メンタルヘルス

ここでは、「メンタルヘルス」 に関する記事を紹介しています。

今回は、睡眠について考えてみようと思います。

1日は24時間ですから、3等分すると8時間ですね。

そして、その3つをそれぞれ8時間は仕事をし、8時間は気晴らし、そして最後の8時間は睡眠。

この8時間の睡眠というのは、心と体を正常に機能させるのに必要な、いわば自然の摂理のようなものです。

シェイクスピアは

「眠りは、我々をあらゆるものから絹の織物のように保護してくれる」

と言いましたが、確かに睡眠というのは人間にとって非常に大切なものです。

良質の睡眠薬の開発は、医薬学会の最大の快挙だとすら私は思います。

以前、海外に公演に行ったときの事です。

その時一緒にいた映画監督をやっているある友人が、到着までの間に少し眠ろうと睡眠薬を飲み、そしてそれを私にも勧めてくれました。

私は、自分でもおかしいと思うくらい寝つきが良い方なので、今までに睡眠薬のお世話になったことは一度もないのだと言って断りました。

事実、私はそれからぐっすりと眠り、翌日の朝早く彼に起こされた時には、飛行機はもうすでにニューヨークに着いていました。

ところが、睡眠薬を飲んだはずの彼は、次に製作する予定の映画のことが気になりだして、結局またしても一睡もできなかったというのです。

人によって程度が違っても、誰にでも大なり小なり心配事があります。

でも、少なくとも8時間の睡眠の邪魔だけはさせないようにするべきです。

不眠症の原因は色々ありますが、なんといっても、まず第一に挙げられるのは過度の緊張感や心配事、結局そこから生まれてくる否定的思考なのです。

睡眠自体、それは究極のリラックス状態とも言えるのですが、眠りにつく前に、まずは何をおいても心をゆったりとリラックスさせることが大切です。

ゆったりとリラックスするなどというのは、実際は口で言うほど簡単な芸当ではないという人もいますが、そんな人も余計なことは考えないで、とにかくまず頭の中を空っぽにして心の休憩室を作ることです。

8時間ある気晴らしの時間のうちに、例えば1日5分でいいから心の休憩室に入って、のんびりする習慣をつけるのです。

豊かなイマジネーションの世界で羽を伸ばし、部屋の窓から外を眺め、湯気の立つ温泉を見つけるのです。

その温泉にゆっくりと入り、くつろいでください。

そうすれば毎日のストレスや心配事が汗とともに流れて行くでしょう。

この習慣が身につけば次第にぐっすりとよく眠れるようになってきます。

時間はかかるかもしれません。

でも、必ず安らかな眠りに入れるようになります。

そのうちに睡眠薬などは全く必要がなくなるでしょう。

寝る前にあえて心配事など思い出さなくて良いのです。

そんなことをして、眠りから遠ざかるのはよくありません。

古代ペルシャの王、サイラスの言葉がその事を教えてくれています。

「よく寝る人は病気知らずである」



方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
この世には、なたと全く同じ顔をした人間がいないように、同じ手を持った人も一人もいません。

手というものは、私たち自身を素直に表すものです。

と言っても、私は手相のことを言っているわけではありません。

手相くらいで人の性格や人生を決めつけてしまうなんて、花や頭の形を見ただけで、その人の全てをわかったつもりになるのと同じくらい馬鹿げたことです。

私が言っているのは、手にも表情があって、それは持ち主の感情をよく表すものだということです。

例えば、緊張している時は大抵、手を固く握りしめるものですし、リラックスしているときは手のひらもガラリとくつろいでいる感じです。

また、手は耳の不自由な人にとっては、会話のための伝達手段ですし、以前の株の取引上では指を使ってやりとりが行われていました。

選挙に当選した候補者が V サインを作って勝利を表すように、指はシンボルそのものにもなるのです。

私の友人が、パナマの病院に勤務していた頃のお話ですが、自分の右手をいつも恥ずかしそうにポケットに隠している少年がいたそうです。

彼は生まれつき人差し指と中指がくっついていて、実はさほど珍しい障害ではないのですが、本人は非常に気にしていたそうです。

彼は、他の子供達に馬鹿にされながらも、いつも野球をする子供達を羨ましそうに眺めていたそうです。

「どうして指の手術をしたいの?」と友人が尋ねると、

「野球をやりたいから」

と答えたそうです。

彼にとって、正常の指を手に入れて他の子供たちと一緒に野球をするということが、ひとりぼっちの寂しさから抜け出す唯一の希望だったのです。

手術後一週間ほどして、友人がコスタリカの病院へ出発する日、少年の包帯が取れたようです。

「見てごらん、指はきちんと離れたよ」

と言うと少年は、最初怖がっている様子でしたが、やがてゆっくりと指を動かしました。

そして、生まれて初めての V サインを作り、「やったね!」と嬉しそうに叫んだそうです。

つまり、手や指というのは大きさも形も違いますが、良くも悪くも私たちの心を表すものだと思うのです。

あなたの手は、怒りで握りこぶしを作っていますか?

それとも、ゆったりとくつろいでいるでしょうか。

あなたの手が示すものは、恐怖感や憎しみですか?

それとも、心安らぐ愛や自信でしょうか。

他人に対して優しさや思いやりを示せるように、いつも両手を広げていましょう。

失敗にくよくよするのではなく、毎日を「やったね!」と叫べるように朗らかに V サインを作りましょう。

「人には何らかの能力があるものだ」

モンテーニュの言葉です。




方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
時間が経つのは早いですね。

もう、3月です。

今回は「平静な心」です。

ヒンズー教の聖典に

「心の平穏と安らぎを持って、恥も名誉も受け止めなさい」

という言葉があります。

人生は、喜びと悲しみ、成功と失敗、思いやりと憎しみ、信頼と不信が入り混じってできています。

言い換えれば、あなたの内側には少しでも大きな自分に近づこうとする前向きで勇敢な姿勢と、ちっぽけな自分にしがみつこうとする臆病で否定的な姿勢とが入り混じっているのです。

でも、クリエイティブな人生は日々の積み重ねによって築かれるものです。

1日1日を精一杯生きてこそ、満ち足りた人生を歩んでいると言えるのです。

どんなに絶望しても、あなたは毎日を精一杯に生きる自信がありますか?

それとも、不安や失望感、挫折感に負けてしまう人間でしょうか?

クリエイティブな人生のためには、逆境にあっても冷静であること。

そして、幸運の女神が微笑んでくれる時には、なおのこと平静でいられること。

それが必要なのです。

愛も憎しみも、あなたの存在価値を変えはしません。

憎しみに屈服しても、愛に負けても、あなたはあなたなのです。

成功と同じように、ストレスをもしっかりと受け止められる平静な心を持つことが、

ありのままの自分を、価値ある人間として受け入れることにつながるのです。

長文読んでいただき感謝します。


方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
記憶について。

人は様々なことを記憶することができ、記憶は頭の中のメモリーに収められます。

私たちはこうして蓄えられた記憶を自由に利用することができるわけですが、 クリエイティブな利用の仕方もあれば、破壊的な利用の仕方もあります。

あなたは記憶をどのように使っていますか?
もちろんクリエイティブな目的でしょうね。

とかく人は、過去の悪い記憶を思い出しがちです。

そして、いろいろと後悔したりし時間が過ぎていきます。



記憶はクリエイティブな目的で良いことを思い出す為だけに使うべきです。

それが上手くできれば、明日の為の良い記憶をまた一つ作れるのです。

昨日までの不運は忘れ去ることです。

毎日を新しい人生のスタートとして精一杯クリエイティブに生きましょう。

古代の哲学者も言っています。

「記憶と忘却に祝福あれ!」

記憶は善の為に、忘却は悪の為に

2017年も折り返し地点!

失敗は忘れ、成功の記憶だけを大切に使いましょう。

長文読んでいただき感謝します。
方法・ノウハウ・知恵袋 ★<PR> 『成功が超加速する、デキる男の新習慣』  ⇒ http://afc.forestpub.co.jp/243756/1004/1065/10200
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

自分自身であることは簡単なようでいてなかなか難しいことです。
物事をうまく運べない人は大抵自分を嫌っています。
若い人は特に、何か解決できない問題に直面するとこういった状況に陥りやすいものです。

生きている限り、人間には失敗が付き物です。
何か失敗したり物事が思うようにいかないとき、自己嫌悪に陥ったり、ちっぽけな自分に嫌気がさしてしまうのも無理はありません。

でも、大切なことは、そのちっぽけな自分を乗り越えることです。
過ぎ去った失敗や不運など克服して大きな自分に向かって努力し続けることです。
失敗を犯してもそれを乗り越えることができるのが人間です。

自分自身であること、大きな自分に到達するということは、失敗したときにも、その失敗した自分をそのまま受け入れるということです。
失敗したときこそ、自分を温かい目で見守り、どんなに大きな失敗や不運、心の痛みにも必ず自分は打ち勝てるのだと信じるのです。
失敗に引きずられて生きるのではなく、失敗を乗り越えて生きるのです。
自分の弱さを否定するのではなく、弱さは弱さとしてありのままに認め、受け入れること。
これが本当の強さであり、勇気です。

その強さがあれば、その勇気があれば、例え危機に直面しようとも、過去の成功からつかんだ自信を頼りに辛さ、苦しさ、あるいは失敗を逆にクリエイティブなチャンスに変えてしまうことができるでしょう。

あなたがもし、自分自身を嫌っていたり、不愉快に思っているとしたら、そんなことは今すぐにやめましょう。

自分を愛するのも嫌うのもあなた次第です。

失敗があるからこそ、それを克服することによって、より大きな自分に近づける。
より成長できるという考え方に切り替えるのです。
それが人生の成功という意味です。

今現在ある、そのままのあなた。
それがあなた自身なのです。


長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/