自己イメージ

ここでは、「自己イメージ」 に関する記事を紹介しています。

〓今日が最良の人生の始まり〓

リンカーン大統領の顧問が政府のメンバー候補として、
ある人物を推薦したところ、リンカーンがその人物の顔を理由に退けたというエピソードは有名です。

理由を聞かれて、リンカーンは「彼の顔が気に入らない」と言ったことに対して、
驚いた顧問が、「彼の顔と人格とはなんの関係もないのではないのでしょうか?」
と言うと、リンカーンはそれに対して、
「人は40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持たねばならない。」
と答えました。

この言葉に顧問は何一つ言い返すことはできませんでした。

あなたは、自分の顔に責任を持っていますか?

ここで言っている顔とは、交通事故で傷があるとか、生まれつき障害があるといった外見上の顔のことではありません。

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任をもて」とリンカーンが言ったのは、
40年とういう歳月は、人の顔に様々な歴史を刻み、それなりの影響をおよぼすはずだと信じたからです。

40年という長い年月の間に人は、多くの喜びや悲しみに出会い、失敗や苦しみを重ね、孤独感や失望感を味わうことでしょう。

そして、こうした試練と戦いの中から、それを乗り越える勇気と決断力を身につけるのです。

こういった精神的なアップダウンを幾度と無く繰り返し、それを乗り越えながら、人は年齢と共に心の広さや思いやり、知恵といったものを身につけていきます。

自分のことだけではなく、自分以外の人間の気持ちや、求めているものも理解できるようになり、優しさや思いやりを自然に表現できるようになります。

また、怒りや憎しみ、頑なさといった良くない感情をできるだけ自分から切り離し、
不安や孤独感に勇気をもって立ち向かって行けるようになるのです。

こんなふうに年齢を重ねていってこそ、大きな自分に出会えるのであり、
顔にどんなにシワができても、心は瑞々しい美しさを保って行けるのです。

イギリスの文豪シェクスピアは、「真実の自分自身を保つべし」と言いましたが、
真実のセルフイメージを保つことによって、人は常に最良の顔でいることができるのです。

希望とは未来への案内人です。

大災害が続いて起きたりすると、人々はよく「人類の未来はどうなるのか」と不安になったり、心配になったりします。

しかし、人類の未来は私達一人ひとりがどんな人間であるのか。

つまり、私達が自分の人生において何を求めているのか。

それによって決まるのです。

自分とは何か?

自分とはいったいどんな人間なのか?

日々、それを自分自身に問い続けることが大事です。

そのことが、あなたを取り巻く状況に応じて、毎日あなたのセルフイメージを調整し直すことになるのです。

セルフイメージとはあなたの自分自身に対する意見であり、評価そのものです。

セルフイメージは、人生という旅の地図を進むに連れて常に変化していきます。

眠っている間でさえどんどん変化していきます。

なぜなら、例え眠っていても潜在意識に於けるメカニズムは常に活動しているからです。

その、セルフイメージを正しい姿に保つためには自尊心をしっかり持つことが肝心です。

しかし、一番大切なのはセルフイメージそのものではありません。

大切なのは、あなたがどんなセルフイメージを持つか。

つまり、あなたが自分自身をどのように評価するのかではなく、そのセルフイメージをどう使うかということです。

あなたが、今現在どんな人間であるかということよりも、
日々成長し、行動し、反省し、やり直し、また成長しながらどんな人間になっていくか、
その方がはるかに大切です。


他人を尊重しながらも、一方で自分自身を失わずに行動し、
人に与え、人と分かち合い、そして成長し、どんな人になっていくか、
何になっていくかということに、人間としての希望が、人類の未来がかかっているのです。

悪意や、憎しみを取り除いて常に自分自身を振り返り、
セルフイメージを調整し続けることによって、より充実した幸福な人間になれます。

さあ、毎日自分自身に言いましょう。

「今日が最良の人生の始まりだと」

そして、本当にそのように信じ、実行することによってより良い人生を生きることができます。

長文読んでいただき感謝します。

頭の回転を速くする4倍速CDプログラム【自己啓発】【IAX研究所】

<PR>
方法・ノウハウ・知恵袋

井上裕之100万部突破記念ライブ『価値ある生き方をするたった1つの方法』


〓劣等感と優越〓



認識され受け入れられた観念が私達の行動の土台となっています。

全ての人間には、幸福になり、成功を手に入れるための必要な能力が備わっています。

私達は、自分の中に存在するその素晴らしい能力に気づかずに、
否定的な観念に捕らわれて、無意識のうちにそれらを抑制してしまっています。


ほとんどの人が劣等感によって何らかの不満を抱いて生きています。

そして、その劣等感を持つことによって
無意識のうちに成功と幸福を遠ざけてしまっています。


この世に完璧な人間などいません。


自分以外の人間がいる限り、必ず人より劣っている部分があるものです。

私だって、オリンピック選手のように速く走ったり、
プリマドンナのように上手に踊れもしません。

しかし、私はこれらの事実に対して、特に劣等感を感じたりしません。

なぜなら、私は自分と人との意味のない比較などはしませんし、
少しくらい何かができないからといって卑屈になったりしないからです。


むしろ私は、一般のサラリーマンから、銀行の頭取に至るまで、
私が出会う全ての人が私よりも優っている点を必ず持っていると考えています。

でも、私にも他人にはない優れた点が何かあるはずだと考えています。

つまり、人間のプラス面とマイナス面を考えれば、
若干の差はあるにしても、たいして変わらないと思います。

劣等感とうのは、事実や実際の体験からではなく、
それらの結果に対する自己評価から生じてくるものです。

例えば、先にも書いたとおり、
私は速く走ることも、ダンスも下手であるという事実があります。


しかし、それらが下手であるといっても、
私が劣った人間であると決定付ける基準にはなりません。


同様に、オリンピック選手や、バレリーナも
医者としての経験や知識が無いので、
医者よりも劣った人間であるとは当然なりません。

たいていの場合は、他人と自分自身を比較した段階で、
自分自身を平凡でなんの取り柄もないつまらない人間だと決め付け、
劣等感に取り憑かれてしまうのです。


劣等感に取り憑かれてしまった人は、それを打ち消す為に優越感を求めます。


優越感にしろ、他の感情にしろ、
あらゆる感情は劣等感という歪んだ感情を土台とする限り、
自分自身により多くの苦痛をもたらし、
欲求不満を増加させ、最悪な事態に追い込んでしまいます。


真の優越感とういのは、
自分で自分自身を立派だと思えるほど、
内面を磨くことによってのみ得られるものです。


劣等感に対する治療法としては、
意味のない優越感を求めるのではなく、
自分の中で、確かな基準を設け、
それに向けて、自分自身を向上させることだけです。


劣等感などというつまらないものに振り回されない為に、
いつも自分に語りかけるのです。


私は、劣っていない。
私は、ただ私であり、
私以外の誰かになる必要はない。


あなたは、この世にたった一人しか存在しないあなたであり、
他の誰かと比較したり、競争したりする必要などなく、
自分らしく精一杯生きればいいのです。


他人を基準に自分を評価してはいけません。


あなたは、貴方以外の誰かになることはできませんし、
その必要もないのです。

もちろん他人もまた同様です。


このわかりきった理屈を念頭においているなら、
劣等感などというものに惑わされることはなくなるはずです。


人間の精神的な安定は、
自分の個性や独自性、特殊性を見つけ出すことによって得られます。


そして、自己実現は、自分自身の人格を信頼し、
全ての人やものに対する視野を広げ理解を示し、
他人によい影響を与えられるようなパースナリティを形成する努力によって達成できます。


信念や思いこみは、
それが正しいか否かにかかわらず、
あなたの意思や努力とは関係なく身についたものです。


日常の習慣も同様にして形成されます。


ですから、新たな信念や習慣などを形成するにも、
同じプロセスを採用しなければなりません。


なぜなら、信念や習慣を意思の力によって変えようとすると、
効果よりも害の方が多いことが証明されています。


努力無効の法則というのがあります。


理想と意思とがお互いに葛藤状態にあるとき、常に勝利するのは、理想です。


自分が理想とする結果をはっきりと心の中に描き、
そのイメージ通りに行動することです。

新しい理想的な習慣を身につけるには、
その習慣を身につけた自分の姿と、
それに応じて変化した周囲の環境までイメージすることが必要です。


要するに、
実現すべき目標や、
具体的行動パターン、
そして目標が実現された様子を明瞭にイメージすることです。


このように意識的な努力を全くしないことが、
マイナスの行動パターンを克服するポイントです。


この時、精神的にも、肉体的にもリラックスしてることが大事です。



>>>方法・ノウハウ・知恵袋


[仕事の悩み] ブログ村キーワード


関連タグ : 人間関係, セミナー, 目標達成,

〓美容整形とセルフイメージ〓



現代は、美容手術をする人も多くなっているようですが、
外見が変わっても、内面は相変わらずそのままだというケースも少なくありません。

こういった人たちは、
どこかで古いセルフイメージが消え去らない限り美容手術を受けても意味がありません。


外見の傷や欠陥が必ずしも、
屈辱や恥につながるものではないという事実を紹介します。


私が以前ドイツに行った時に、
サーベルの傷跡とうのがもてはやされてた学校がありました。

サーベルの傷跡とは、決闘でできた顔の傷のことです。

決闘の経験がある学生は、仲間の間でエリートでした。

彼らが頬に傷を付けるとうのは、
美容外科で傷を取り去るという行為と逆ですが、
自尊心をわき立たせるとう点で、
心理的効果は、同じであるといえます。


傷を消すことではなく、
反対に傷を付けることがプラスの心理効果をもたらすこともあるという事実もあります。



先天的、後天的にかかわらず、
肉体的欠陥を持つ人々に対して、
形成手術は著しい効果があります。

肉体的欠陥から生じる精神的な苦痛、
不幸な感情、失敗、不安、自信喪失などに対して、
その原因となる身体的悩みの全てを取り除く形成手術は、
いわば万能薬の役割を果たします。

しかし、最近では何の欠陥を持たない人たちが、
美容整形手術を受けるケースが増えています。


そういう人たちは、肉体的欠陥などなく、
容姿も人並み以上か、あるいは非常に魅力的な人さえいます。

なのに、老けて見える、シワが気になる、
顔立ちや胸を女優に近づけたいとう女性や、
耳が大きすぎる、鼻筋が通っていないという男性もかなりいるようです。

最近のある企業のアンケートによれば、
なんと90パーセントの学生が自分の容姿に不満を持ってるそうです。

このセルフイメージこそが、
私達の成功と失敗を分ける決定的要素です。

納得できる人生を生きるためには、
適切で現実的なセルフイメージを持ち、
自分を受け入れ、
その自分に自信と誇りを持たなければなりません。

自分を欺いたり、飾ったりするのではなく、
のびのびと、ありのままの自分で、
社会の一員としての役割を担う人間でなければなりません。

自分の長所、短所を把握し、
現実の自分より、背伸びをして見せたり、
反対に卑屈になったりしてもいけません。

セルフイメージに誇りを感じられるようになると、
自信がわき、何事にもやりがいが感じられ、
堂々と自分をアピールできるようになります。

つまり、常にベストの状態で行動し、
良い結果を得ることが出来るようになります。

反対に、セルフイメージがぼやけてしまったり、
否定的で卑屈なセルフイメージをもってしまうと、
自信を失い、不安に襲われ、自分に引け目を感じ、
ひたすら弱点を隠そうとして、
逆に自分を押さえつけて自閉的な人間になってしまうのです。

特に、セルフイメージがぼやけてる人は多いのではないでしょうか?


同じ顔の傷でも、冒頭に書いたドイツの学生の話のように、
名誉の傷跡によってセルフイメージが高められ、
それにともなって自尊心も、自信も強められたわけですが、
形成外科の患者の場合は、傷跡がその逆の盈虚を及ぼしています。

セルフイメージの影響は、この事実からもわかります。


人間には健康や幸福、よりよい生活へと自分を導く本能が備わってます。
よりよいものを創りだそうとする潜在意識が間違いなく働いています。

そして、それが上手く活用されるのなら成功のメカニズムとして自動的に機能するようになります。



>>>方法・ノウハウ・知恵袋


[仕事の悩み] ブログ村キーワード

関連タグ : 美容整形, 人間関係, セミナー,

〓楊布の狗〓



楊布の狗(ようふのいぬ)


韓非子に、「楊布の狗」という逸話が載っています。

どんな話かというと、

楊布という名の男が、白い着物を着て外出しました。

しかし、途中で雨に遭ったので、
出先で黒い着物に着替えて帰って来ました。

そうすると、楊布が飼っている犬が、
自分の主人だとは知らずに楊布に向かって吠え立てたのです。


楊布は、怒って犬を叩こうとしましたが、
そばにいた兄の楊朱が、これをたしなめて次のように言いました。

「たたくことはなかろう。お前だって、この犬と同じではないか。
白犬が黒犬になって戻ってきたら、お前だって怪しむにきまってるだろう。
外見のイメージが変われば、その中身も変わったと思うのが道理じゃないか。」


この逸話は、イメージというものの重要性をよく物語っています。


あなたが、他人に、あなた自身を売り込もうとするなら、
次にやることは、あなたの外見をそれらしくすることです。
外見などどうでもいい、要は中身だ。
という人もいるでしょうが、
例えば、商談の相手などには、あなたの中身などわかるものではありません。


かといって、完全に演技でカバーしようとしても、
あなたの中身が、消極性のかたまりだったとしたら、
何かの拍子に表に出てしまうのです。
インナーセールスが必要な所以です。



この「楊布の狗」の話をより深く掘り下げた話に、
アナスンの「王様と乞食」の話があります。

よく知られてるように、
この話では、王様と乞食がそれぞれの立場を交換します。

王様は、乞食になり、乞食は王様になります。


そうすると、王様になった乞食は、
王様らしい振る舞いをし、
王様らしい心構えを持ち、
王様らしい身振りや身なりをせざるを得ないため、
本当に王様らしくなり、事実王様になってしまうのです。


この話は非常に示唆に富んでます。


人間は真実、
自分がそう思ったとおりのものになれるのです。

より現実的にいえば、
人は自分がそう思ったとおりの者以外にはなれないのです。





【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)


[仕事の悩み] ブログ村キーワード

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,

〓至誠にして動かざるものは、いまだこれ有らざるなり〓


「至誠にして動かざるものは、いまだこれ有らざるなり」


この意味は、

真実、誠意を尽くせば、相手を感動させないということはないということです。


販売で富を得るには、心の底にまず真実、誠意を尽くす心がけが必要です。


外交問題、事業活動、恋愛など、全てに共通するものがあります。


それはセールスです。


なにごとも、ある組織から他の組織へ、
あるいは、ある人から他の人へ、
そのアイディアを引き渡すには、
まず売り込みをしなければなりません。

それが、ものであっても、サービスであっても、
あるいは印象であっても同様です。

そして、物でもサービスでも、印象でも、
なんであれまず第一段にセールスしなければならないのは、
あなた自身です。

あなたの何をセールスするかといえば、
あなたの誠意、人柄、そして第一印象などです。


しかし、実をいうと、その第一段のセールスの前に、
もう一つ
済ませておかなければならないセールスがあります。

多くの人がそのことを知らない為に、失敗を繰り返しています。

では、自分を売り込むまえに、
予め売り込んでおかなければならないものとはいったい何でしょう。


それは自分自身である、


つまり、自分自身を自分自身に売り込むことです。

多くの人々が、自分自身の可能性に対して、
程度の差こそあれ、否定的な見方をしています。


そのような否定的な見方をしていることすら気づいていない人も多いです。


これは、まだ物心つかなかった当時、
あなたの保護者が、あなたの身の安全の為に、
あなたの脳に刻み込ませた、あなた自身の人生脚本である場合が多いです。

「あれをしては駄目だ」
「これをしてはいけない」
というような命令を、
あなた自身も、身の安全の為に受け入れざるを得なかったのです。

大人になっても、この人生脚本、
つまり自己イメージをそのまま大事に保存していれば
確かに身の安全は保てるでしょう。

しかし、
環境が子供の時とは完全に異なってしまっていることを
彼らは気付こうとしません。


当時の人生脚本は、あくまでも環境からの挑戦に対して逃げまわって、
安全地帯に逃避するためのものであって、
それ以外の何者でもないのです。

自分はダメな人間だ、自分にはできない、自分には運がない、
などという自己イメージを持っていたら、
相手は敏感にそれを感じて、
その人をその人が思ってるとおりに接するようになります。

まずは自己イメージを上げることが大事です。






【NHKに出演!金井式あがり症克服法】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法(極秘セミナーDVD付き)


[仕事の悩み] ブログ村キーワード

関連タグ : 自己啓発, 副業, 営業ノウハウ, 人間関係,