人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

GWですね。
お子さんがいる家庭は一緒に出掛けたりして楽しい思い出を作りましょう。
今回は、子育の参考にもなる話をしたいと思います。

権威と思想の自由。
この二つの間にはいつの時代にも戦いがあり争いがあります。

家庭に置き換えれば親の権威と子供の表現の自由という問題があります。

子供には未来と希望があり、親には成熟と知恵があります。

親として、この成熟と知恵を背景としない、ただ親の権威だけを振りかざす懲罰は間違っています。

子供たちはクリエイティブな指導を求めています。

懲罰というのは実は子供側ではなく、親側にとってのリトマス試験紙なのです。

クリエイティブな懲罰がどのようなものかを教えてくれるのは理解と自尊心です。

自分自身に対する理解と尊敬、そして子供に対する理解と尊敬の心があれば親の懲罰は正しい道を示すためのものであるということが子供にもわかるはずです。

決して憎しみから罰しているのではないという親の気持ちが必ず子供の心に届くはずです。

クリエイティブな懲罰はむしろ、親子の間に心の通い合いを生み出します。

いくつもの挫折や失敗を経験して年輪を重ねてきた親と、これからいくつもの困難に出くわすであろう子供の間に連帯意識を生み出すからです。

この連帯意識、そして友好関係を築くことがまさに懲罰の意味なのです。

親が自分自身を尊敬できていれば、それを手本にして子供にも自分を大切にしようとする気持ちが芽生えるでしょう。

親が心がけるべき大切なことは、自分をコントロールできて初めて他人への懲罰も力を持つということです。

つまり、不安や怒りといった感情をコントロールし、理解や自尊心という人生の成功につながる感情を効果的に生かすことがまず大切です。

あなたのセルフイメージをそのまま子供に押し付けるべきではありません。

子供には子供のセルフイメージがあります。

あなたの務めは子供にとって、それを変えることも受け入れることも自分次第なのだということ、自分が努力すればできるということを子供に悟らせることなのです。

「人は自分以外の誰をも罰することはできない。」

ギリシャの哲学者、セネカの言葉です。

長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

関連記事

関連タグ : 人間関係,

関東では桜も咲き始め過ごしやすい季節となりました。
年度初めの4月は初心を思い出すいい時期だと思います。
新鮮な気持ちを持ち続けましょう。
先日の世界フィギュアの羽生結弦選手は凄かったですね。
宇野昌磨選手の成長も著しく、とても感動させられます。

今回は、人間的成長についてです。

「何か新しいことを始めてみませんか?」

と言われたら、あなたはどう答えますか?

「今から新しいことを始めるなんて無理だ!」
「自分のやりたい仕事にすら就けていないのに。」

確かにそうかもしれません。

でも、ここでは仕事のことをいっているのではありません。
お金儲けとも関係ありません。
新しいこととは、人間として、より成長することを意味しているのです。

そうです。
新しいことを始めるにあたってのゴールは人間として、より成長すること、より円熟することです。
このゴールはエベレストの頂きに立つほどの勝利を意味します。

よく考えてみて下さい。
野球選手の打率やテレビタレントの名前を知らないからといってどうだというのでしょう。
車など10日に一度洗えば十分ではないでしょうか?
少々汚れているかと言って、それがどうしたというのでしょう。
誰も気付きやしないし、気にもとめないでしょう。
第一、それがあなたの人生にどれだけの影響を及ぼすというのですか?
もっとクリエイティブに時間を使うのです。
つまらないことは無視して、もっと自分の為の時間を作るのです。
そうして作り出した時間を自分の為にどのように過ごすかというと、新しいことを始めるのに使うのです。

新しいゴール。
つまり、あなた自身の発展に向かって新しいことを始めるのです。
自分自身の弱さや不完全さをありのまま受けいれ、逆に強さや良さもしっかりと認めて、それを更に伸ばしていくのです。

そのための方法を、いくつかの項目のまとめました。

1、ありのままの自分を受け入れ、否定的な考えや消極的な行動から遠ざかり日々成長する姿勢を常に心掛ける。

2、建設的なゴールを目指して、クリエイティブに考え行動する。

3、感情の乱れをコントロールする訓練をすること。感情の乱れはセルフイメージを傷つけ、悲惨な結果を招きます。

4、自分自身の良い友人であること。そうであってこそ、人の友人であれるのです。

5、昨日でもなく、明日でもなく、今日という日を大切にし、愛すること。

真実の愛とは今日の為にあるのです。
そして、今日から新しいことを始めるのです。

長文読んでいただき感謝します。


長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

関連記事
自分自身であることは簡単なようでいてなかなか難しいことです。
物事をうまく運べない人は大抵自分を嫌っています。
若い人は特に、何か解決できない問題に直面するとこういった状況に陥りやすいものです。

生きている限り、人間には失敗が付き物です。
何か失敗したり物事が思うようにいかないとき、自己嫌悪に陥ったり、ちっぽけな自分に嫌気がさしてしまうのも無理はありません。

でも、大切なことは、そのちっぽけな自分を乗り越えることです。
過ぎ去った失敗や不運など克服して大きな自分に向かって努力し続けることです。
失敗を犯してもそれを乗り越えることができるのが人間です。

自分自身であること、大きな自分に到達するということは、失敗したときにも、その失敗した自分をそのまま受け入れるということです。
失敗したときこそ、自分を温かい目で見守り、どんなに大きな失敗や不運、心の痛みにも必ず自分は打ち勝てるのだと信じるのです。
失敗に引きずられて生きるのではなく、失敗を乗り越えて生きるのです。
自分の弱さを否定するのではなく、弱さは弱さとしてありのままに認め、受け入れること。
これが本当の強さであり、勇気です。

その強さがあれば、その勇気があれば、例え危機に直面しようとも、過去の成功からつかんだ自信を頼りに辛さ、苦しさ、あるいは失敗を逆にクリエイティブなチャンスに変えてしまうことができるでしょう。

あなたがもし、自分自身を嫌っていたり、不愉快に思っているとしたら、そんなことは今すぐにやめましょう。

自分を愛するのも嫌うのもあなた次第です。

失敗があるからこそ、それを克服することによって、より大きな自分に近づける。
より成長できるという考え方に切り替えるのです。
それが人生の成功という意味です。

今現在ある、そのままのあなた。
それがあなた自身なのです。


長文読んでいただき感謝します。
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
関連記事