営業 目標達成

ここでは、「営業 目標達成」 に関する記事を紹介しています。

先生や、親、友達など誰かの意見やアイディアをそのまま受け入れ、かたくなに信じ込んでしまうことは、たちの悪い催眠術にかかった状態です。

例えば、根拠も無いのにいつも不安や恐れを抱いてる人がいますが、これなどまさに催眠術といえるでしょう。

催眠術にかかった人が催眠術師の言いなりになってしまうように、不安や恐れを生み出すパターンから人はなかなか抜け出すことができません。

そういう状態の人は、否定的な気持ち、消極的な気持ちを仕事場から家に持ち帰り、寝床の中にまで一緒に持ち込んで朝は朝で、また仕事場に連れて行くのです。

このような否定的、消極的姿勢は不必要な緊張感で人を押しつぶし、自分の価値を見失わせ、まるで催眠術のように私たちの行動を操るのです。 このような催眠術に操られてはいけません。

必要以上の緊張感から自分を解き放ち、自分の能力に目覚めることはできます。
人生に失敗は付き物です。
例えどんなに大きな失敗を犯しても、常に幸福と成功を求めて自分を変えていける能力が私たちには備わっています。

そして、この能力は私たちが誤った思い込みを改めた瞬間に、

つまり、

「僕にはできない。」
「どうせ私なんか。」


といった催眠術から目覚めた瞬間から力を発揮するのです。

哲学者、ベーコンは言いました。

「人は自分の信じたいことを信じる」

この言葉をよく考えてみて下さい。
忘れないで下さい。

誤った思い込み、誤った信念から目を覚ますのです。

長文読んでいただき感謝します。

★方法ノウハウ知恵袋⇒http://rakuraku-netshopping.com/ ★<PR> 『成功が超加速する、デキる男の新習慣』  ⇒ http://afc.forestpub.co.jp/243756/1004/1065/10200
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

GWですね。
お子さんがいる家庭は一緒に出掛けたりして楽しい思い出を作りましょう。
今回は、子育の参考にもなる話をしたいと思います。

権威と思想の自由。
この二つの間にはいつの時代にも戦いがあり争いがあります。

家庭に置き換えれば親の権威と子供の表現の自由という問題があります。

子供には未来と希望があり、親には成熟と知恵があります。

親として、この成熟と知恵を背景としない、ただ親の権威だけを振りかざす懲罰は間違っています。

子供たちはクリエイティブな指導を求めています。

懲罰というのは実は子供側ではなく、親側にとってのリトマス試験紙なのです。

クリエイティブな懲罰がどのようなものかを教えてくれるのは理解と自尊心です。

自分自身に対する理解と尊敬、そして子供に対する理解と尊敬の心があれば親の懲罰は正しい道を示すためのものであるということが子供にもわかるはずです。

決して憎しみから罰しているのではないという親の気持ちが必ず子供の心に届くはずです。

クリエイティブな懲罰はむしろ、親子の間に心の通い合いを生み出します。

いくつもの挫折や失敗を経験して年輪を重ねてきた親と、これからいくつもの困難に出くわすであろう子供の間に連帯意識を生み出すからです。

この連帯意識、そして友好関係を築くことがまさに懲罰の意味なのです。

親が自分自身を尊敬できていれば、それを手本にして子供にも自分を大切にしようとする気持ちが芽生えるでしょう。

親が心がけるべき大切なことは、自分をコントロールできて初めて他人への懲罰も力を持つということです。

つまり、不安や怒りといった感情をコントロールし、理解や自尊心という人生の成功につながる感情を効果的に生かすことがまず大切です。

あなたのセルフイメージをそのまま子供に押し付けるべきではありません。

子供には子供のセルフイメージがあります。

あなたの務めは子供にとって、それを変えることも受け入れることも自分次第なのだということ、自分が努力すればできるということを子供に悟らせることなのです。

「人は自分以外の誰をも罰することはできない。」

ギリシャの哲学者、セネカの言葉です。

長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

関連タグ : 人間関係,

関東では桜も咲き始め過ごしやすい季節となりました。
年度初めの4月は初心を思い出すいい時期だと思います。
新鮮な気持ちを持ち続けましょう。
先日の世界フィギュアの羽生結弦選手は凄かったですね。
宇野昌磨選手の成長も著しく、とても感動させられます。

今回は、人間的成長についてです。

「何か新しいことを始めてみませんか?」

と言われたら、あなたはどう答えますか?

「今から新しいことを始めるなんて無理だ!」
「自分のやりたい仕事にすら就けていないのに。」

確かにそうかもしれません。

でも、ここでは仕事のことをいっているのではありません。
お金儲けとも関係ありません。
新しいこととは、人間として、より成長することを意味しているのです。

そうです。
新しいことを始めるにあたってのゴールは人間として、より成長すること、より円熟することです。
このゴールはエベレストの頂きに立つほどの勝利を意味します。

よく考えてみて下さい。
野球選手の打率やテレビタレントの名前を知らないからといってどうだというのでしょう。
車など10日に一度洗えば十分ではないでしょうか?
少々汚れているかと言って、それがどうしたというのでしょう。
誰も気付きやしないし、気にもとめないでしょう。
第一、それがあなたの人生にどれだけの影響を及ぼすというのですか?
もっとクリエイティブに時間を使うのです。
つまらないことは無視して、もっと自分の為の時間を作るのです。
そうして作り出した時間を自分の為にどのように過ごすかというと、新しいことを始めるのに使うのです。

新しいゴール。
つまり、あなた自身の発展に向かって新しいことを始めるのです。
自分自身の弱さや不完全さをありのまま受けいれ、逆に強さや良さもしっかりと認めて、それを更に伸ばしていくのです。

そのための方法を、いくつかの項目のまとめました。

1、ありのままの自分を受け入れ、否定的な考えや消極的な行動から遠ざかり日々成長する姿勢を常に心掛ける。

2、建設的なゴールを目指して、クリエイティブに考え行動する。

3、感情の乱れをコントロールする訓練をすること。感情の乱れはセルフイメージを傷つけ、悲惨な結果を招きます。

4、自分自身の良い友人であること。そうであってこそ、人の友人であれるのです。

5、昨日でもなく、明日でもなく、今日という日を大切にし、愛すること。

真実の愛とは今日の為にあるのです。
そして、今日から新しいことを始めるのです。

長文読んでいただき感謝します。


長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。
2017年の第1回目は「知識について」です。

「人間は生まれつき知りたがりである。」

これは、古代ギリシャの哲学者、アリストテレスの有名な言葉です。
地球上の人間の内、10パーセントの人間は学ぶ意思が無く、10パーセントの人間はもう学ぶ必要は無いと言われています。
でも、残りの80パーセントの人々が自分を高め、人生をより有意義なものにするために、そして他の人々と幸福を分かち合う為に
もっと学びたいという意欲をもっているとしたらとても素晴らしいことだとは思いませんか?
人間は3つの世界を生きています。
肉体の世界、知性の世界、精神の世界です。
何も食べずにいると人間の肉体はだんだんと衰えます。
それと同じように、学びたいという欲求がなくなったら、その人の知性と精神の世界は衰えてしまいます。
肉体が食べ物を取り入れなければ栄養失調になるように、知識を取り入れないと思考は無力感に陥ってしまいます。
精神的な栄養失調状態になってしまうのです。
精神にせよ、肉体にせよ、このような状態ではクリエイティブな人生など送れませんし、大きな自分に向かって努力を積み重ねることもままなりません。
栄養失調で衰弱した人間がマラソンに出場するようなものです。


アリストテレスの言葉は真実です。
全ての人間は教育によって成長することができ、全ての人間は教育を受ける義務と権利があるのです。
人間にとって学ぶということは呼吸するのと同じくらい自然なことであり、大切なことでもあります。
学習は成長し目標を達成するための基本です。
学ぶことの一番の醍醐味は自分自身をより一層知ることができることにあります。
しかし、嫉妬や憎しみ、偏狭さ、優柔不断、怠慢、不安といった消極的な精神状態は効果的な学習を妨げます。
小さな自分ではなく大きな自分を見つけるために、自分自身を教育する決意を固めましょう。
より豊かな知識を身に着け、クリエイティブな人生を歩むのです。
今年もいろんなことにチャレンジし多くのことを学びましょう!


長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
医者、弁護士、教師、デザイナー、会社員どんな職業に就くにしても最初は誰でもなかなか自信が持てないものです。
「自信」、つまり自分を信じる気持ちはどのようにして芽生えるのでしょう?
「自信」とは私たちの内側にいる自分自信を信用するということです。
一方で、自分に対する不信感や猜疑心は誰にでも存在します。
この二つのどちらを選ぶかが大きな自分になるか、ちっぽけな自分になるかの分かれ目です。
「自信」というのはどんな困難にであっても負けずに幸福という目的地に向かって力強く羽ばたくための翼なのです。
ところが、自分への不信感を抱いているときは、いわば幸福への翼が折れているようなもので自ら飛び立つことができません。
でも、自分への不信感も私たちにとって必要なものでもあるのです。
なぜならそこから抜け出し、自信と信念を育て上げていく努力が人が人としてやり遂げなければならない大切なことであって、その経験を通してまた一つ私たちは成長することができるからです。
「自信」はすべての人の心に潜んでいます。
ただ発見されるのを待っているだけなのです。
ウイリアム・ブレイクは次のように言っています。
「太陽や月でさえ、もしも人がその存在を疑うのなら即座にして消え失せてしまうであろう。」


長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/