年もの間、肥沃な土の中に眠っていたと思われるツボで、いきなり空気に触れさせると、手の成分が変質してしまう恐れがあるため、今はアテネで大切に保管されています。

また、シンシナティ大学のカスキ教授も厳かな制度や壮麗な宮殿今でも使える下水道完備した住宅などの、3500年前のミケーネ文明的に遡る建造物を発見しました。

このように、古代文明の貴重な遺跡は、何千年も経った今でもどんどん発掘され脚光を浴びているのです。

例えば、私たち一人ひとりがクリエイティブな考古学者となり、自分自身を掘り起こしてみるというのはどうでしょう。

なんの道具もいりません。

ただ毎日仕事の後にちょっと一息ついたところで、ほんの5分間自分自身に意識を集中させるのです。

意識を集中させるという作業も、他の行動と同じように、始まりがあり、中間があり、終わりがあります。

遺跡の発掘作業と同様に、最初は浅いところから始めて、だんだんと深く掘り下げていくのです。

一度に一つずつ、落ち着いて、ゆっくりと、論理的に自分自身を見つめていくと、自分は決して失敗や挫折にまみれた人間などではないということに、たくさんの貴重な宝を内に秘めている人間だということに必ず気づくはずです。

昔の失敗の残骸に目を奪われたりせず、もっと深く自分自身を理解することができれば、過ぎ去った文明の埋もれた宝などよりも、ずっと大切で、貴重な財産を自分の内側にたくさん見出すことができるのです。

自分の内側の貴重な財産とは、自分を大切にする気持ち、それはとりも直さず他人を大切にする気持ちでもあります。

そして、自分への理解と自信、そして勇気、そしてそれは同時に、他人への理解と信頼にもつながるのです。

こうした計り知れない財産が、間違いなく、あなたの内側に埋まっています。

この財産を発掘することで、人生に喜びと幸せをもたらすセルフイメージを築いて行くことができるのです。

また、人生の様々な問題から目を背けず、毎日のゴールを一つ一つ達成していく力が生まれてくるのです。

「人は皆、自分の運命の建設者である」

アビュース・クラウディウスという古代ローマの政治家の言葉です。


方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
今回は、ギャンブルについての話です。

形成外科医でもある私の友人が初めてカジノに遊びに行った時の話です。

その日、彼のテーブルに集まった人皆に応援されながら、彼が無我夢中のうちにゲームは終わっていました。

そして、彼はその晩なんと日本円で300万円も儲けたのです。

その夜、彼は興奮して、なかなか寝付かれなかったのか、私を呼出し、色々と話し始めました。

少し冷静になって、突然あることがひらめいたらしいのです。

ちょうどその日の朝、彼は左眉の上に酷くひきつれた傷のある5歳の少女の手術をしたばかりでした。

少女の父親に手術費用が払えないことは周知でしたが、彼の責任で手術をしたのです。

その夜、カジノで元締めの助手をしていたのは確か少女の父親で、彼は少女の父親とお互いに目で挨拶を交わしました。

そして、夜になって彼は私に、

「考えてみると、もしかして少女の父親が何か細工をして私を勝たせたのではないか?」

と思ったのです。

「あれは正当なゲームだった。 そう、何度自分に言い聞かせても、どうもカジノの幸運に少女の父親が関わっているような気がしてならない。」

と彼は私に言いました。

そして、朝方まで色々と話しているうちに、

「きっと、彼が心からの声援を送ってくれたから、あんなに上手く行ったんだ。」

と彼は思うようになりました。

賭け事に確実というのはあり得ません。

それでも人はギャンブルをするものです。

でも、賭け事で確実な絶対に負けない方法を一つだけお教えしましょう。

それは自分の儲けのために賭けないことです。

ギャンブルをしたいのなら誰かの愛に賭けてごらんなさい。

大人でも子供でもいいですから、この人と思った相手に、ゆるぎない信頼をかけてごらんなさい。

限りない愛情を捧げ尽くしてごらんなさい。

仮にあなたの欠けたものが手に入らなくても、人に自分を捧げ与えるということは、あなたやあなたの周囲の人にとって大きな勇気と励みになるに違いありません。

このギャンブルで、あなたが負けることは絶対にありません。

失うどころか、あなたはいつも勝者なのです。



方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
今回は「優越感」についてです。

以前、テレビのトークショーにある映画監督が出演していました。

テレビに映る彼は、まるで司会者を最初からバカにしたような傲慢な態度でした。

世間を見下したような、その横柄な受け答えを見ていて、私は嫌気がさしてしまいました。

さて、実際に彼は自分で思っているほど優れた人物なのでしょうか?

私はそうは思いませんでした。

高飛車な態度や傲慢さ、短気といった彼の性格は、人を傷つける憎しみの変形であり、本当に優れた人物にそのような性質が備わっているはずはないのです。

むしろ、自分に自信がなく、劣等感に苛まれている人間がそんな不安感を隠すために身につける隠れ蓑と言ってもいいでしょう。

ある日、私は協会に行ったのですが、その時牧師さんと話す機会がありました。

若いイタリア系のその牧師さんは、どことなく心がホッと安らぐような優しい微笑みを浮かべながら「古ぼけた協会でお恥ずかしいです」と、そっと私に囁きました。

もちろん、それは卑屈が愚痴などではなく、心温まる謙虚さ以外の何者でもありませんでした。 人は謙虚であることの価値を知り、初めて人間として成熟したと言えるのではないでしょうか?

謙虚であることと、弱さとは全く別の問題です。

もちろん、能力が欠けていることとも無縁です。

謙虚さとは、むしろ自分の能力をひけらかしたり、他人と比較して得意になったり、成功を鼻にかけたりするのではなく、自分や他人の長所を正当に認め、理解してあげられる心の余裕と強さなのです。

そして、それは傲慢さとは全く違います。

人を見下すことで自尊心を保っている人は、得てして自分を神のように思い込みたがるようですが、とんでもない彼らは神どころか悪魔の側についているのです。

優越感の第一の弊害は、人間が向上するのに必要不可欠な失敗というものを、自分にもまた他人にも許せなくなることです。

謙虚さこそが、人間の向上にとっての条件であり、また成熟と幸福への道標でもあるのです。

謙虚であってこそ、初めて人は本当の意味での優れた人物になれるのです。

他の人にとってではなく、自分自身にとって大切で価値のある人間に。

ウィリアム・ハズリットは、

「真に優れた人間は、自分でそうは思わないもの」

と言っています。




方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
今回は、公平さについてです。

チャールズリードの小説のタイトルに「人の立場に立つこと」というのがあります。

この言葉をいつも念頭において、それが習慣として身につけば、きっと幸福な人生を送ることができるでしょう。

「人の立場に立つ」この言葉を頭で考えるだけでなく、実践に移すことが成熟と満ち足りた心を手に入れるための道を歩き出すことを意味します。

当然のことながら、あなたが自分なりの意見を持ち、自分の権利を守りたいと思うのと同様に、他人も自分の権利を主張したいと考えています。

人の立場に立つということは、違う考えや価値観を否定する前に、その人の見解を、もう一度冷静に考え、客観的に見つめる余裕を持つことなのです。

猜疑心にとらわれる時、恐怖感に圧倒されそうな時、あるいは誰かを責めずにいられない時、しばし立ち止まって考えてみてください。

私が彼だったら、どうだろうかと。

自分の権利を主張することはもちろん大切です。

でも、それが憎しみや復讐心から出たものならば間違っています。

現在のような混乱した時代にこそ、友情ほど貴重なものはないでしょう。

そして、万事がうまくいっている時ではなく、むしろ何かの拍子に歯車が狂って理性を失ってしまいそうな時にこそ、「もしも、私が彼だったら」と、人の立場に立って考えてあげられることが本当の友情ではないでしょうか?

それにはまず、自分自身に対して公平でなくてはなりません。

失敗やミスをしたことで自分を責めたり、そのせいで萎縮したりする自分に気づいたら、すかさず鏡に向かうのです。

そして自分に聞いてみてください。

「こんなことを親友に対してするものだろうか」と。



長文読んでいただき感謝します。


方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
今回は絶望感についての話から始めましょう。

人生において、何らかの危機に直面することは誰にでもあります。

あえて困難に立ち向かったり、危機をむしろ大きな自分に 出会うチャンスに変え、 失敗や障害にめげずに成功を手に入れることこそがクリエイティブな人生なのです。

では、本当の意味でクリエイティブな人生が軌道に乗り始めるのはどういったところからなのでしょう。

それは、絶望から目をそらさず、思いやりと自尊心をもって、どんな失敗や苦悩よりも自分の力の方が偉大なのだという心理を思い出すところから始まるのです。

絶望の真っ只中にいる時こそ、自分の価値を思い出すべきなのです。



こんな時こそ、孤独感に浸るのではなく、心の翼を羽ばたかせ、あなた本来の世界へと飛び立つ勇気を奮い起こすべきなのです。

イギリスの政治家エドマンド・バークはこう言っています。

「絶望などするものではない。でも、もし絶望してしまっても、とにかく動き続けることだ。」

あなたもご存知の通り、絶望感自体は何週間も持続するものではありません。

直接の悪影響を及ぼすのは不運が起きたその1日だけです。

しかしながら、その殺伐としたその1日の記憶が未来の光や希望などまるで存在しないかのように次の日にも、また次の日にも憂鬱な影を落とし、その結果、絶望がズルズルと長引くことになるのです。

だからこそ、バークはとにかく動け続けることだと言っているのです。

危機に直面して絶望感の中にある時こそ、力強く世界へ飛び出し、活動を続けるべきなのです。

毎日は新しい人生の始まりです。

まだ始まってもいない日を、はじめからあきらめて絶望感で迎えてはいけません。

最後の最後に、安らぎの日が訪れるかもしれないのに、試してもみないで新しい日をドブに捨ててしまうなんて。

誰でも絶望感を経験したことがあるでしょう。

それはまるで人生が終わってしまうような一瞬かもしれません。

人は命がある限り、いくつになっても人生から引退することができません。

それが人生というものです。

人生を放棄するか、危機の真っ只中でベストを尽くすか、あなたならどちらを選びますか?

長文読んでいただき感謝します。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

★方法ノウハウ知恵袋⇒http://rakuraku-netshopping.com/

★<PR>  利用者急増で価格急上昇の今話題のビットコインとは!  ⇒https://bitflyer.jp?bf=ijzlvond

方法・ノウハウ・知恵袋
★<PR> 『成功が超加速する、デキる男の新習慣』  ⇒ http://afc.forestpub.co.jp/243756/1004/1065/10200
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村