人間関係を良くする方法や目標達成の方法、悩みの解決など、人生の指針となるエッセンスを綴っています。

今回は「優越感」についてです。

以前、テレビのトークショーにある映画監督が出演していました。

テレビに映る彼は、まるで司会者を最初からバカにしたような傲慢な態度でした。

世間を見下したような、その横柄な受け答えを見ていて、私は嫌気がさしてしまいました。

さて、実際に彼は自分で思っているほど優れた人物なのでしょうか?

私はそうは思いませんでした。

高飛車な態度や傲慢さ、短気といった彼の性格は、人を傷つける憎しみの変形であり、本当に優れた人物にそのような性質が備わっているはずはないのです。

むしろ、自分に自信がなく、劣等感に苛まれている人間がそんな不安感を隠すために身につける隠れ蓑と言ってもいいでしょう。

ある日、私は協会に行ったのですが、その時牧師さんと話す機会がありました。

若いイタリア系のその牧師さんは、どことなく心がホッと安らぐような優しい微笑みを浮かべながら「古ぼけた協会でお恥ずかしいです」と、そっと私に囁きました。

もちろん、それは卑屈が愚痴などではなく、心温まる謙虚さ以外の何者でもありませんでした。 人は謙虚であることの価値を知り、初めて人間として成熟したと言えるのではないでしょうか?

謙虚であることと、弱さとは全く別の問題です。

もちろん、能力が欠けていることとも無縁です。

謙虚さとは、むしろ自分の能力をひけらかしたり、他人と比較して得意になったり、成功を鼻にかけたりするのではなく、自分や他人の長所を正当に認め、理解してあげられる心の余裕と強さなのです。

そして、それは傲慢さとは全く違います。

人を見下すことで自尊心を保っている人は、得てして自分を神のように思い込みたがるようですが、とんでもない彼らは神どころか悪魔の側についているのです。

優越感の第一の弊害は、人間が向上するのに必要不可欠な失敗というものを、自分にもまた他人にも許せなくなることです。

謙虚さこそが、人間の向上にとっての条件であり、また成熟と幸福への道標でもあるのです。

謙虚であってこそ、初めて人は本当の意味での優れた人物になれるのです。

他の人にとってではなく、自分自身にとって大切で価値のある人間に。

ウィリアム・ハズリットは、

「真に優れた人間は、自分でそうは思わないもの」

と言っています。




方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
イギリスの思想家トーマスカーライルは、

「あらゆるものへの不信感は、自分自身への不信感に根ざしている」

と言いました。

人生の様々な落とし穴の中でも、最も恐ろしい落とし穴が、自分への不信感という落とし穴です。

なぜなら、それは外部から強制的に押し付けられる事態ではなく、自分自身の手で掘る墓穴だからです。

「こんなことはやるだけ無駄だ、どうせ俺には出来っこない。」

こういう言葉に象徴される自分への不信感は、その人間を成功から遠ざけるだけでなく、社会にとっても、せっかくその人が持っている才能や能力が発揮されないわけですから、大きな損害と言えます。

見落とされがちですが、敗北主義の人間というのは確かにいるのです。

敗北主義とは、自分家の不信感からほとんど無意識に悪い結果を予測し、知らず知らずのうちに自らを失敗へと追いやってしまう傾向のことを言います。

カーライル自身、激しい気性と並々ならぬ自己主張の強さ歴史に残る暴君ぶりから見てこのような自己不信感に悩まされていた人物だったようです。

もちろん、カーライルの例は極端なケースですが、恐るべき不信感に苛まれている時、

「どうせ自分は何をやってもダメなんだ」

と思わずにいられない時、そんな時ほど辛いことはありません。

このような人の心には「どうせ無理だよ」が口癖の不信の悪魔がとりついているのです。

何事も「自分にはできない」と反射的に信じ込んでしまうのです。

それはあなただけではなく、あなたの周囲の人々、とりわけ、あなたを愛する人たちをも惨めにしてしまうお粗末な思考パターンです。

もう一度冷静になって素直な心で考え直してみると、頭から無理だと決めてかかっていたことが、実際にはまるで無理でも不可能でもないことに気づくはずです。

とっさの感情に飲み込まれて反射的に反応するのでなく、冷静に事実を見つめる姿勢、それがとても大切なのです。

不信の悪魔は、今日生きようとするあなたの内側の気力を削いでしまう。

過ぎ去った失敗の申し子であり、私たちのセルフイメージを無残に歪める恐ろしい悪魔です。

言うまでもなく、不信の悪魔が住む場所は過去です。

現在の生活に入り込ませるかどうかは、あなたの手ひとつにかかっているのです。

今、目の前にある目標を達成するために、私たちが見つめるべきものは失敗ではなく、成功から得た自信と自尊心です。

セルフイメージを誇りに思うことで、あなた自身があらゆる不可能を可能に変えるのです。

「人は心から望むことを、やがては信じるようになる」

エドワードヤングの言葉です。

長文読んでいただき感謝します。


方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
時間が経つのは早いですね。

もう、3月です。

今回は「平静な心」です。

ヒンズー教の聖典に

「心の平穏と安らぎを持って、恥も名誉も受け止めなさい」

という言葉があります。

人生は、喜びと悲しみ、成功と失敗、思いやりと憎しみ、信頼と不信が入り混じってできています。

言い換えれば、あなたの内側には少しでも大きな自分に近づこうとする前向きで勇敢な姿勢と、ちっぽけな自分にしがみつこうとする臆病で否定的な姿勢とが入り混じっているのです。

でも、クリエイティブな人生は日々の積み重ねによって築かれるものです。

1日1日を精一杯生きてこそ、満ち足りた人生を歩んでいると言えるのです。

どんなに絶望しても、あなたは毎日を精一杯に生きる自信がありますか?

それとも、不安や失望感、挫折感に負けてしまう人間でしょうか?

クリエイティブな人生のためには、逆境にあっても冷静であること。

そして、幸運の女神が微笑んでくれる時には、なおのこと平静でいられること。

それが必要なのです。

愛も憎しみも、あなたの存在価値を変えはしません。

憎しみに屈服しても、愛に負けても、あなたはあなたなのです。

成功と同じように、ストレスをもしっかりと受け止められる平静な心を持つことが、

ありのままの自分を、価値ある人間として受け入れることにつながるのです。

長文読んでいただき感謝します。


方法・ノウハウ・知恵袋
[仕事の悩み] ブログ村キーワード にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事